薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

有頂天家族 第1話「納涼床の女神」感想

気軽に見始めたこの作品。
思いの外面白くwww

京都の見慣れた風景が次から次へと出てくるとこなんて たまりませんわww
ちょっとした通りも あ、あそこだ!っとニヤリ。。

京都には15年くらいしか住んでませんでしたが、その間、4回引っ越してますから 結構
街中 あちこち回ってますww

車でよく走った道とか、買い物で利用してた商店街とか 友人の家の近所とかww
そして有名どころは言うに及ばずで。

あそこから見た風景だな~とか思いながらみてると狸とか天狗さんが身近に感じられるから
不思議www

話もテンポよく進むし、たかぴろのいろんな声が聴けるしで これはなかなか私にとっては
楽しめそうな作品です。
どうしようかな、とりあえず、リアタイ視聴に変更して 感想も書いちゃおうかな~

あらすじ (公式より)

京都には人間と狸と天狗が暮らしている。
狸の矢三郎が、師匠である大天狗の赤玉先生を訪ねると、今日もまた赤玉先生は
不機嫌であった。
矢三郎が女子高生の姿に化けてきたことが、気に障ったようだ。
そんな矢三郎に赤玉先生が弁天宛の手紙を今日中に届けるようことづける。
弁天とは赤玉先生の弟子にして先生の想い人で、人間だが天狗の神通力で空を飛ぶ
美女である。
赤玉先生の気持ちを知ってか知らずが町を遊び歩く弁天を探して、矢三郎は街へと
繰り出す。

 

キャラも個性的で面白そうだけど、人間関係?何?狸関係?人間狸天狗関係?も面白そう。
あ、キャラの関係って言えば一言で済みますねww

原作未読だし、公式サイトもほとんど見ないままの視聴だったんですが、これが逆によかった
のかめいた感じが素敵ww

後から「弁天さんは 自分を人間だと思い込みたい天狗ではなくて、本当に人間なんだ」って
わかったら より一層、 赤玉先生の弁天さんへの想いが深く感じられるし
人間と天狗の関係を見守ってる」ってのもまたいろんな感情を掻き立ててくれて・・・

矢三郎自身、弁天さんに密かに想いをよせつつも師匠を見守り、そして 近づき過ぎると
弁天さんに狸鍋にされてしまうかもしれないというスリルありで、これが不思議な距離感と
いうかバランスというか 何とも言えない関係を作ってるようで。

弁天さんが狸鍋の話を出してきたときも てっきり最初はジョークだと思ってたんですよ。
そしたら 公式に矢三郎の父親はにされてるって書かれてるし・・・(^^;

今後 その件についてのエピもあるでしょうが、ただでさえ弁天さんは 美しくて謎めいてる
女性
なのに 迂闊に近づいたらヤバいって感覚がより緊張感を高め危険な香りを漂わせてる
という。

矢三郎にとってはリスクがあるけど 赤玉先生や弁天さんと関わることで刺激的な生活

送れるってことで止められないんでしょうね。

矢三郎は狸のときはもふもふで可愛いんだけど、人間に化けてる時は緩い系キャラの
ようです。
女子高校生に化けたりと毎日を楽しんでいるようです。
狸のルールには反してるようですけどww

師匠の彩のない生活に潤いをってことで彼なりの配慮??のようですが、先生の好みでは
ないようです。
赤玉先生の好みはどう見ても落ち着いた大人の女性だよねww

女の子に化けてはいるけど中身は男だから 足を広げて座ったり、煙草を吸ったりの
仕草は男。

なんかこういうのドキッとしますねv

女の子が大胆なポーズをとってるからってことじゃなくて、男を感じられる仕草に ドキッと
するわけです。
身体付きは女でも やっぱ男なんだなと。。

とは言え、矢三郎は男になっても割と可愛い感じなんですけどね~

可愛い系や、普通の声、ちょっと作った感じの低い声と たかぴろのいろんな声が堪能
できるのも楽しみのひとつになりそうです~~

そして 矢三郎の兄弟たちも 面白そうな人達ですよね。

長兄@諏訪部さん は 几帳面だけど土壇場に弱い空回り気味のお兄さんのようで
1話ではちょこっとしか出て来てませんでしたが 期待できそうなキャラのようです。

次兄@吉野くん は カエルってwww どゆことなの?狸がカエルに化けてるってこと?
元々カエルってわけじゃないですよねwww

末弟@中原さん は すぐに尻尾がポンって出てきちゃうようで。。可愛い!
矢三郎にグイグイ押されてましたねwww
押したら尻尾って入るものなんだww

桜の木の下での弁天さんと矢三郎との出会いは印象的でしたね~
昔から不思議な色香を漂わせてる女性だったようで。
あれでは 赤玉先生や矢三郎が惚れてしまうのも仕方ないww

今とは随分と雰囲気が違うようですが、何があったんでしょうかね。
今では 柔らかさがなくなって なんだかスレた人っぽくなってます。

朱硝子に弁天さんが現れた途端、客が恐れて引いてましたけど、あのバーは狸専用
なんですかね??

マスターはかなりビビってましたが、やっぱり狸なんですかね?
なぜか信楽焼の狸になってましたが、流れる汗の量が半端ないww
狸鍋にされることを恐れて・・・ってことなのか、どういうことなのか気になりますわ。

それから 赤玉先生が飛べなくなった話にも興味ありますね。
腰を痛めたから飛べなくなったってことようですが、それだけなのかな??
もっと他にも理由がありそうな・・・。

弁天さんは 赤玉先生の想いは完全スルーですが 矢三郎には挑発気味ですねv

濃厚っていうか凄いべロちゅうしてみせてくれましたww
唾液が残ってるって 過激だわww


からかい半分だろうと思いますけど、矢三郎も慌てた様子もなかったし、いつものこと
なんですかね。

今は矢三郎は弁天さんに対し、どういう想いなんでしょう。
昔のような淡い恋心を持ち続けてるようでもなさ気なんですが・・・。

他の狸からみたら命が縮まるようなことをしてる矢三郎ですが、面白おかしく生きたいと
思ってる彼には そんな生活が楽しいみたいですv

弁天さんは 矢三郎に「先生の気持ちがわかってない」って言ってましたが、私もまだ 
よくわからないですね~

ラストで 彼女、先生の部屋に訪れてましたね。。

 

なんか すごくかれる作品ですわ。
キャラが単に面白いってだけじゃなくて 彼らの関係とか裏に隠れて表に出てない部分に
興味ありですね♪

これからキャラが増えてくるようですし。

それにしても この矢三郎にたかぴろって 凄くキャスティングがピッタリ!!
他の方のキャスティングもいいですし。

これはちょっと大人向けな感じだし期待しちゃうかな~

 

有頂天家族公式読本

有頂天家族公式読本
著者:森見登美彦
価格:1,575円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

有頂天家族

有頂天家族
著者:森見登美彦
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する