アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年10月22日 (火) | 編集 |

やっぱ 面白いな夜桜ww

これまでの2話は 原作の設定をオリジナルのストーリーで魅せるって感じだったように
思うのですが、今回は完全に原作通りの進行でしたね。

細かいところではオリジナルが入ってましたけどww

水色縞パンとかwww

そういうオリジナル大事!!


前回 アニメ化された時は 全話を見てなかったような気がしますし、原作は その後に
読んだのですが、確か あまり巻数が出てないうちのアニメ化だったような・・・

今 HPで確認してみても ほとんどアニメオリジナルで話が展開してるっぽいのですよね。

キャラは 同じなんですけど。。

って ことは 今回の方が原作に沿った感じで進むのかもですね。


絵はヤスダスズヒトさんの特徴を残しつつ、完全にりょーちもさんなんですが、最初 気になっていた幼い顔も 慣れてきちゃいましたね。

ボディラインはエロくて素敵ですしv

絵がどうってより、テンポよくお話が進むので ストーリー展開が面白くて。
今回なんて原作通りに進んでましたが 先を知ってても楽しめました。

原作とは カット割りやアングルとか違うのですが、でも とても見やすいww
ノ―ストレスで楽しめてます。

今回 特に面白かったのは、桃華ちゃんが みなちゃんとかなちゃんを守るときに 鬼の力を出しちゃうのですが、その時に角が出てたり、目の周りにが出たりと 原作とは違う
のですが そこがよかったなぁ~っと。

秋名に鬼の力を解放しろと言われた恭助も を外したら角が出て来て、目の周りも同じ
ように変化してました。

あんまり角は見せてくれないのでしいです♪

それと、桃華の力によって みなちゃんかなちゃんの二人が潰れちゃったような描写は
ドキッとしましたね。

最初 変化ないっぽかったので 派手に来ないだろうなと思っていたら、結構 ブシャっと
きてびっくりでしたwww

こういう表現のギャップもいい!

原作のとんがった感じの雰囲気は アニメの絵によってマイルドになってる気がしますが
演出とか脚本、構成がいいのかなぁ。

とにかく すごく見やすくて面白いなぁと。
原作の雰囲気はそのままに分かりやすくなってる気がします。

余分なところに尺を当てず、さくさく進んでいくのも心地良いです。

ちゃんと 見せるところはせてくれてますしね。


すご~~~く力が入って クラクラするわ~~って 萌え補充作品ではないのですが、
ノ―ストレスでニヤニヤと楽しめる作品ですv

 

この分だと、かなりこの先のストーリー展開も期待できそうです!!

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック