薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

八犬伝-東方八犬異聞- 第25話「追駆」感想

オリジナルですね~

荘介の玉が蒼の手に渡り、徐々に蒼の方が力を増して行き、荘介が弱まって・・・
どうやら玉が蒼を選んだことで、荘介があの世に引っ張られているようで。。


昏睡状態の荘介を前に 居ても立ってもいられなくなった信乃は 蒼を探して旧市街地へ。
が、いつもはすぐに現れる蒼が まるで姿を見せず・・・。

それどころか いつにも増してが帝都に集まってる様子。。
村雨があれば、小者なんて一瞬で片付けられそうだけど、手元になくては 信乃もただの
子供ってことなのか。。

毛野と楓が来てくれてよかった、よかった。

信乃は楓に頼んで玉の気配を探ってもらうと、古城地区の教会から玉の気配が。。
教会へ向かうと言う信乃に、毛野、大角、仁&棗目も同行。

楓は毛野から小文吾、現八にも知らせるように頼まれますが、楓さん、すっかり便利猫
状態(^^;

獣神なのに・・・なんて扱いwwww

でも 楓さんの頼まれたら嫌と言えない性格が可愛らしいwww
オネエ気質なのねwww

小文吾と現八も信乃を追い教会へ行くことに。
莉芳に伝えて欲しいと頼まれ、楓さま またもお遣い猫にwww
チャーミングな楓さまです。

荘介のお見舞いにやってきた道節も 浜路が信乃を心配してるとわかると、私に任せなさい
と教会へ行くことに。

今回、道節さんは お笑い担当みたいですwww

楓さまといい、みますね♪
楓さまとメグのやり取りも微笑ましくwww

 

信乃が教会へやってくると・・・
教会の地下からたくさんんの怪しい気配が・・・。

どうやら下は墓地。

「信乃、来ちゃったんだ!?」
蒼が姿を見せます。

蒼の目は金色ではなく、元の色に。
玉が俺を選んだのだと言う蒼。

そこへ姿を現したのは玉梓。
大角は父が作った人形の女であることにき・・・。

玉梓は死者を妖として蘇らせ、信乃たちを襲わせます。

信乃は蒼に玉を返せと挑みますが、蒼は 今は自分が荘介であるのに、信乃が荘介のこと
ばかり気にすることをしいと。。

本気で向かってくる信乃に もし、自分を斬ってしまったら荘介だってどうなるかわからない
のに・・・。

信乃は荘介を死なせたくない一心で蒼から玉を返してもらおうとしますが、荘介と蒼の関係を
知ったらどうなるのかな。。

本当にどちらも荘介なのだから。
そして、蒼はずっと自分こそ荘介なのだと想いながら 信乃と荘介を遠くから見ていること
しかできなかったのだと知ったら・・・。

蒼を消すって想いはなくなるんじゃないのかなっと。。

 

妖たちと戦う犬士たち。

大角さんの邪眼が大いに役立ってます。
ほぉ~~~ 

でも 考えてみたら毛野には夜叉姫が付いてるけど 毛野自身は人間だし、妖力を持たない
から いくら剣の腕があるといっても、妖相手は大変かも。。

あ、もし、ここで荘介がいても、荘介は犬ですからね・・・。
彼も同じようなもの??

小文吾と現八も現れ、化すると戦いに加わります。
彼らは戦力になるわ。

これで七人。

っと、仁の前に現れたのは葉月。
が、それはもはや葉月ではないけれど、葉月と同じ顔をした者と戦うことは仁には厳しく。

蒼は 「ひとたびつながった絆は 容易には断ちきれない」と。

自分と荘介が同じ顔である以上、信乃も自分と本気で戦うことはできないって言いたいん
でしょうね。

実際、信乃も蒼に荘介を見て・・・

いや 確かに同じ顔だけど、蒼さんの方が 魅力的だよ。。

 

「みなさぁん、大丈夫ですか!?」

お笑い担当、道節推参 アニメではこれでいいのねwww

簡単に玉が8個集まり 玉梓は喜んでます。

が、みんなは なぜにこのタイミングで道節が来る って・・・(^^;
しかも、雪姫はともかく、道節自身は強くもないし・・・。

 

一方、莉芳は教会本部で 十二賢者が何やら結界を張っていることを知ります。
どうも古城地区の教会に妖を集め、それを柱に新たに強固な結界を張るつもりのようで。。

そのためなら 多少犠牲が出ることも仕方がないと。。

彼らの裏にはフェネガン卿が付いていたようで・・・ 
あらぁ~~~やっぱり彼はラスボス的なポジションなのかしらん。

ラスボスは玉梓だけど、結果的に手を貸しちゃってるっ人ってことかな。。

那智から信乃が古城地区に行ったと知らされ莉芳は 教会へ向かおうとしますが、完成
間近な結界を壊されては大変と フェネガン卿は教会の守り神であるリリスを出してきます。

リリスと莉芳の直接対決は見たことないけど・・・ 
教会内には八房は入れないのに莉芳たちは大丈夫なのかな??



八つの玉が空に集まり そこに玉梓の結界が現れます。
その中では八犬士の妖力は無効化されてしまうようで・・・

雪姫、棗目、村雨は姿を消し、命命の印も邪眼も消え、鬼の姿は人間に戻り・・・

なんで 小文吾と現八は また、いいところだけ服が残ってるの!?
全裸にならないのが残念。。脳内で補完しておく。

でも、半裸ご馳です。停止してみると ちゃんと●首も描かれてるv

って、毛野は心臓が夜叉姫のものだから、ヤバいんじゃないの!?
妖力が解けちゃったら 死んじゃう??

力を発揮できるのは玉梓の祝福を受けた者たちだけってことで葉月は動けるのですね。
蒼は命命の印がなくなっちゃったってことは 祝福を受けてるわけではないってこと?

信乃は 葉月にられてしまいます(><)
この状態では信乃も不死ではなさそうだし、ヤバいよね??

玉梓は「今こそ妾は 伏姫をわが身に取り込み、この国を奈落の闇へと叩き落とす」と。
元々は 伏姫に封印されていた方が玉梓だったのに、逆に取り込んでしまおうとしている
ってことのようですね。

それが 彼女が玉を集める理由だったでしょうか?
自分が自由になるために?

それとも息子を蘇らせるってことが目的だったっけ?

瀕死の状態だというのに 信乃は玉梓に近づき、荘介の玉を返せと・・・
その意志の強さを玉梓は 我が子の器に相応しいと。。

あれ?原作読んで、信乃は八犬士でありながら、玉梓の下の息子の生まれ変わりでもある
のかもと思っていたんですが、そう言うわけではなさそう??

それとも これもアニメオリジナル?

信乃の魂を奥深くに鎮めるため、玉梓は例のを信乃に飲ませます。
玉梓の息子のってのはどこかにあるんでしょうかね?

蒼は大丈夫そうですが、荘介は 体温も冷たくなっているようで・・・


この感じだと 荘介と蒼の対決はなさそうですね。
あと1話では 蒼と荘介が同化することはなさそうですし、どう まとめるのかなと。。


リリスを倒し 莉芳は信乃の元にやってくるのだと思いますが、伏姫のことには触れず、
玉梓の力だけを弱くするとか?

玉はまた持ち主に戻り、荘介の玉は信乃が取り戻し、玉梓は また暫くなりを潜めることにし
蒼も「またね」とか言って去っていくって感じになるのでは・・・っと予想してるのですが。。

原作と全く違う流れを作ってしまうってことはないと思うので ぼやかしながらフェードアウト
かな~っと。

折角だし、四獣神家の力が結集したところをみたいものです。

残り1話が楽しみです。

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

[ 2013/09/24 22:56 ] 咎狗の血・八犬伝 | TB(5) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

八犬伝-東方八犬異聞- #25「追駆」
「私に任せてくれ!(キリッ)」 妹のためにお兄ちゃん頑張る!な道節だったり、 「アタシャお使い猫じゃないのよおー!んもう!」 こんな楓のニャンコが毛玉でジャレる図だったり、 最終話目前で一段とシリアス展開な中、 楓や道節さんのコミカルさはホッと一息つける和みタイム。 そして私は松坂牛のあるすき焼き屋に生きたい行きたい。
八犬伝-東方八犬異聞- 第25話「追駆」
玉が蒼を選んだことで意識を失い倒れてしまった荘介は脈も呼吸も徐々に弱まり昏睡状態に(汗) 元々半分の魂である荘介の存在は危うく欠けた魂はいずれあの世へと引き込まれるのだと 義の玉を蒼に奪われたせい、まだ謝っていないのだからどうにか戻ってきてほしい… いてもたってもいられず蒼を探しに飛び出してしまった信乃! 街中を歩いていると昼間だというのに人の傍には妖があちこちにいたり帝都に集ま...
[2013/09/25 00:58] Spare Time
八犬伝-東方八犬異聞-第25話「追駆」
八犬伝-東方八犬異聞-第25話「追駆」「さぁ、出でよ伏姫」いよいよ、姫の真の思惑が!あらすじはコチラぎゃあー!この辺は雑誌で追いかけていないので原作どおりなのかちょっとわ...
[2013/09/25 01:03] SOLILOQUY
八犬伝-東方八犬異聞- 第25話「追駆」
八犬伝-東方八犬異聞- 第25話「追駆」
[2013/09/25 01:03] SOLILOQUY別館
八犬伝-東方八犬異聞- 第25話「追駆」
八犬伝-東方八犬異聞- 第25話「追駆」 「さぁ、出でよ伏姫」 いよいよ、姫の真の思惑が! 公式HPより 意識をなくした荘介の脈や息は、少しずつ弱まりつつあった。 荘介の異変は、「義」の玉が持ち主として蒼を選んだためと気づいた信乃は、旧市街へと飛び出していく。 妖が集まりつつある街で、信乃は蒼の行方を探すが、なかなか手がかりはつかめない。 そこへ、四...
[2013/09/25 01:04] SOLILOQUY 2