アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2013年12月25日 (水) | 編集 |
ずっと 重版出来を “じゅうはんでき”だと思ってましたww

“じゅうはんしゅったい”って読むんですね。。
お恥ずかしい限りwww



出版業界のお話なのですが、コミックスの編集部のお話は「世界一初恋」で だいたいの
知識を仕入れておりますので 目新しくはなかったのですが 美しい男たちがこれでもか!!
ってくらい恋愛を展開してくれるセカコイとは 当然のことながら全く違ってて、これはこれで
リアルで面白かったです!

本当にいるだろうね、こういう人・・・ってもっさいおっさんたちがたくさん登場し、奮闘して
はりますwwww

ま、私としましては美しい男たちが 何だかんだと恋愛してくれてるお話が大好きなモノで
リアルなおっさんたちの むさくるしい生態にはまるで興味はないのですが、これが何と
侮れないのですね。

以前から 面白いらしいという噂は耳にしてたのですが、実際読んでみて納得ですv

スピリッツに連載されてるんですね~~~
学生の頃はよく読んでたわww ← 何年前の話やねんwww

こちらで 試し読みができるようです。

マンガに関わる人々の超骨太人間ドラマ!
ってだけあって、確かに 骨太です!!

すごいリアル感wwww


主人公は 黒沢心。
大学出たての新人の女の子。

が、ただの女の子ではなく、子供の頃から金メダルを獲るためだけに柔道に真剣に取り組ん
できた子。
なよってる娘でも、ただのドジっ子でもないのです!

怪我のためにオリンピックを目指せなくなり就職活動をすることになるのですが、出版への
興味が明確で、なかなか感心させられる子なのです。

見た目は小熊。
耳 ぎょうざ。

でも、掃除のおじさんに扮し、最終面接に来た学生たちの様子を伺う社長に「これは出来る!」
っと思わせてしまうほどの キラリと光るものを持っていてv

体軸がしっかりしていることもさることながら、礼儀正しいし、メンタルが強いし、行動力が
あってとにかく清々しい子なのですwww

「週刊バイブス」って青年コミック誌の編集部に配属されるのですが、先輩編集さんの仕事を
見習いつつ、漫画家の先生たち、書店の店員さんらと関わる中で成長していくわけですね~
そして 彼女が関わった相手の「仕事に対する想い」にも刺激を与えていくという。。


編集部と営業部との本を売るにあたっての確執というか、部数決定会議 通称「部決」
セカコイでもありましたが どこの出版社もバトルになるようです。

漫画家を世に売り出したい編集は お客さんの目に留まるためにはある程度の数が本屋
さんに並ぶことが必要であるため、出来る限り初版発行数を上げたい。

対する営業は、極力赤字は抑えたいから、確実に売れるとわかっている数字以上は絶対に
部数を刷りたくなくて・・・

両者譲らず・・・ って この辺の裏事情も面白いのですよね。


心は一つの作品を通し、「本を売る」ということが、どれだけ多くの人の人生に影響を与える
ことになるのかを知ります。

心の人並み外れたパワー素直に真っ直ぐ突き進んで行く姿は 非常に心地よいですv

彼女のヤル気が漲る姿勢は 先輩の営業社員や編集者に影響を与えるだけでなく、自信を
失くした漫画家さんを勇気づけたり、仕事への情熱を復活させたりと頼もしい限り。

だけど、彼女の強さは 決して特別なモノじゃなくて、彼女が柔道を通し辛い稽古にも耐え、
何度も挫折を味わいながらも 情熱を失わずに戦い続けた
結果 身に付けたもの。

自分の仕事に対し、常に真摯に向き合い頑張る彼女の姿勢は 出版業界だけでなく、どんな
職場であっても大事なことだし、読んでる者も影響を受けずにはいられないでしょうね。

彼女のバイタリティは 周りの人たちをグイグイ引きこんで みんなのヤル気を引き出し、仕事がしやすい環境へと変化させていきます。

なかなかこんな娘はいないだろうけど、自分の職場にも欲しいと思わせる娘ですよね!!


どの話も 出来過ぎなくらい素敵な展開ですが、私が一番 グッと来たのは「シンデレラの夜」
最初、タイトルの意味が???だったのですが・・・。

製版所で働く及川さん。
DTPのオペレーターを始めて5年。
生原稿をスキャンしデータ化して、ネームを画稿と合体させ校了紙にするお仕事をしてます。
彼女は この仕事が大好き。

でも 世間一般と就業時間がズレるし、この仕事のおかげでこれまで何度も婚期を逃して
きてて・・・。
やっと仕事に理解のある男性と付き合うことが出来、順調に交際を進めるも、折角の大事な
デートの日に急に仕事が入り またもやドタキャン。。

いつも恋よりも仕事を選んで、今回もまたダメになるのかもとがっくり。
自分の代わりなんていくらでもいるし、頑張っても報われない仕事に一人凹んで・・・。

でも、心が絶対に間に合わせると必死に届けた原稿を受け取り 中を確認すると・・・

漫画家さんの生原稿から溢れ出る瑞々しいエネルギーが飛びこんできて!

「この感動を裏切れないの」

原稿をスキャナーにかけると、彼女の動きがキレを増す!!!

及川さんの頑張りによりギリギリ間に合い 心は印刷所へ。
心の笑顔と感謝の言葉で疲れも吹っ飛ぶ及川さん。

今回の恋もダメかもと諦めかけますが、理解ある彼はケーキを持って彼女の帰りを待って
いてくれたのでした!!

その日は 彼女の誕生日だったからデートに誘った彼でしたが、その場でプロポーズをしたかったんですね。

だから 彼はどうしてもその日のうちに会いたかったわけですが、彼女が負担に思わない
ように漫画を読んで時間を潰していたから平気だと。。

実際、彼はとても及川さんの仕事に理解がありますよね。 
待っていてくれた彼の姿を見つけると嬉し涙を流す及川さん。
思わず、自分からプロポーズしちゃいましたwww

彼女の涙には 私も感動でしたよ。。

これまでは彼女が仕事を頑張りそちらを優先すれば離れていくような男ばかりだったけど、
今度の彼氏は 彼女が頑張る姿を応援してくれて・・・

なんて器の大きい彼氏なんでしょう!!!

こういう男こそが カッコいいのですわ。。
同等の立場で恋愛してこそですよね。

女性の仕事への理解のない男は ちっちゃ~~~ですよwww

もちろん、イケメンに越したことはないのですが、やはり結婚するとなると、こういう理解が
あるかないかはとても重要なこと。

彼女自身をみてくれているかどうかが大切ですよね。

及川さんにいい人が見つかってよかったですv


あと、他にも、「漫画で救われた読者もいれば、漫画家さんは読者で救われることもある」
ってお話も素敵だなっと思いましたね。

一つ一つのお話が読む者を幸せにしてくれて これは今後の展開が楽しみな作品です!

ぜひぜひおススメ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック