FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
2013年11月15日 (金) | 編集 |

「俺にさらわれてくれ!!」

エルエルフくんがまた振られる気ぃしかしない・・・ ( p_q) 

3年前も同じように彼女を救いだそうとしたエルエルフくんでしたが、その時は 彼女は 
自分たちに逃げる場所などない、この先には道はないと断ったようですね。

でも、結局断るんだったら あんなにたくさんの人をエルエルフくんが殺める前に それを
言ってあげてよねって話ですよ。

散々 逃げ回った挙句に お断りって・・・

エルエルフくんショックだったようで、「え!?」って声も裏返ってて・・・
ホント 薄幸なんだよなぁ。。


あの後、エルエルフくんは事態を上手く収めることができたんでしょうかね?
あの頃は王党派の人とも協力してなかったようですし、大した準備もなく、単独で行動した
だけなら カインさんあたりにはバレてたような気が・・・(><)

カインさんは わかっててずっとエルエルフくんを泳がせていたんじゃないでしょうかね。
アードライくんも 元王族だし、彼も手元に置いて様子を伺ってるって感じ?

エルエルフくんは リーゼロッテ一筋だったもので、アードライくんは相手にしてもらえなかった
ようですが。。(^^;

カインさんは リーゼロッテから何かを採取してるようですね。
ルーンなの?
でも、定期的に奪っているのだとしたら 記憶がかなり無くなっているでしょうが、そうは
見えないですから 何かもっと別のものでしょうか??

リーゼロッテは「マギウスを裏切った」とカインさんは言ってましたが 元々彼女もマギウス
ってことですかね。

彼女が一番最初にマギウス化した姫さん?

それともマギウスと協力関係にあったのをドルシア国が裏切ったってことでしょうか?

 

今回 あら~~!!っと思ったのは、クリムヒルトさんが王党派だったことですわ。
カインさんに対して警戒してるようでしたが、彼女自身にも周りを伺わなくてはならない
理由があったんですね。

なるほど~~ これは面白いなと思いましたね。
カインさんは クリムヒルトさんのことを知っているのか?
わざと泳がせているのか、知らないのか・・・。

ハーノインくんは残念でした。
まだ、殺されたのかどこかで利用されているのかは不明ですが 彼が処分を受けたことで
イクスアインくんがカインさんに対して不信感を抱いたようです。

ハーノインくんが軍の情報を横流ししてたというのをイクスアインくんは納得できてないよう
ですもんね。
もし、そうだとしても理由が知りたいってところでしょうか。

 

ハルトたちは、エルエルフの計画通り、ドルシア軍に捕まってるジオール人救出作戦を
実行に移しますが、王党派の中にクリムヒルトがいたことにエルエルフは驚きます。

そして、クリムヒルトが「ミハエル」という名前を口にしたことから、裏で王党派に協力して
いる王族が リーゼロッテだと気付きます。

ドルシアにいるかもしれない王位継承者の中で 彼の本当の名前を知るのは彼女だけ。

即座に彼女の救出に動くエルエルフ。

居ても立ってもいられないって顔で走りだすエルエルフくんに激萌え!!(p≧∀≦q)〃

あの視線の動かし方はよかったですわ!

普段 感情を表すことなく、淡々と行動する彼が リーゼロッテのことになると我を忘れ、
感情に任せて行動するのは 非常にそそられます (/∀\*)

いつもは隠してる熱情け出された瞬間ですよね d(≧∀≦*)ok
「リーゼロッテを救いだすことだけ」が彼にとってのてなのでしょうから、それ以外のこと
なんて 簡単に斬り捨てられる。

この直情的で危ういまでの視界の狭さが 堪らなく私をきつけるわけですw

エルエルフくんさえしかったら もはや他はどうでもいいですわ。

ハルトの顔がビックリするくらい乱れていても気にしないwww


ハルトは父親に会い、そして 彼がVVV計画の最高責任者であることを知ります。

ハルトたちは遺伝子とルーンを操作されて生まれてきた子供だったようで、選ばれたわけ
ではなくて、人工的に作られて集められていたんですね。

だからエルエルフくんではどうにもならなかったのかと・・・。

学園の生徒は被験者であると同時に人質だったとは。

ハルトが自分がマギウス化したことを「呪い」だと受け取っているとは逆に 父親はそれを
「祝福」だと捉えていて。

ことごとくハルトの思いとは真逆の父。
ハルトはヴァルヴレイヴを破壊することを改めて決意したようです。

貴生川先生は ハルトの父親のことを知っていたんですね。
そんなことだろうとは思ってましたが。

ま、ハルトの父親に関しては予想範囲内でしたが、主人公の父親としては珍しいくらいの
見事な残念っぷりでしたwww

2時間以内で脱出させなくてはいけない計画でしたが、どうなるんでしょうかね。
一応、ジオールに連れて帰るのでしょうけど。

ヴァルヴレイヴに関しても親子間で揉めそうですし、簡単に脱出できるとは思えなく・・・
エルエルフくんも計画そっちのけで 単独行動に出てしまいましたしね。

当然、エルエルフくんはリーゼロッテさんをモジュール77に連れていくつもりなのでしょうが
あそこに彼女が逃げこんだとして、その先、革命に繋がる活動は可能なんでしょうかね?

残念ながら、今回の作戦は成功するとは思えず・・・。


アードライは 学生たちが置いていった輸送艦を見つけますが 中は空っぽ。
そこから カインはエルエルフが王党派と結託して新たな移動手段を手にしようとしている
可能性を考えます。

さすが抜かりない人です。


サキはアードライくんと上手くやってるようでしたが、次回、元の体に戻ってましたし バレて
しまうようですね。
折角 イイ感じだったのに・・・。

ここで アードラインくんとサキの間に何か生まれないのかしらん。。

 

そういえば、遺伝子操作で子供を生みだすことができる技術があるようですし、200年後の
サキと一緒にいた少年は 遺伝子操作で生まれた可能もありますよね。
ってことは もう誰の子でもいいやwwww

 

エルエルフは警備の者に見つかり ヘリからの攻撃を受けます。
傷つきながらもリーゼロッテのところへ辿りつきます・・・

3年経って二人の身長差がイイ具合にv

彼女を守るための国を手にいれたというエルエルフ。

 「俺にさらわれてくれ」

今度こそ、彼女を救おうとしますが・・・

 

哀しみは雪の降るがごとく

次回、予告がネタばれだよね(><)

エルエルフくん単独だし、突発的な行動だったし、やっぱりリーゼロッテを連れ出すことは
できなかったのでしょうね。

あまりに急なことで無謀だとリーゼロッテが断わっているところに、カインさんが手を回して
エルエルフくんに危険が迫り 仕方なく逃げた・・・ ってところでしょうか?

ヴァルヴレイヴには エルエルフくんしか乗ってない様子でしたもんね。
それに エルエルフくんの表情は とても救出に成功したそれとは思えず。。

なんか いつも心がボロボロになってるエルエルフくん。。( p_q)
彼の心を満たすことが出来るのはリーゼロッテだけだろうに、どうも 幸せになれそうな気が
しません。。

 

やっぱり、ここはハルトなのか・・・。

今回、エルエルフくんが単独で行動を始めたとき、ハルトがそれを理解したところは非常に
よかったですもんねv

次回、エルエルフくんの活躍だけを楽しみに待ちたいと思います!!


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「僕はヴァルヴレイヴを破壊する  これ以上呪いが広がらないよう跡形も無く!」 父親と再会したハルトは〝VVV計画〟の真の目的を知る事に…! そしてリーゼロッテと再会したエルエルフ    冒頭はエルエルフとリーゼロッテの過去のやり取りからでしたが ハルトたちと出会う以前にエルエルフは姫様を連れてドルシアから逃げようとしてたのですね しかし安全な場所なんて無いし自分達の先に...
2013/11/16(土) 22:47:56 | WONDER TIME
革命機ヴァルヴレイヴ 裏切りの烙印 (1) (シルフコミックス)(2013/10/22)漣一弥商品詳細を見る 俺に、さらわれてくれ。 「革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON」第18話の感想です。 リーゼロッテ。 (物語をなぞりつつ、感想など) 再会。 最後のエルエルフさんが格好良すぎて、これはいわれたらさらわれるレベル。 まあ簡単にそこから脱出はできないと思いますが、...
2013/11/17(日) 21:22:08 | 午後に嵐。
革命機ヴァルヴレイヴの第18話を見ました。 第18話 父の願い エルエルフはリーゼロッテを助けるために逃げようとしたものの、逃げた先に何も道はないと断られてしまう。 「ありがとう。今は無理をする時ではありません」 モジュール77が襲撃されるという情報がもたらされ、博物館に展示されたロケットで宇宙へ帰ろうとする。 更に近くには連行されたジオールの人達がおり、彼らを...
2013/11/18(月) 08:26:54 | MAGI☆の日記