アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年03月25日 (火) | 編集 |

面白かったです!!
こういうの好きだわぁ~
必殺技とかが出て来てオイオイ、何のスポーツだよ??
ってな展開ではなく、ベタで王道だけどストーリーの面白さとキャラでせて
くれるという。

こちらで試し読みできます。
マガメガ

週刊少年マガジンに連載なんですね。
我が家はマガジン系にもかなりお世話になってますねwww
週刊少年マガジンでは感想書いてるのは「ベイビーステップ」だけですが、単行本で
かなり読んでますわww

現在連載中の作品だと、
はじめの一歩
フェアリーテイル
生徒会役員共
アホガール
七つの大罪
アゲイン!!
聲の形
あたりかなぁ~

特に「七つの大罪」は面白いと思ってます。
コレはおススメ。

DAYS(1)

DAYS(1)
著者:安田剛士
価格:450円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


嵐の夜、ふたりの少年が出会った。
何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・
柄本つくし。
孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが
出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の
物語が幕を開ける!!


サッカーを全くやったことが無い上に、運動神経が悪く、中学時代もいじめの
対象になってしまうような主人公が、名門校のサッカー部に入り成長して行く
って話のようです。
まぁハッキリ言ってあり得ないようなサクセスストーリーではあるものの、才能が
まるでないところから努力して頑張って這い上がっていく姿は応援したくなると
いうもの。

実際、名門校でそんな簡単にいくわけはないのですが、そこはマンガだからね。
主人公補正でいいかと。

とにかく、自分に才能も資質もまるでないことが分かってる主人公が 初めて部活
というモノを経験し、苦しいけどみんなと一緒にサッカーをすることが楽しくて必死に
くらいついていくのですが
主人公がどうこよりも、そこかしこにギャグがあり、またイケメンぞろいで周りのキャラが
カッコいいことに釣られて読んでる私。

この方の絵は前から嫌いじゃなかったのですが、線が綺麗になってよりみに。
とくに 風間くんですよね。
彼の顔大好き!!!
金髪ってのと巨乳好きってのがちょっと残念なのですが、あと15歳ってのもねww

しか~し ストーリーそっちのけで彼の顔に見れてますwww
彼の顔はしい!!
見た目はチャライですがいい奴です。
ちょっとサッカーというか部活舐めてますが、そこはちゃんと才能があれど
努力を怠っていたツケってのを払うことになるようです。

簡単に主人公チームが勝ち進んで行くわけじゃないところもイイです。
挫折を味わいながら前に進んで行く。
これじゃなくちゃ成長ってのは嘘臭いww

とはいえ、主人公のつくしくんはまだひたすら走ってるだけです。
試合に出してもらってコートの中にいるものの何の役にも立たず。
メンタル面では光るものがあるようですが、それだけではこの先アカンでしょうw
やっぱり技術があってこそのスポーツなのでそこらあたりはコレから補っていくのだと
思われます。
回りが上手いから何とかなってはいますが、天才と言われてる風間くんもやっぱり
資質だけでは早々簡単に勝てるもんじゃないようで。
天才といえどやはり練習大事。
大体、勝ち進んで行くチームなんてのは元から才能のある子たちの集まりで、その上で
努力し続けチャンスをものにした子だけが残るものですもん。

普通に考えればこの時点でド素人が入り込む余地なんてないのですが ドキュメンタリー
ではなく夢を描くマンガですから、そこは楽しませてもらいましょう。

つくしのところは母子家庭で生活は決して楽じゃなく、その上、お母さんは車椅子生活
なんだけど一人でしっかりとつくしを育て上げてるのがカッコいいですわ。
強いとこだけをみせてるわけじゃなく、自然体で接し息子を支えているとこが素敵です。
つくしもお母さんを楽させてあげたいと思うも、今は自分がやりたいにことに熱中する
のを応援してくれるお母さんに感謝しつつ頑張っていて。。

お母さんが「男の子はそうやって成長していくんだ」てしみじみとつくしの成長を噛みしめ
喜ぶところは同じ親としてジーンときますわ。

ライバル校にもなかなか面白いキャラがいて、こちらは別作品の主要人物のようです。
先にストーリーがあったってことも作品に深みをもたせてくれてますね。
こちらの作品もぜひ読んでみたいと思います。

とにかくイケメンくんたちが非常に私好みですし、続きを読むのが楽しみです。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック