アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年06月27日 (木) | 編集 |
佳境に入って来てますね!
これまでの感想はこちら

【送料無料】BTOOOM!(11) [ 井上淳哉 ]

【送料無料】BTOOOM!(11) [ 井上淳哉 ]
価格:540円(税込、送料込)





「助けにきたぜ」って織田の前に現れた竜太。
ハハハ 王子の登場だわ。

でも、織田は「お前の助けなど必要ない」とツレない態度。
とはいえ、竜太がデコ美を助けようとすることには協力するし、竜太が織田と張り合って
岩場を登ろうとした時、最後 力付きそうになると手を差し伸べてる!!

もうやだwww 織田ったら竜太が好きなくせにwww

それなのに、竜太はお前の助けはいらないっとばかりに手を振り払ってしまって・・・
織田が出来たことなら 負けるわけにはいけねぇと自力で登りきります。

なんなのこの意地の張り合いww

賢い二人なのに 子供のような・・・
って 意識し合ってるのが 非常にいいですわ(/∀\*)

岩場を登るとき、奪ったBIMを全部 織田に預けてましたし、竜太も織田が自分だけ逃げる
ようなことはしないと信じ切ってるくせにね。

「相変わらず甘い。俺がお前を突き落すとは考えなかったのか?」という織田に竜太は 「お前がそんなことしねえとわかっていたよ」って・・・

何これ?! まるで 愛の告白www


卑劣な手を使ってオレを殺しても オレに勝ったなんて思えないだろ?

オレの知ってる織田なら 姑息な勝ちより、オレに貸しを作ることを選ぶはず。
有意な立場と情報を得るために。

織田のことなら 誰よりわかってるって言わんばかりの竜太ですww
ちょっと ちょっと イイ感じに分かり合えちゃってるんじゃないのぉ~

この二人がタッグを組めば 敵無しって感じなんですよね。


さて、康介は自分のミスで味方を危険に晒し、BIMまで奪われた訳ですが、それでも
殴ったりすることなく話を聞いて、握り飯をくれた東郷に涙を流します。
これで康介も救われたらいいんですけどね。。
彼も気の毒な境遇の子だから。


竜太は自分の脱出計画を織田に伝え協力を求めます。
全ては盗聴されているために、携帯を使ってのやりとり。。

文字まではわからないにせよ、至るところにカメラもあるわけだから 何かを秘密裏に
進めようとしていることはバレバレではあるんですけどね。

竜太の計画を全部聞いた上で、織田の答えは NO 
リスクが見え無さ過ぎるから オレはノレないという織田。

デコ美の持っていたチップを合わせることで7個揃えた竜太に対し、
「オレは結末を見届けさせてもらう。その計画が失敗したら おまえらの死体からチップをいただくだけだ。」と。

サングラスを外した織田が まぁっぽくていいですね!!

織田はここで竜太とは別れることになりますが、でも 織田には何か考えがありそうで。。

チップを揃えた竜太らは 伊達のところへ行きます。
未だ調子に乗って自分の思い通りに進めようとする伊達を一発殴る竜太。

おう~ 強気な態度で出るようになった竜太に惚れるわ (〃∇〃v) 

伊達は自分の置かれた状況を理解し譲歩して 情報提供することに。
会話が筒抜けであること、ヘリのジャックもバレてるだろうから、偽の情報を主催者側に
伝え、裏をかくことを提案してきます。

これが勝利の原則だと。

伊達と計画を練る中で、竜太は切り札をみせます。

それは BIMのセーフティーロックを外すこと
実はこれは飯田から教えてもらっていたようです。

飯田の協力無くしては 脱出は無理なんだろうけど、飯田にフラグがビンビン(><)

翌日、伊達はみんなが寝ている隙にチップを奪って一人抜け出します。
主催者側は 伊達が裏切ったことを知り、大喜び。
伊達からの申請を受け、ヘリの到着時刻と場所を連絡。

伊達はそれをメモし、こっそりと竜太に残していきます。
実は 伊達が裏切ったことにするのも打ち合わせ通り。

これで主催者側を騙し、ヘリを呼ぶ計画だったんですね。
誰を裏切り者にするかは、全員一致で伊達が選出されてましたwww
一番説得力があるからって、そりゃ 当然でしょww


っと その頃、ワイドショーではティラノスジャパンが開発したゲームコンテンツとして
BTOOOMの状況が全世界に配信されていて・・・
それには 竜太の姿も。。

なんと、リアルタイムでの実写映像を生中継してるんですね

チップを7個集めた伊達を回収に向かう状況であること、裏切りものの伊達を竜太が
追っていること全て説明付きで。

本来、ヘリの近くではBIMは使えないようになっているのに、竜太たちはセーフティーを
外して BIMでの攻撃を仕掛けます。

く主催者側。
でも、彼らも今回は ヘリに武装した兵士たちを乗せていて。。

ベン・ケインって滅茶苦茶強いおっさんは、火炎放射器まで持っていて圧倒的。

見つかってしまった伊達は自らの命を守るために、本当に竜太たちを裏切ることに。

まだ このおっさんは こんなことしちゃうのか・・・って感じですが、伊達の裏切り行為に
よって 隠れていた村崎やヒミコが兵士に攻撃を受けてしまいます。

これで 伊達の完全勝利・・・!?


っと 思われたのですが、この状況を見守っていた織田が動きます。

やっぱり織田は作戦のほころびを予測して待機してたって感じでしょうか。


被弾し崖から転げ落ちたヒミコに声を掛ける織田。

「竜太の作戦は大体わかった あとは任せろ」


ちょ~~~~~!!!

織田がカッコ良すぎる!!! d(≧∀≦*)



楽しみな展開になってきました!!

やっぱ 織田が動かないことにはね!!


楽しみな展開になってきました!!

やっぱ 織田が動かないことにはね!!

 

次巻、坂本の予想を超える死屍累々の惨劇スタート!!

ってことなんですけど、織田が殺り捲ってしまうってことなのかしらん。。

それだと全世界に中継されてしまうから 織田も島から戻れたとしても ヤバいんじゃ
ないのかな?
村崎はもうダメっぽいけど、ヒミコの怪我は大丈夫そう。。

竜太もやられてないし、織田と協力して戦うことになるでしょうね!!
いよいよ二人の共闘が見れるってことですね (〃∇〃v)

とはいえ、もはやヘリを奪うだけでは済まされなくなってるようですし、どう戦うのか。。
結構 ヤバいことになりそうです。


大丈夫なのかな???
早く次巻読みたい!!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック