FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年07月19日 (金) | 編集 |

私が買いに行く本屋さんから だんだんGFの取り扱い数が減っているような・・・
今日なんて 平日のお昼に買いに行ってるし、学生さんの姿はまだなかったし、
の状況なのに 残り3冊。補充してぇ~!

明らかに 元々陳列数が少なそうな場所に追いやられてるし。。
お山も1列だけ。なんか 寂しいんですけど(><)

アニメ2期の頃は ドド~~ンと3列くらいのド迫力で場所を取っていたと言うのに。。
売れてもすぐに補充してくれてはったというのに。。

やっぱり現在アニメ化されてる作品がないと厳しいのかな。

ということですが、気を取り直して本編感想いきます。

まず、扉絵。

今回は 校長先生の正体だった葬儀屋さん。

ネクタイを締めてる葬儀屋さんを見る日が来ようとは・・・ですよね。
しっかし、面倒くさそうな結び目ですよね(><)
これどうやったらできるんでしょう。


先月号の感想はこちら

「校長になりすましていた葬儀屋」ってことですので、最初から校長だったわけではなく、
何らかの理由で校長が不在となり、その後に収まっていたってことなんでしょうね。

ま、何らかの理由は暁学会が絡んでいるように思いますが(^^;

葬儀屋さんを見るセバさんの横顔、睫毛 長!!

葬儀屋さんは店じまいをして消えていたとのことですが、でも 校長は毎日 学校へ姿を
見せないってことでしたから どこで何をしてるのやら。。

セバさんは、監督生らに デリックを殺害し、暁学会に蘇生を依頼してまで守りたかった
ものは何か問います。

「デリック・アーデンは この学園にあってはならない者だった。」
坊ちゃんに どういう意味かと訊かれ、一年前のことから話し始めるブルーアー。

自分たちが監督生に選ばれた日。

たった1年前だというのに 今とは別人のように初々しい4人!!

特にレドモンドとグリーンヒルは監督生に選ばれて子供のように嬉しそうな笑顔。

4人は白鳥宮へ向かい、初めてそこへ足を踏み入れると感動がこみ上げ・・・。

「言葉にならない」
そんな日があったんですね・・・。

4人が監督生になってしばらくしてから 目安箱に「いじめ」があるという投書があった
ようです。
その頃、レドモンドの寮弟をしていたのがデリック。
自分が見回りとすると申し出て。。

侯爵家の血統、快活な性格、溢れる才能・・・
クリケットチームのキャプテンで 職人のような刺繍の腕前、レポートも常に高評価、詩の
センスも天才的。

監督生たちもみんな彼を頼りにしていて。。

そんなある日 目安箱に届いた「監督生に捧ぐ詩」
デリックはレドモンドに読みあげ、監督生は憧れの的なんですねと。

が、レドモンドはあることに気付きます・・・。
この人、ちゃんと賢かったんですね(^^;

その詩には監督生だけに伝えるためのメッセージが 巧妙に織り込まれていて。。

誰が書いたんだ?

一応、意味のある単語には青色インクが使ってあったとはいえ、黒色インクとほとんど
見分けがつかないというのに、レドモンドはよく気が付いたものです。

そして、単語の意味から 「木曜の夜、音楽室に来て欲しい」と言うメッセージに辿りつき・・・

そこで監督生らが 目にしたモノは・・・
デリックを中心とした複数の生徒たちによるいじめ(><)

最後の単語だけ意味が分からずにいたのですが、デリックの「輝かしい実績」が全て偽物
他人の才能を取り上げて手にしていたものだという意味だったと レドモンドは気付きます。

しかし、現場を押さえられてもデリックは悪びれるどころか 莫大な寄付金を納めている
のだから ストレス発散くらい大目に見て欲しいと言い出します・・・。

デリックの家は代々監督生をやるようになっていて、それをうざったく感じていたよう
です。

その態度に腹を立てたグリーンヒルは すぐに副校長から校長に報告してもらうから
相応の処罰を覚悟するよう言いますが、なんと 副校長のアガレス先生もその場に!?

アガレス先生は デリックと癒着していたようです(><)

アガレス先生より、軽い処罰を言い渡され、「来年は俺が監督生かぁ」って面倒くさそうに
つぶやくデリック。

ここでグリーンヒルが動きます。

自分たちが頑張ってようやく手にした監督生の地位、学園の伝統は デリックが存在する
ことによって蝕まれ続けるとれ・・・

グリーンヒルは クリケットのバッドでデリックを殴打

レドモンドとブルーアーもアガレス先生の動きを塞ぎ、グリーンヒルによって・・・

他の行方不明になっていた生徒たちもみな、この件の加害者達で、彼らによって殺された
とみていいんでしょうね。

そして この後、4人は伝統あるウェストン校を守るため 共犯としてこの秘密隠匿して
いたようです。

ってことは アガレス先生も蘇生した身体ってことなんですかね?
それにしては あまりによく出来ていますよね・・・

豪華客船のときも、今回のデリックも まともな人間として とてもじゃないけど動いたり
話をしたり出来るような状態じゃなかったというのに。

どうして アガレス先生だけは生きてる人間と変わらない状態でいられたのか??

う~~~ん。
あまりに違いがあるので 彼は別枠だと思った方がよさそうですね。
単に蘇生術を施された者ではないってことでしょう。。

葬儀屋さんが 校長に収まっていることからも、校長もすでにこの世にはいないかもですね。

ご親族の方々には申し訳ないことをしたが、伝統と規律を守るためにはこれしかなかったと
いうブルーアー。

「わかってくれるな?ファントムハイヴ」

 

が、坊ちゃんの答えは

「人を殺しておいて 何を言ってるんだ?」

 

っと そのやり取りを見ていた葬儀屋さんが突然、吹き出します。

ギャーーハハハ 

「小生は 働き以上のにギャラをいただいたよォ~」
腹を抱えて笑い転げる葬儀屋さん。

そんなに 面白いのか??? (・_ .*)?

 

ほんっと 人間ってのは・・・ 最っ高に悲劇的で 最っ高に滑稽で・・・

最っ高に 面白い!

 

すると セバさんが 「おや 珍しい」

「そこだけは 気が合いますね」

チラリと牙をみせ 嗤います。

 

人々の営みを 彼らは嗤う

 

ってことのようですが・・・。

 

最初、坊ちゃんのセリフに違和感を覚えたんですよ。

「人を殺しておいて 何を言ってるんだ?」

お前たちは 自分の行った罪の大きさを理解しているのか?
人殺しなんて絶対してはいけないことをしてしまったんだぞ??
自分のやったことをわかってるのか!?

ってな 意味かな~~っと。。

でも それを坊ちゃんが言うかな???っと。。

 

自分は罪を犯さない人間だと思っている者が言う台詞としては ありかなと思うわけですよ。

自分を善人だと思っている立場の者が 何を守ろうとしたにせよ、人殺しはよくないだろう
ってことで。。

 

でも、坊ちゃんの場合は違う。

自分がどれだけの罪を犯し、どれだけの汚いことをしているのか自覚してる。


だから 自分を正当化し、これは仕方なかったんだって言ってることに対しての

「何を言ってるんだ?」じゃないのかなと。

人を殺してダークサイドに堕ちた以上、自分を正当化するとはどういうことだ?みたいな??

坊ちゃんは酷いことをこれまでも悪魔の力を借りて行ってきてますが、それは覚悟の上で
自分を正当化することも、自分に正義があるなんてことも 毛ほども思ってなくて
これだけのことをする以上、悪魔に魂を喰われて当然 とばかりに 確信犯として悪事を
行ってきてるわけです。

人を殺しておいて でも これは学園を守るためだから、僕達の身は清いままだから~
必要なことだったんだから~ みたいな態度をとってるP4を、理解できない。。

ってな ところから 出て来た台詞なのかなと。。

 

で、このやりとりをみて、葬儀屋さんと悪魔は ったのかと。

ただ 「面白い」って意味が 葬儀屋さんと悪魔ではちょっと違うような気もするのですよね。

をチラ見せして、興味深そうに笑うセバさんがいいですね。d(≧∀≦*)

 

やな先生も 寄宿学校編のクライマックスの「圧倒的価値観の違い」をどう描くかで
悩まれたようですね。

私の見解も たくさんの見方の一つってことで。。

今後、どう展開されるのか 非常に興味深いです。

 

とりあえずは、来月号表紙の「黒執事にしてはスゴイ珍しい色使い」というのを 楽しみに
待ちたいと思います♪

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック