アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年10月14日 (月) | 編集 |

シンドリアはいい国だけれど、ここにいては おじさんの輝きが強すぎて知らないうちに 
引っ張られてしまうと感じるアラジン。

それは アラジンの望むところではないようで。

シンドバッドに対し 何か不審に感じるってわけではないのでしょうが、彼には何か意図が
あって 自分たちを動かそうとしているようだってことは感じてるようです・・・。

アラジンに対し、「シンドリアのマギとして」と言ってみたり・・・
アラジンは 自分はそうではないと否定しましたけど、もしこれに流されて返事をしていた
とすれば、それは アラジンがシンドリアのマギとなることを了承したってことになりますし
その点 アラジンは慎重に対応してますね。

アラジン以外は 紅玉も白龍もアリババも シンドバッドの言葉にすっかり丸めこまれてる
ようですが。。

とはいえ、紅玉も決して現を抜かしているわけではなく、ちゃんと自分の置かれてる状況も
わかってて・・・。

シンドバッドは自分の魔装を敵国の姫に見せてしまうリスクを冒しながらも、逆に紅玉に
魔装させ その力を探るという。。それに・・・

ゼパルの力は 紅玉を眠らせましたけど、それだけではなさそう・・・。
「精神に語りかける」ことができるってことは・・・。

ジャーファルがシンドバッドのしたことに対し

「国のため」「世界のため」を免罪符に誰かの生を縛るのは慣れない
って言ってたことから 何らかの暗示をかけたのでは・・・って考えられますよね。。

シンドバッドとの手合わせ後に 紅玉は国へ帰りジュダルや兄にシンドリアが敵ではない
と話をする決心をしたし、シンドリアに対しても自分の金属器の力を使わないと決めた
わけですし。

シンドリアにしたらこれで一人敵が消えただけでなく、煌帝国との戦争も避けられるかも
しれないのですもんね。

アニメではわかりにくかったですけど原作では ゼパルの力で洗脳したように示唆する
コマがあるんですよね。

それにしても このバトルはよく動いてましたよね。
紅玉@花澤さんの バトル声はちょっと雑だなと感じましたけどwww

マスルールとモルさんの手合わせも ここぞとばかり、モルさんよく動いてましたよね~
マスルールも 滅多にしゃべらないんだけど今回もクールでかっこよかったww

マッチョ系は好みじゃない私ですが、原作の感想でも書いてますけど、このファナリスさん
たちは好きなんですよね。
たくさんのファナリスさん達が出てくる日を楽しみにしてますww


アラジンは アリババを王にしたいって想いがあって、そのためには今の自分では力不足
だから、魔力を上げるためにも魔導士としての知識を身につけるためにも 一人で勉強を
しに行かなくてはいけないって考えているんですよね。

でも 言葉が足りないから アリババとしては いつまでも一緒だって言ってたくせに自分を
置いて一人でどこかへ行こうとしてるのが薄情に思えて気に入らないんですよね。

それに 「自分がどうしたいのかは 自分で考えてみて」って言われたことがアリババには
突き放されたように感じるんでしょうね。

アラジンが言ってることは シンドバッドに引っ張られるように自分の行く道を選んでしまう
のではなくて、自分にとって今必要なことは自分で考えて欲しいってことなんですけどね。

それに アラジンにはマグノシュタットの現状をみておきたいってこともあるし。

でも、シンドバッドのことをとても尊敬してるアリババは、アラジンが彼から離れようとする
理由が理解できないため、アラジンの心の内も理解できず・・・

 

そういえば、アリババが武器化まではできるのに魔装できないって辺りの話はカットされて
ますよね。

アリババの中にカシムの力が残っていたとか そういうのもカットだし。。

そうすると アリババの修行の方もストーリーに変更がくるのかな。。

 

白龍はドゥニヤが炭のように干からびて死んで行ったことを知り、自分もそうなっていたの
かもしれないと思います。

そして、モルさんにアル・サーメンと煌帝国の繋がりについて話します。
自分が「組織」の本性を知っていること、自分の父や兄が「組織」に殺されたこと。

姉ですら知らないことをモルさんに話したのは 自分の本心を知って欲しかったからだと。

白龍はモルさんには家族がいないし、1年前まで彼女が奴隷であったことを聞き驚きます。

モルさんの笑顔に 白龍の顔がぱぁ~ってなるのがいいですね。
この二人 幸せになって欲しいです。。

 

紅玉とアリババも イイ感じにまとまってましたね。お友達としてwww
この二人もこの先、また何かしらの展開があるのでしょうか~

 

今回は マスルールの筋肉とゼパルのお腹とドゥニャさんのおっぱいが非常に魅力的
ございました。

1期に比べるとテンポよく、動きもいいし、ギャグ部分の配分も多くなってて楽しいですね。

でも やっぱりところどころ台詞がカットされてたりしますから、細かい事情は原作を読む
方がわかりやすいと思います♪



 

マギ 19

マギ 19
著者:大高 忍
価格:440円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マグノシュタットにある魔法学校で勉強するため一人で出立することを打ち明けたアラジン シンドリアはいい国だがシンドバッドの輝きが強すぎて知らない内に引き寄せられてしまう もっと広い世界のことが知りたいから旅に出る、ならば勿論一緒に行こうとアリババも思って 声をかけたけれどどうしても一人で行かなければならないのだと――… アラジンがマグノシュタットへ行くと言い出したのは驚いたけど手放...
2013/10/14(月) 23:42:49 | Spare Time
>>アリ:一人旅ってどういうことだよアラ:マグノシュタッドがあってね勉強したいのさ、コノクニはシンドバッドオジさんに引き寄せられてしまいそうなんだ>>いいかもな...
2014/07/02(水) 19:09:54 | ぺろぺろキャンディー