アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年01月30日 (木) | 編集 |

原画集を優先してしまったので 新刊の感想が遅くなってしまいました(^^;

いやいやいやいや、18巻の坊ちゃん 美し過ぎる。。

黒執事(18)

黒執事(18)
著者:枢やな
価格:590円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

これ、GFでもう少しデカいイラストを先にみてましたけど、とにかく美麗過ぎてため息しか
出てきませんよ(*´ο`*)=3  

学園の制服であるネクタイ姿の坊ちゃんはこれで見納めでしょうかね。
しばらくは無いと思われ・・・

学園内なので眼帯は医療用のものですが、これがいつもの黒の眼帯だったら まさに殺し屋
の雰囲気ですよね。。

悪の貴族そのものだわ・・・

で、カバー下は・・・ 一転 巫女さんのようでww
一応、宮司さんだってやなセンセは主張されてますが、あの袴の高さとかリボン結びとか
巫女さんでいいよね~♪

うん、坊ちゃんは巫女さんでイイと思うww

カバー下では黒の眼帯で 清いんだか黒いんだかwww
そして、天狗に扮するセバさんが妙にしっくりしてるのが素敵ww


では 本編感想いきま~す。

本誌掲載時の感想はこちらです。

月号  9月号  10月号 11月号  12月号



17巻の感想はこちらです。

本誌感想の時にも書いてますが、葬儀屋さんのネクタイ姿ってのも貴重ですよね!
これは坊ちゃん以上に今後もなさそうな気がするのですが。。

明かされたデリックの謎、そしてP4が隠していた事件、裏に潜んでいたのは葬儀屋で
アガレス先生は動く死体だった。

一気に真相が判明。

そんな中、人を殺しておいて 自分を正当化しているP4を理解できないと言う坊ちゃん。

とりあえず、P4の処置は女王に任せることにし、葬儀屋の目的を探りますが・・・
「死者を蘇らせて 定められた終わりの先をみる」というのが最終目的のようですが 今は
そのための方法を模索しているようで。

未来を渇望する欠片を素材として取り出し、それを繋ぎ合わせ未来予想図を作り、走馬灯に
ぐ・・・

そうすれば 限りなく人間に近い動く死体が完成するとの考え。

悪魔と葬儀屋では
人間は最高に悲劇的で、最高に滑稽で、最高に面白いという点では意見が合ったものの

“死”とは絶望的で 絶対的な“終わり”があるから美しい
と考える悪魔と
“終わり”の先が見たいという葬儀屋とでは そこは気が合わないようです。

坊ちゃんに葬儀屋を捕まえろと命令されたセバさんでしたが、坊ちゃんの命の方が危ないと
判断するや、坊ちゃんを守るために葬儀屋を逃がしてしまうことに。

命令違反だと怒る坊ちゃんに 契約上、最優先されるのは契約者の命

「せっかく育ててきたのに 掠め取られてはたまらない」
悪魔顔を覗かせるセバさん。

まるで アニメ2期で坊ちゃんの魂を寸でのところで奪われた悔しさを覚えているかのようw

血まみれの月下美人が 事件の悲惨さを象徴してますね。。

後日、女王の元へ 事件の真相を報告にいく坊ちゃん。
女王は動く死体の話を怖いと言いながらも、坊ちゃんが帰った後で、怪物を味方につけること
を望んでいるかのような表情を見せ・・・

絶対、この女王はですよね。。

パパンを消すように指示を出したのはこの人に違いないと私は思ってる。。 

新章との繋ぎは いつもの和やかファントムハイヴ邸の日常。

そこにソーマやアグニも現れて、どうしてソーマだけがクリケット大会の時、元気だったのかが
判明w

ソーマには叱られてしまいましたが 主思いのアグニです。
勝手にセバスが優しいと勘違いしているところも相変わらずイイ人だわww

お仕事のついでに 使用人'sの買い物をして回る坊ちゃん。
何度見ても メイリンがドアップでみたセバさんの超絶美人顔れ (*/-\*)

睫毛長い(≧∇≦)

セバさんは 外出ついでにサマセットハウスで依頼の品を受け取り。
葬儀屋さんの遺髪入れについて調べていたようで。

調査の結果、7人に共通点はなかったものの、一人だけ坊ちゃんの関係者の名前が!
それは クローディア・ファントムハイヴ 坊ちゃんのおばあさま。

やっぱりね って感じですよね。

遺髪入れを「小生の宝物だと本当に大事そうな顔をみせてた葬儀屋さん。

葬儀屋さんとファントムハイヴとの関係は?

セバさんには「君なら伯爵を守ってくれると思ってたよ」っと言ってましたが、何から守るのか?

ま、葬儀屋さん自身が攻撃してるようなものですから、彼から守るってことでもあるでしょうが
葬儀屋さんは坊ちゃんに危害を加えるというよりも、何かから守りたいような感じですよね。

何から守るというのでしょうかね?

今のところは 怪しいのは女王。
他に、今現在で敵対してるような関係は死神。


さて、ここからは新章。

ドイツで起こった不可解な事件の調査に出かける坊ちゃん御一行。
珍しく、使用人たちも連れていき・・・。

フィニがドイツ語が話せることが判明。

健康な者が突然異形の姿へ変わり絶命。
死亡者には共通点があり、みんな「人狼の森」と呼ばれる森に足を踏み入れていて・・・。

現地調査を行おうとする坊ちゃんでしたが、馬車を出す者は無く・・・。
仕方なく、馬車を調達し自分たちで森へ出向くことに。

森に入ると なんと 村人たちは女性ばかりで 何百年の前の服装をしていて・・・

いきなり侵入者である坊ちゃん達を取り囲むと殺そうとしてきます。
すると 領主であるという幼女が従者に抱かれてやってきて・・・

今回はまた これまで以上にヤバそうな事件のようです(><)

顔がボコボコとかエグイ。。

謎だらけの村なのですが・・・

この後が 大変なのですよね。

ホント、今、本誌で坊ちゃんもセバさんも大ピンチ!!

今までにないくらいの動揺ですよ。。

この先のネタばれOKな方は 1月号の感想をどうぞ。 2月号感想
御一緒にGF購入者になりましょうv

もう 早く来月の3月号読まないと 落ち着きませんよ。。
読んでも落ち着かないかもですけど。

ドイツに来たらディーに会える♪って 絶対楽しい新章になると思っていたのに 今のところ
それどころじゃ全くないです。。

何とか乗り越えて パパンとディーの昔話に早く辿り付いて欲しいものです。
でも まだ当分無理でしょうね(><)

うう。。
坊ちゃん・・・。

セバさん、早く何とかして!!!

っと ドキドキの展開なのですが、恒例の趣味の修正箇所探しまいります♪
台詞の改行や漢字訂正と大幅なトーン追加でないものは省きます。


その執事、賛同

P6 P4の表情にトーンが追加され、より怪しげな雰囲気に
P7 P4の僅かに開いていた口が閉じられ、表情も若干修正
   より意志をはっきりさせたってことでしょうか。
P12,13 デリックの背景追加 よりぽわ~~んとした感じに。
P18,22 顔や背景にトーン追加でろうそくの明かりが強調


その執事、想像

P45 坊ちゃんの顔にトーン追加で よりダークな表情になってるww
P46 坊ちゃんの背景が黒に
P54 セバさんの顔がより険しく
P56,58,61 表情にトーン追加、背景追加
P78,79 背景、椅子にトーン追加
P80 鍋とかトーン追加でかっこよく
P81 背景にトーン追加、女王の顔にトーン追加でダーク感UP
P81,82 女王の衣装がゴージャスに


その執事、滑走

P91 上着を着ていたセバさんが ちゃんと脱いでるww そっか気がつかなかったわ。
P107 セバさんの顔が修正 よりお伺いの顔に
P108,109,110 馬車の中とジュエリーにトーン追加でゴージャスに
P112 乙女の商品がよりキラキラ 以下商品のユニコーンの白黒が反転
P113 リジーとセバスにトーン追加
P114~116 馬車にトーン追加
P121,122,124 お嬢様方のドレスがゴージャスに


その執事、車上

P132 狐の背景 追加
P134,135 背景追加
P137 馬の鞍が豪華に 以下人物の顔とか影にトーン追加

その執事、探訪

修正見つかりませんでした

相変わらず、先生の拘りが凄い。

今回は細かい顔の表情の修正とかありましたけど、一番の驚きはセバさんが上着を着てなかったシーンで 着てるコマが本誌の方にあって、それに全く私 気付かなかったことですわ。

コミックスでは修正されてましたけど、見比べるまで気付かないなんて(><)

まだまだ 未熟な私ww

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック