薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「図書館戦争 LOVE&WAR」コミックス12巻感想です♪

さぁ ついにコミックスも原作ラストの「図書館革命」に突入ですね!

劇場版「革命のつばさ」もよかったですよね! 感想はこちら
やっぱり アニメも面白いですわ。
とくに この「革命のつばさ」、原作「図書館革命」のところは盛り上がる場面がたくさん
ですから。

堂上と郁だけでなく、手塚と柴崎もいいですしv

って ことでコミックスも期待したいと思います。
累計200万部突破ってことですが、もっと売れてもイイと思うんだけどな。
糖度も高めだし、話としても面白いし。

原作の「図書館革命」の感想はこちら。← 無駄に乙女モードが全開してますw

そっか~~原作の感想を書いてた時は息子が高校受験だったんですね。
今は大学受験だよwww
月日の経つのは何て早い。。無慈悲・・・

当時はアニメではこの部分は作られてなかったので多少愚痴ってますが、劇場版ができ
ましたからね!よかった、よかったww

では コミックスの方も感想いきたいと思います。
これまでの コミックス感想はこちら



郁は堂上とのカミツレデート実現で女の子モード? 
そんな時、二人に緊急事態発生の呼び出しが! 
原発に戦闘ヘリが激突したテロ事件と人気作家の本の内容が酷似していたため
作家が狙われ、図書隊が動く!?

この図書館戦争は 乙女モードが擦り切れてるというか最初から内蔵されてなかったん
じゃって思われる私でも キュンキュンさせられる非常に貴重な作品ですwww

堂上と郁が可愛過ぎて身体中から いろんなものが出てきそうですww

さて 今回、コミックスで一番嬉しかったことは・・・

「カミツレのお茶を飲む約束」と言う名のデートに 郁が着てたダウンコート。
私が原作を読んだ時にイメージしたのとほぼ同じ感じ!

そうでしょ、デートなんだから やっぱりこんな感じのラインでしょ!!っと。

アニメでは 感想にも書いたかもですが、丈が短すぎる!!

いくら郁といえど、あれをデートで選ぶとは思われず・・・
ちょっとがっくりしたのです。

ああ・・・やっとすっきりしたって感じですwwww

それにオーダーしたケーキセットも原作と同じものでした。
これも アニメでは クリームたっぷりのいわゆるケーキになってたんですよね。

せっかくハーブティーを味わおうと思ってきてるのに あれではね・・・っと残念に思ったの
でした。
そちらも解消されて ホントよかったwwww

が、コミックスの方は 原発テロについては さすが少女漫画。
ざっくりざくざくと大幅にカットされて進んでますwww

この辺りのシリアスな展開は I.Gの得意とするところですし、アニメの方に軍配ですが 
これは 仕方ないかな(^^;

デートの甘甘加減は コミックスがイイ感じに表現してくれてますので やはりコミックスは
糖度を楽しむべきかとv
女の子扱いされて慌てふためく郁がとっても可愛いのです。

堂上も内心ドキドキワクワクってところでしょうが 顔に出さずにクールにしてるところとかも
クスッとしてしまいますわ。
こちらも 時々 出てくる素が可愛いのですよね。

そして 緊急事態発生。

手を繋いでバカップルの振りをして(いやいや 振りじゃなくまんまだよwww)良化隊を
やり過ごし図書基地に戻る二人。

手を繋がれた郁が真っ赤になってしまって「見ないでください」というんですが、その時の
堂上の驚いた顔のコマがくよかった!!

その後、フッて笑うとこもv

今回のテロが「原発危機」の手口と酷似してるってことから 原作者の当麻先生の身柄が
良化隊に確保されそうになるのですが、ギリギリのところで図書隊へ。

メディア良化委員会は 今回のテロを切っ掛けに作家狩りを始め、言論そのものを狩り
始めるだろうと予想されるため 図書隊で当麻先生を守ることに。

で、まずは当麻先生を匿ってることが漏れないようにするために(図書隊内部にもややこ
しいのがいますからね)変装してもらうのですが、そのための白髪染めとメガネを私服の
郁と堂上が買いにいくことに。

またもやバカップルを装うのですが、装うどころか本当にバカップルそのものでww

でも 郁にしたら 本当にデートみたいだから舞い上がってしまうのですよねv

そうそう、この時に メガネケースを堂上に買ってもらうのですが、これも裏表紙をみると
原作と同じ黄緑色のケースでしたね。

堂上が選ぶものは品がいいって原作で小牧が言ってたのに、アニメでは 確か水色で
なんか子供っぽいデザインだったんですよね。。

コミックスでは原作通りでストレス解消ですv
デートの雰囲気も原作のイメージ通りだったのも嬉しい限り♪

そうそう、小牧も出番は少ないですけど、カッコ良かったですよね。
当麻先生を連れ出そうとした「未来企画」の下っ端を取り押さえるところが!
「ちょっと肩外すけど すぐ嵌めてあげるから ごめんね」ってwww

小牧って いつもニコニコしてて冷静だけどSっ気強いですよねv

そして、兄のことで落ち込む手塚を早急に立ち直らせるために 柴崎が行うショック療法が
いいんですよね。

突然 キスされ動揺する手塚ww
この方、ホント魅せ方が上手いのですわ!!
コマの割り方とかアングルとか表情とか 原作のイメージ通り!!

少女漫画ならではのプラスαもあって ドキドキキュンキュン (p≧∀≦q)〃

乙女な反応を示した手塚が 「担保が足りない」って柴崎を引き寄せ もう 一回キス
するところは 手塚よくやった!!って思いましたわヽ(*´∀`)ノ

柴崎が 手塚の兄・慧と交渉するところもテンポよく これも大満足。
表情の付け方が上手いので 難しい内容も分かりやすくしてくれてます。

交渉成立の後、もう一度、手塚が強引にキスするとことも キュンですわ!

何気にこの人たち、付き合ってるわけでもないのに 色々進んでますwww
郁と堂上は手を繋いだところだと言うのにねwww

その後の特別編では コミックスオリジナルで 堂上が郁をお姫さま抱っこしてますけど♪


当麻先生を稲嶺顧問の自宅に匿うことになったエピも 面白くまとめてくれてます。
大事なやり取りはしっかり入れながらのサクッと進行。

少女漫画ですから、詳しいことは 原作をどうぞ~~ってことで。

 

さぁ 次回は 当麻先生との逃避行ですよ!!

堂上もあ~~んなことになっちゃいますし、郁も・・・ 

見せ場の連続ですからね!ワクワクがとまりません(p≧∀≦q)〃

 

いやいやいやいや 楽しみであります。

原作堂上やアニメ堂上にも 劣らずコミックス堂上も ホント素敵なんで ぜひぜひ多くの
方に コミックスも読んでいただきたいと思いますわv

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する