薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

八犬伝-東方八犬異聞- 第22話「天巡」感想

やっと8人目が判明したわけですが・・・ 
八犬士の中で仁ちゃんの出生が一番切ないですよね。。 ( p_q)   

他もみんな一回死んじゃったりしてたり、気の毒な境遇だったりするのですが、生まれた
時から疎まれて育ったなんて 仁ちゃんだけだもの。。

他はみんな 愛されて育ってただろうから その後に不幸があったとしても 愛された経験を持っていて・・・。

それなのに 仁ちゃんは疎まれるだけでなく、母親から捨てられることに・・・。
そんな目に遭いながらも 死に際に母の手を握ろうと手を伸ばす仁ちゃんが・・・

前回といい、なんか この手の話に弱い私ですわ。。

その後、華月が自分の命を半分分けてやり、ただ子供というだけで愛されるべき存在だと
与え得る限りのを仁ちゃんに注いでくれたようです。

華月@石田さんが 優しくて優しくて・・・されますわ。。

人から愛されずに育った分、それを引いても余りあるだけ華月が愛してくれたから 天狗
として生きた6年間は 仁にとっては幸せな時間だったでしょうね。

あのまま人として生きていても 幸せにはなれなかっただろうから。。

おばあさんも今でこそ、仁を大事に育ててくれてるけど、娘が生きている間は手を差し
伸べることをしなかったわけですし・・・

そんな中、よくあれだけ純真なまま6歳まで育ったというものです。

今回は 実年齢は22歳と18歳だけど みかけはツルンツルンっぽい二人のサービス回w
ショタ好きにはたまらないところでしょうww
私は成人男子の方が好みですが (〃∇〃v)  

信乃は 自分の方が若干、優位に立ってるってな具合で喜んでますが、仁の方はその後
成長を続けてるわけですから、後2,3年で・・・(^^;

信乃がいるお陰で ゝ大先生が天狗避けとして張った結界がバシバシとされるものだから
ついに仁の居場所が天狗たちに見つかってしまいます。

が、この天狗さんたちがまた美形だからしいのですわwww
キャストさんたちも豪華でびっくりwwヽ(*´∀`)ノ

ややこしいことに蒼も現れて・・・ いえ しいんですけどね

彼の場合は 今回は天狗の妖力を奪おうとしに来たのではなく、単に8個目の玉をもらいに
きただけのようです。

玉が手に入れば大人しく帰っていきそうだったのに、葉月が荒いざっくり対応をしたもの
だから、蒼は勝手にうとばかりに 仁を連れ出します。

仁は 葉月の元に帰って記憶を取り戻したようですが、自分のせいで華月を死なせてしま
った
ことも思い出し・・・
葉月は 仁のせいではなく天狗としての寿命だと言いますが、仁はもらった命を返そうと。。

そんなことを華月は望まないと言う葉月の言葉も 仁には届いてないようで。。

葉月には 華月の想いがわかっているのですが、どうも彼は華月と違って言葉が足らず
自分の想いをきちんと相手に伝えることが苦手なようですね。

蒼は 華月の体があるところへ仁を連れ出すと、華月が与えた命を仁が返せば 華月は
生き返るのだと教えます。

葉月は慌てて止めに入りますが、邪魔をするなとばかりに蒼が剣を振り上げ・・・
ざっくりやられたのは仁。

葉月を庇ったんですね。 

ううう・・・  この作品、鮮血が非常に好みの色で困ります。。 (*/-\*) 

蒼は仁をってしまったことに驚いていましたね。

ここで 仁が死んでしまっては 華月に命を返せなくなるからまずいってことだっけか?
信乃に叱られるヤべェって思ったんだっけか?

ちょっと忘れてしまいましたわ(^^;

いずれにせよ、単に人を斬ったってだけのことなら蒼があんなに驚くことはないはず。

今回の蒼はいつもよりも 積極的にしゃべるわ、っぽいわで 非常にゾクゾクさせて
いただいたのですが、最後はなんとやりすぎちゃいました(><)

さぁ、仁はどうなってしまうのか・・・!

次回 楽しみです♪

 

って 公式に既に予告という名のネタばれがありますけどww
ストーリーより先に キャラのところに 葉月と華月を載せてあげたらいいのにww

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2013/09/04 17:14 ] 咎狗の血・八犬伝 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

八犬伝-東方八犬異聞- #22「天巡」
「もう大丈夫だ。お前はもう人の子ではないのだから」 華月CV石田さんだなんて聞いてない(*´∀`)キャー!! 不意打ちサプライズに大興奮です。
八犬伝-東方八犬異聞- 第22話「天巡」
【章彦が八人目ではないとわかり、荘介は飯倉を去るつもりでいた。しかし、信乃は、章彦の一件以来、1週間も眠ったままの仁のことが気にかかっていた。やがて目を覚ました仁は、風
[2013/09/05 22:30] Spare Time