アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年10月23日 (水) | 編集 |

ええええええええ!?

ヘリをジャックして 見事脱出に成功!!

ってことに なるんじゃなかったんですか!?

 

ちょっとぉ~~~~~~ 振り出しに戻っちゃってるじゃないですかぁ(><)

まぁ 確かにね、そう簡単には終わらないとは思ってましたよ。。
巻頭にある LIFE AND DEATH のところに まだ「?」の欄がたくさん残ってますし。。

この枠と同じ数だけまだ 島でゲームさせられてるキャラがいるってことですよね。。
ってことは、まだ 3分の2くらいしかキャラが登場してないってことですよね。。

ヒィ~~~~~ 耐えられるか 私。。

 

これまでの感想はこちら

 

BTOOOM!(12)

BTOOOM!(12)
著者:井上淳哉
価格:540円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る 

 

   BTOOOM! 1-11巻セット

 

伊達の回想によって、ゲームをクリアした者には報酬として 4億入ることがわかりました。
いくら積まれても私は死にたくはないけどね。。

さぁ これで 伊達は2回目も無事に脱出・・・っと 思ったら 突然、ヘリが傾き、兵士が
一人墜落。

どうやら村崎さんが ヘリをロープで岩に括りつけていたようで・・・

ヘリの間横の崖には織田の姿が!

竜太の作戦は 自分たちで兵をおびき寄せ、別働隊にヘリを襲わせる・・・

竜太にしてはよくできた策だと織田は感心しますが、肝心の襲撃要員であったヒミコが
撃たれてしまったことから、ツメが甘いと・・・。

織田は勝てない戦いはしない主義だけれど、「この策でこの状況」なら協力させてもらうと
ヒミコが持っていた烈火ガス型BIMをヘリに投げつけます。

ガスを浴びた兵士はドロドロで即死。

ヘリの中には マスクが2個装備されていて、一つはパイロットが装着済み。
もう一つは・・・
ちゃっかり伊達が付けてました!

本当はここまでが作戦だったから 伊達はマスクを確保してたんですね。

以前、ヘリに乗った経験のある伊達がいたからこそ この作戦が立てられたわけですが、
自分のマスクがないことと、伊達の裏切り行為に逆上した若本は 伊達を射殺。

その際、顔面なんかを撃ったものだから マスクが壊れて、結局、若本も死ぬことに。

直陸してるヘリに 作戦が成功したと思った竜太とデコ美が乗り込みます。
が、ヘリの中では 若本と伊達が死んでいて・・・

とりあえず、パイロットに銃を向けるデコ美。

そこへ 織田が負傷したヒミコを背負ってやってきます。
状況を把握する竜太。

死んでしまった村崎と伊達を残し、みんなはヘリに乗り いよいよ島を脱出!

かと 思ったのに、パイロットがいきなりヘリを傾け、体勢を崩したデコ美から銃を奪い
デコ美へ発砲

ぎゃぁ~~~~!!
デコ美のデコに命中。。

パイロットも軍人だから 実は強かったんですね(><)

BIMがなけりゃ 素人が軍人に叶うわけもなく・・・

「海へ飛び込んで 島へ戻れ」と指示するパイロット。
従わなければ、撃ち殺すと。

ヒミコは英語がわかるんですね。。ほぉ~~~

織田と竜太は どちらかが撃たれる覚悟で攻撃にでます。
まずは 織田が飛び降りるからと隙を作り・・・

が、スタンガンとナイフでは 軍人相手に即死させることは出来ず、パイロットは咄嗟に
ヘリを傾けます。

っと、織田とヒミコが海にちた!!!!

え~~~~~!?

これじゃ もう 竜太が一人で帰るわけにはいかないじゃないの?
どうすんのよぉ!!!


ティラノスジャパンは 伊達の回収はできなかったものの ヘリが帰還し、ゲームが再開
できればいいようで・・・。
そのためには ヘリに残ってるプレイヤーを島に戻す必要があるようですが・・・

その時、なんとデコ美に意識が!?
デコに銃弾浴びて生きてるってどゆこと???

竜太もびっくりwww

意識が朦朧としているデコ美は、竜太を元恋人の聖也だと思い込みます。
デコ美は 聖也がパイロットに怯えているのだと思い 自分が倒すから早く行けと。。

竜太が飛び降ると デコ美は持っていたBIMを起爆させます。

ヘリは爆発し、クリア達成者を回収するどころか 回収班は全滅。

全てネットで配信されているため、全世界にゲームシステムの破綻が露呈

これでティラノスジャパンに 人殺しゲームをやめさせられると喜ぶ飯田でしたが、世界を
裏から動かしているシュヴァ―リッツ卿がプロジェクトの推進を認めたために 世界情勢は
プロジェクトを支持。

ほぼ 出来レースだったようですね。

ゲームは再びシステムの不備を修正して継続されることに・・・

なんてこったい。。
これまでの苦労はなんだったのかと・・・

 

自分の計画のせいで大勢を死なせてしまったと自責の念が竜太に重くのしかかります。

このまま 自分は死んでしまえばいいのではと思いますが、それでも岸を目指し泳いで・・・

竜太が島に辿りついた時、一人の女の子が竜太に近づいてきます・・・

この子、誰だ!?

 

もう・・・
やっと 解放されると思ったのに 一気にどん底に突き落とされてしまいました(><)

確かに まだ竜太たちが生還したとしても ティラノスジャパンや それを裏で操作してる
者たちがいる以上、話が終われることはないでしょうけどね。。

やっと ラスボスが誰であるのか、そして、そのラスボス相手に戦ってくれそうな人たちが
出て来てくれました。

竜太の義父・久長と ジャーナリストであるその兄。
闇の組織と戦うために まず なぜ竜太がゲームに選ばれたのかを探るようです。

おお・・・ やっと 光が見えて来た気がする。。

 

で、織田とヒミコはどうなったの??

次巻からは 竜太がまた新キャラたちと出会うようで、しばらくは織田とヒミコの登場は
なさそうですね。。

そうこうする間に この二人が出来ちゃったりしたら・・・
竜太が受けるショックは測り知れませんよ?

何しろ、織田は竜太と張り合ってますからね。。
何をしでかすかはわからない。。


いやいや ヒミコの取り合いじゃなくて、あんた達がくっ付けばいいんだよ・・・って 私は
思ってるのですけどねww

 

ああ・・・まだまだ 緊張は続くようです。
爆殺ミステリー開始って・・・

これから 「開始」なんですか?

うう・・・ 早く 何とかして欲しいですわ。。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック