アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年12月04日 (水) | 編集 |
さぁ いよいよゲイツに集めた署名を提出することに。
これは ドキドキですわ

これまでの感想はこちら



「5812人がISSの存続に賛成してくれました」

自分たちは ISSを終わらせずにコスト削減だけを考えてきたから 集めたのは存続派
署名だとムッタ。
言っちゃいました!

「冗談じゃない!」
ゲイツはやはり認めてはくれませんでした。。

自分たちのアサインは流れたとしてもISSの存続だけは結果に繋げたかったムッタたち。
これだけ存続を願う声が上がるってことは まだまだISSは必要だと考える人たちが多い
ってことですよね。

なんとか ムッタたちの頑張りや存続を願う人たちの想いが実を結んで欲しいところ。


この先 どうなるかってことで OUTPUT TAVERN って店に入って話をするムッタたち。

飲んでると、店主が声をかけてきて・・・
ここは宇宙飛行士大歓迎、自分はNASA大好き人間だと。
元気のなさそうなムッタたちに新メニューを進めてくれます。

食べたら俯いてなんていられない 激辛バーガーwww
確かに 強烈みたいで。。
ひとりだけ 動じない人がいますけどww

ISSの話を聞いた店主は ISSが過去のモノになっちまったら終わるだろうけど、未来の
モノ
として再生することは十分可能だと言います。

「この店も実は 一度焼けて消滅仕掛けたものを俺が再生させた」

なんとこの店主は 元NASAの職員でゲイツの尊敬する先輩だったんですね。

ムッタたちが帰った後で、16年ぶりの再会。

ゲイツは フラッと懐かしい店に寄ったつもりだったようですが、まさか、そこでパーカーに
会うとはってビックリ。

部下から信頼が厚く、大胆さと軽快さで仕事をこなすパーカーをゲイツは羨ましく思っていた
ようですが、パーカーは部下が企画を途中放棄して失踪したために その責任を負わされ
日陰部署へ移動。

その後、彼は NASAを去ったようで。

その件があってから、ゲイツは彼のようになりたくないと、ミスをしてはいけないと思うように
なったんですね。

あらま。またムッタが関わっていくようですwww


ムッタに「宇宙の何が好きですか?」っていわれた言葉がパーカーの心に引っかかりを残して
居たんでしょうね。

昔の自分を思い出そうとして訪れた店で 先輩パーカーと再会し、ゲイツの中にもあった
宇宙への想い再び蘇って・・・。

ハハハ またムッタが掘り起こしv


時を同じくして、知名度が低いってことで アサインされなかったジョーカーズでしたが、突如
ベティとカルロが注目されることになり、急激に知名度がUP!

これはチャンスだとばかりにバトラー室長は ゲイツのところへもう一度 ジョーカーズを
アサインするよう直談判しにいきます。

すると、ゲイツはもう既に ムッタを切っ掛けにもう一度、自分の中のやりたかったことを
成し遂げよう というい想いが再燃してたものだから あっさりOK。

「勇気をもって期待の新人を登用する」
パーカーの信念をゲイツも継ぐことに。

これには バトラー室長もビックリwwww
すっかり 自分の手柄だと思っているようですがwwww



さぁ これで ムッタのがさらに現実に近づきました!!!
アサインされたことで、シャロン月面天文台の建設が いよいよムッタのミッションに。


が、ISSの方は なかなか難航していて・・・。

ゲイツがコスト削減案と存続賛成派が多数であることからISS廃止の申請を取り消すも 
すでに廃止の方向で委員会を通過してしまっていて。

もっと決定的なコスト削減案がなければ ISSの廃止は止められない。。

あんなにもムッタに非協力的であったゲイツでしたが、今では 独自で削減案を考えるなど
すっかり人が変わってしまったかのように協力的に。

いつもながら ムッタの力ってすごいですね!
ちょっと続き過ぎかとも思いますが(^^;


ムッタは最後のあがきをゲイツに相談します。

“最後の手段”ではあるけれど “最良の手段”でもあるというムッタ。
ムッタが頼ったのは福田さん。

福田さんと直接話をしたゲイツは手ごたえを感じたようで 「後は俺に任せて欲しい」
ムッタに頼もしい返事を!


ムッタの案は 老朽化による故障続きで 修理に割く時間と費用が拡大し 運用の存続が
難しくなったISSを無理なくらせるというもの。

そんなことができるのか!?って思いますが。。


NASAの宇宙飛行士は本来の目的である科学実験を中心に活動し、機械部分の修理
修復作業を民間企業に任せるという案。

これが可能になれば、NASAとしては訓練費の面でかなりのコストダウンとなり、民間が
受け持つ仕事も価格競争になれば、さらにコストダウンが見込めるということでゲイツの
提案を採用。

これによって、福田さんの会社から修理専門のスペシャリストを育て “民間宇宙飛行士”
としてISSへ派遣することに。

早速 JAXAで募集、選考が始まります。

元NASAの宇宙飛行士、ISSの電気系プロジェクトに携わっていた人、航空宇宙工学准教授
航空機の整備士、ISS用メンテナンスロボットの開発に携わっている女性・・・

多くの優秀な人たちが集まり、二次選考まで進み・・・。


そして 福田さんが注目しているのは 面接時、他の誰よりも輝いた目をしていた人。。
 

やっさん!!! キタ━━━━(゚∀゚) ━━━━!!!!

うわぁ!!!
すごいよぉ すごい!!!

福田さんも かっこいいけど、やっさんの再登場にも鳥肌だよ!!!わくわくしたよ♪

情熱がついに実を結びそう!

これは 次巻も楽しみです!!!


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック