FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

キングダム第2シリーズ 第3話「王と蟻」ざっくり感想

おお 玉鳳隊が登場しましたね~

政が成人し、正式に王になるまで あと5年。
それまでに 将軍となることを誓った信は とにかく手柄を上げる必要が。

焦る信の元へ壁がやってきて・・・

昇進していくためには大きい戦で大きな功績を上げること。
そして 功績を上げるためには 予め軍の中で重要な所に配置されておくことが必要
だと教えてくれます。

だから 今は小さな武功でも確実に積み重ね、少しでもいい配置で本戦に望めと。

その数日後、信たちのいる前線で珍しく大きな戦があり、信にチャンスが訪れます。

独立遊軍である飛信隊は 防陣をかわし敵本陣へと一気に突入。

ところが、本陣に辿りついてみるとすでに本陣は壊滅。
先に敵陣を討っていた騎馬隊が。。

信たちと同じ特殊三百人隊「玉鳳隊」

が、同じ三百人隊とはいえ、装備は信の飛信隊とはまるで違って豪華。
玉鳳隊の面々は 飛信隊のなりをみて大笑い。

本当に農民歩兵の集まりだったと。

玉鳳隊は 皆貴士族の子息で幼少期から軍事教育を施された英才集団。

飛信隊を蟻に例え、それに徹することが最も重要な責務で独立遊軍などという高度な
ことは不相応だと。

分をわきまえぬ夢を見ると不幸になる。

 

あまりの一方的な言われように 腹を立てた信が刀を向けると・・・
玉鳳隊の隊長が 槍で逆突き。

信に 「力の差身分の差をキッチリ示しておく必要がある」と言った人物は
玉鳳隊隊長 王賁

王騎の一族である王家の 総本家を継ぐ者

信 びっくり~~~!!

 

ってことですが・・・

あら やっぱり細やん ええで~(/∀\*)

何と言っても 台詞がたくさんあったwwwww

最近 キャラがよくても台詞がほとんどないってのが多くて欲求不満だったしwwww

再放送の「刀語」の七花は台詞が多いけど カッコイイ系ではなかったからな~
あれはあれで 好きなんだけど。

やっぱり ちょっと強きな声もたくさん聞きたい d(≧∀≦*)

とはいえ、王賁もそれほど出番が多いわけじゃないからな・・・

楽しみな場面は多いけどねv

 

次回は 私のお気に入り蒙恬も登場かな~ 
そして あの作戦を決行するんですね(><) ヒィ~~~

 

スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2013/07/01 00:19 ] キングダム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する