FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年10月27日 (日) | 編集 |

まさに 「進撃の火神」

そして 「荒れるで」という今吉の期待通り、登場したのは・・・

 

WC東京代表2校を決める決勝リーグ出場校は 誠凛、泉真館、秀徳、霧崎第一。

ま、どの2校が残るかは出来レースなわけですが、それでも この対決は面白い!

誠凛の初戦は 過去2回負けている泉真館。
黒子は 新しいドライブの最後の仕上げである対人練習をしたいと火神を誘います。

「いいぜ、来いよ」

って アカン、アカン。

練習だってのに 違う方向へ脳が暴走 始めてるがなwww
ここは 抑えて、抑えて・・・

スゲェ!!!!
ボールの動きといい、黒子の踏み出した一歩といい、一瞬の動きがカッコええ!

流石だよ作画さん。期待できるぅ~~~

ってなったところで 火神も真っ青!!
ボールが置いてけぼりだよwwww

すっぽ抜けたのは ボールの皮がスレてツルツルで 引っ掛かりがなくなっていたから。。

外でボールをつけば 皮が削れてしまうのも仕方がないことだけど、夏の練習だけでこんな
状態にまでなったことに驚く火神。

が、実はボールは3つ目だった!?

どれだけの練習を黒子が一人で行っていたかってことですよね。。


その頃、青峰は・・・
お昼寝をするために梯子を登ってて・・・
桃ちゃん その位置だとパンツ丸見えなんだけど、そこは 構わないわけねww

青峰に指摘されて初めて気付くとはwww

決勝リーグを観に行く約束をしたのにという桃井に 結果が分かり切っているのに観にいく
必要なんかないと言う青峰。

泉真館との試合は 誠凛が勝つ。
何かあるとすれば 誠凛と秀徳の試合くらい・・・といいながら、ちょっと引っ掛かりをみせる
青峰。。

それは 彼のことですね・・・。


青峰の予想通り、泉真館との試合には難なく勝利する誠凛。
今の誠凛にとっては 過去の実績なんて関係ないんですね。

それくらい強くなってるってこと。。

でも その試合を観ていたのは・・・ 霧崎第一の主要メンバー。
上位2校が出場権をもらうわけだから、一位通過の必要はないってことで 秀徳戦は最初
から捨てていたようです。

緑間は 全力で向かってこなかった霧崎第一に対し、反吐が出るような試合だったと。。

それを 今、彼が言うかwww って話ですが。。
緑間自身は手を抜いてきたわけではなくとも、過去の自分のチームはどうだったのよ?
ってね。

緑間曰く、霧崎第一の花宮は 誠凛の木吉と同じく 無冠の五将と言われた逸材の一人。

でも 緑間は彼が気に入らないようで。。

 

誠凛と秀徳は 共に1勝。
次の試合に勝てはWC出場確定。

誠凛としては前に勝ったし、木吉も新たに加わったわけだけど、こちらに余裕があるわけ
ではないというリコ。

前回勝てたのは出来過ぎで、本来の実力は秀徳の方が上。

その上、一度負けたことと木吉の加入によって、秀徳は誠凛を今度こそ潰そうと必死に
なってくるはず。
そうなれば当然 半端なことにはならない・・・。


移動中、ふと 木吉は みんなに先に入って欲しいと声をかけます。
理由は・・・花宮がいたから。

「久しぶり」と木吉。
「会えて嬉しい」と花宮。

木吉がみんなと離れたことに対し、忘れモノかという部員に「そんなものだ」と答える日向。
ハハハ さすが。

火神は 花宮の存在を感じ取っていたようで。
あんな一瞬なのに「かなりやる」とまでわかちゃうとは アンタ エスパーかってwww

隠すこともないと日向は 二人についての話を始めます。

キセキの世代の一つ上で 無冠の五将と言われた者たち。
木吉もそのうちの一人で、さっきの花宮もその一人で「悪童」と呼ばれていた・・・。

木吉がバスケに対して誠実な男なら、奴は最も不誠実な男

おお~~旦那を上げてますなv当たり前かww イイ男だし♪

仲が良かったのではなく逆だった二人。

木吉は花宮が秀徳戦に出ていなかったことに気付いていたようです。
そういうやり方は好かんという木吉に 真面目過ぎてキモイという花宮。

花宮は 残りの2戦は誠凛が勝手に負けてくれるといい 木吉の膝を心配してると言い去って
いきます。

ねっとり系花宮くんでした。
じゅんじゅん いい味出してくれてますww

 

そして、いよいよ誠凛と秀徳戦。

ひとり集中してる緑間に声をかける高尾。
「前にも雨が降ってたな。」

おお~~~そんな ジンクスになってしまう危険のあることをみどりん相手に言ってしまう
とはwww
だが、地球儀があれば大丈夫かwww

「さぁ 行こうぜ」

負けたことのないキセキの世代が 負けた・・・

緑間がみせたのは勝利を渇望する飢えた獣の姿。
冗談に付き合える余裕などないと言う緑間に ゾクゾクする高尾wwww

こりゃいいわ!!!

本能むき出しのハニーに 魅力再確認v


誠凛だって 「こっぴどく負けた経験は同じ!」ってことで いざ、勝負!!

緑間は火神をライバル認定しロックオン。
下睫毛がしくv

「緑間くんはお任せしてもいいですか」
もちろん 全面的にお任せOKの火神v

両校、試合開始から、火花散り捲り!!

いきなり、緑間をブロックする火神。
前より確実に高くなっている

火神の成長ぶりが光ります。

タメの長いシュートが早々打てると思うなよ

緑間のロングシュートは 多大な負荷が筋肉にかかるため、回数制限があると読んでいる
リコ。

それを抑えることができれば 緑間を攻略できるかもしれない・・・


一方、緑間の方も、火神が覚醒した今、自分との相性は最悪で、ブロックされることを予想。
でも、それは弱気ではないと緑間。

答えはひとつ


高尾の速い動き、パス回し。。緑間にボールが渡たりますが、緑間は連続ブロックを受け・・・

リコはおかしいと感じます。

新技ではなく 基礎体力作りをしただけだと緑間。

「その程度で舐めるなよ。」

俺のシュートは安くない

緑間は 自分のシュートが無限に打てないのと同様に 火神の高いジャンプも制限なく
飛べるものではないと。

ならば・・・
「お前が飛べなくなるまで 打てばいいだけの話だ」

つまり 根競べで 体力勝負。

でも 黒子は妙だと感じます。

「緑間くんらしくない」

 

さぁ リコが、黒子が、緑間に違和感を覚えたようですが・・・
試合展開が楽しみになってきました。


やっぱり試合は面白いですね。
プレイの作画には惚れ惚れですv


エンドカードはお食事当番の黒子と高尾って感じでしょうか?
それとも プライベート?

お世話係の二人ですからねwwww
時には料理の腕も必要なのかもしれませんねwww

でも お世話係ってより、精神的に支えてあげてるような気も・・・
ま、実際は どちらも支え合ってるってところでしょうけどね
 

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
黒子のバスケの第29話を見ました。 第29Q 答えはひとつに決まっている ウィンターカップ東京代表二校を決める決勝リーグの出場校四校である誠凛・泉真館・秀徳・霧崎第一が出揃い、黒子は火神に新しいドライブの対人練習に付き合ってほしいと誘う。 バスケットボールの皮が削れるほど練習した黒子だったが、すっぽ抜けしたようでボールだけが火神の前に残されてしまうのだった。 誠凛は王...
2013/10/27(日) 21:08:03 | MAGI☆の日記
黒子のバスケ第29話「答えはひとつに決まっている」「会えて、死ぬほど嬉しいよ」キセキの世代しか入れない筈の扉をこじ開け始めた火神。いよいよ、秀徳と再戦☆あらすじはコチラ今...
2013/10/27(日) 21:12:24 | SOLILOQUY
黒子のバスケ 第29話「答えはひとつに決まっている」
2013/10/27(日) 21:12:37 | SOLILOQUY別館
黒子のバスケ 第29話「答えはひとつに決まっている」 「会えて、死ぬほど嬉しいよ」 キセキの世代しか入れない筈の扉をこじ開け始めた火神。 いよいよ、秀徳と再戦☆ 公式HPより ウィンターカップ東京代表二校を決める決勝リーグの出場校四校が出そろった。まず誠凛は王者泉真館を撃破。また緑間擁する秀徳高校も霧崎第一を難なく下すが、霧崎の一軍メンバーは、秀徳戦には...
2013/10/27(日) 21:12:40 | SOLILOQUY 2
ウインターカップ決勝リーグ開始---------!!ついに「奴」が登場しましたよ!!(>▽<)いやぁ、想像通りのねちっこいいや~~~~な奴全開の潤じゅんの演技で思わずにやり。これだ...
2013/10/27(日) 23:43:48 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
第29Q 答えはひとつに決まっている 公式サイトからウィンターカップ東京代表二校を決める決勝リーグの出場校四校が出そろった。まず誠凛は王者泉真館を撃破。また緑間擁する秀徳高校も霧崎第一を難なく下すが、霧崎の一軍メンバーは、秀徳戦には出場せず誠凛戦を観戦・分析していた。霧崎を率いるのは、『無冠の五将』の一人である花宮真。「悪童」と呼ばれるその理由は...?そしてついに誠凛と秀徳の運命の再戦がは...
2013/10/30(水) 10:48:54 | ぬる~くまったりと
WC予選、再び激突する誠凛と秀徳!!! 「答えはひとつに決まっている」 あらすじは公式からです。 ウィンターカップ東京代表二校を決める決勝リーグの出場校四校が出そろった。 まず誠凛は王者泉真館を撃破。 また緑間擁する秀徳高校も霧崎第一を難なく下すが、霧崎の一軍メンバーは、 秀徳戦には出場せず誠凛戦を観戦・分析していた。 霧崎を率いるのは、『無冠の五将』の...
2013/10/30(水) 15:24:19 | おぼろ二次元日記2