薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

宇宙戦艦ヤマト2199 第20話「七色の陽のもとに」感想

ついに七色星団での ドメルさんvs沖田艦長の決戦でしたね。

今回は尺が足りないと思わせるほど盛り盛りでしたv
EDのクレジットがOPに回されてたり 本編のカットがかなりOPに使われてたりと いつもと
違う感じでした。
作画がいいから OPに使えるってのがいいですよね。

 

戦闘機が発艦する場面での構図も面白かったし 作画がとにかく素晴らしかったです。

戦闘機での対戦は見応えがあり、ゾクゾクしました!
でも 加藤たちがわざとヤマトから引き離されてるらしきところとか ちょっとわかりにく
かったですね。

なんで 張り切って出て行ったハズなのに ヤマトガラ空きで攻撃を受けてるのかと。
加藤たちは陽動に引っ掛かっていたんですね。
ドメルさんは その隙に 戦闘機を転送して奇襲をかけてたってわけか。

ヤマトの周りで飛んでるのは玲だけって かなり危ねぇ~~(><)
玲は頑張ってましたけどね。

ここは絵になるんだろうけど でも新人の男の子とかが頑張ってたらえたのにww

旧作では どんな展開だったか覚えてません(^^;

で ガミラス艦はドンドンと沈んで行くのに 明らかにガミラス艦よりも攻撃を受け続けている
ヤマトは沈みません!?

いや 沈んでもらっては困りますけどね。。

でも 最初に攻撃を受けたことで 波動防壁が使えなくなってたと思うし、ガミラス艦なんて
火を噴いて爆発したりしてるのに ヤマトは穴は開けども火は出ないってのも。。

すごいなぁwww

何に当たっても沈まないから安心。


さすがにドリルミサイル(元は軍事用ではなかったようですが)を波動砲口のブチ込まれた
時は ああ・・・懐かしい。やられたぁ~ って思いましたけど(^^;

サイズピッタリならいいですが、大きさが合わないとけますよね(><)
ヤマト用に開発したわけではないようですし、よくまぁサイズが合ったことwww

今作では新見さんが一時的に営倉から出されて除去作業に当たってましたね。

前回はジャージだったのに 今回は制服のブラ出し。
監視カメラとかはないんですかね。

それとも分かっててやってる?
除去作業でもお尻要員になってましたしww
新見さんのキャラがすっかり・・・


バタバタやってる間に ガミラス兵に簡単に侵入され、最高のタイミングで雪が現れ
拉致られてしまいましたね。
結構 ヤバい戦闘中だというのに 彼女は何をしてたんでしょうね~

星名くんが撃たれたことで百合亜の意識が上がってきたようですが、ユリーシャの意識は
弾き飛ばされて本体に戻ったのか、元々自由に戻れるのに百合亜の中にいたのか。

なんかよくわかりませんでした(^^;


篠原の二の腕は良かったですね♪
これは 目の保養となりました(〃∇〃v) 

敵さんは自爆してしまいましたけど、ヤマトのクル―の方へ放り投げてたら 古代くん達OUTでしたよね。。

で、古代くんは 許可をとっての出撃だったんでしょうかね?
頭に血が昇っての暴走だったのかしらん。。

わからんでもないですが、ここへきて古代くんが旧作に近づきつつありますww

それにしても あれだけ追いこんでおきながら ドメルさん 詰めが甘すぎたと言うか、
ガミラス艦の装甲が軟すぎといいましょうか。。

ドリルミサイルが逆回転を初めてからの回避がすぎるwww

駄目っぷりのお手本みたいだわ。

旧作では 逆回転させるまでがドキドキだったと思うのですが、今作ではサクッと。
その後の駄目っぷリ展開は同じような感じだった気も・・・。
細かいところを覚えてません。

ドメルさんも自ら動いたことにより、沖田の策にハマってしまい、呆気ないことに。。

最後の沖田艦長への挨拶は やはりイイ男だったなと思わせてくれましたが、あの几帳面な
挨拶さえなければ 切り札の自爆行為も無駄に終わらなかったハズなのですけどね。。

死を覚悟してまでの攻撃だったのに・・・ 最後の攻撃はほとんどダメージを与えることは
無かったようです。

波動防壁の修理が終わる前に さっさと攻撃しなかったことが悔やまれます。。

って それでは ヤマトが終わりになっちゃうのであり得ませんけどね。


旧作同様、の強さをみせるヤマト。
見た目ボロボロで 崖っぷちながらも元気に進んで行きます。

ユリーシャは本体に戻りましたが、この後、ヤマトの航海に協力してくれるんでしょうかね?
早く治す方法とか教えてくれると嬉しいのですけど。

 

ドメルさんがカッコ良かったし スピーディな展開も緊張感があって良かったのですが、
一つ一つの場面が濃かったので もうちょっとじっくり戦闘をみたいと思いましたね。

最初から こんな感じの展開だったら もっと入り込めたのになぁ。。

 

宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集「EARTH」

宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集「EARTH」
著者:西崎彰司
価格:3,780円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

宇宙戦艦ヤマト2199 第20話「七色の陽のもと...
お盆休みを挟んで(だったのかしら?^^;)2週間ぶりのヤマトでしたがいやもう 何かもう映像のクオリティがめっっっっっっちゃめちゃ高かったっ!!!!!!!更には宇宙戦艦ヤマト...
宇宙戦艦ヤマト2199 #20「七色の陽...
決戦の時は来た。ドメル機動部隊を突破せよ!「七色の陽のもとに」宇宙の難所「七色星団」でドメル将軍率いる空母艦隊と対峙したヤマト。ドメルの繰り出す奇策にヤマトは翻弄される...
[2013/08/21 07:29] おぼろ二次元日記