アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年10月19日 (土) | 編集 |

今月のGファンタジーご覧になりました??

なんですの この分厚さはwwww

読みにくいwww 重いよwww

 

さて 今月からいよいよ新章ですね!!
なんと 今度の舞台は ドイツみたいですよ!?ドイツ!!

ドイツといえば???

あの人じゃぁ ありませんか!!!

ディーさんですよ!!ディーさん!!楽しみですね~~~♪


扉絵は ハロウィンってことでめっちゃ可愛いことになってます (p≧∀≦q)〃
される!!

吸血鬼に扮した坊ちゃんの小さいとか つま先とか 何コレ!!!たまらんww

使用人'sもみんな それぞれピッタリなお化けに扮しているのですが、タナカさんが・・・
とにかく タナカさんがキュート  d(≧∀≦*)ok!


ってことで本編感想いきます。
先月号の感想はこちら


ドイツで起こった不可解な事件の調査のために 坊ちゃんはセバさんを連れてドイツへ。
なんでまた 「女王の番犬」自らがドイツまで出向くことになったかというと・・・

ドイツで健康だった者が突然異形の姿に変わり絶滅するという事態が起きていて、女王は
亡き夫や母の故郷であるドイツでの出来事なので 疫病であるなら医療支援をしたいと
のこと。

ところが、皇帝からもドイツ帝国からもはっきりした返答がないものだから公に使者を送る
わけにもいかず、坊ちゃんに依頼が回って来たってことで。。

でも、坊ちゃんをわざわざ出向かせる理由がよくわからなくて・・・

ファントムファイヴ家の裏社会の情報網をアテにしてるってことも考えられるというセバさん
ですが・・・

ううん 女王は絶対に何かんでると思う。。

とはいえ、女王の依頼であれば どんなことでも受けないわけにもいかず、坊ちゃんは
早速 クラウスを有る人のところへ向かわせます。

が、クラウスはドイツに行ったものの、その人は忙しいからと会ってくれなくて。。

仕方なくクラウスは単独で村へ行き、聴き取りを。
村では伝染病が流行してる様子もなく、死んだ者は持病はないし、怪我でもないという。
で、死因はなんだと尋ねると 全員が

「魔女の呪い」だと。。

死亡者は歳も性別もバラバラだけど一つだけ共通点があって、それは 死亡する前に
“ヴェアヴォルフの森”と呼ばれる 現地では禁足地の森を訪れていること。

人狼の森と呼ばれるそこは 魔女狩りから逃れるために生き残った魔女たちが住み着いた
森のようで、自分たちを守るために森に使い魔・人狼を放ったのだとか。。

以来、その森に足を踏み入れた人間は魔女に呪われると言われているようで・・・


坊ちゃんはいで人が死ぬことをばかばかしいと一蹴しますが、悪魔がいるのですから
魔女がいても不思議ではないわけで(^^;

自分で行って調査してみるしかなさそうだと ドイツ行きを決めた坊ちゃんでしたが

消えた葬儀屋の情報を得るためにも 任務のついでにドイツにいるある人に会うことに
したようです。

その人物は 葬儀屋よりも先に先代と付き合いがあるため、何か情報を持っているのでは
ないかと・・・

「ドイツ美人・・・いや 元美人は身持ちがかたい 上手く口説くんだぞ」ってクラウスww


ドイツ行きの列車の中で坊ちゃんはドイツ語の練習をしているようですが・・・
どうやら あまり得意ではないようですwww

でも セバさんは さすが悪魔さまってことで人間の言語は全部変換できるのか、ドイツ語も
完璧のようですww

ドイツにもいた過去があったのかしらんwww


その頃、ドイツでは・・・

「なんでこう面倒ごとばかり持ち込んでくるんだ 親子揃って!」ってサンドイッチを口に入れ
ぼやいてる人が・・・

「あいつももう13になるのか ますます親父に似てきただろーなぁ・・・」

かしいディーデリヒ登場です゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

1巻以来かしらん。。。
でも 元美人ってことだから パパンとの思い出の中で登場した姿ではないよね、絶対。

あの姿でくるのか・・・(^^;

 

ディーは 随分と久しぶりに坊ちゃんに会うような口ぶりですが、確かに7年ぶりくらいの
登場なんだけど でも作中ではそんなに経ってませんよね・・・

坊ちゃん登場時、12歳だし・・・。


ま、それは置いといてwww

新章を楽しみたいと思います。


ディーさんから葬儀屋のお話を聞く時に 過去篇になったりして、しのパパンと若かりし
美人さんの頃のディーさんの話が たくさんあることを願ってます!!

ディーさんを訪ねることで パパンと葬儀屋さんとの関係も もうちょっと突っ込んでわかって
きそうなので こちらも楽しみですねv

坊ちゃん、ドイツ語頑張って♪

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック