FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2014年04月07日 (月) | 編集 |

いやいやいや 良かったですわ!!!
何が良かったって、動き!!

どうしてもマンガだとスパイク一つにしても一つの動作を一連の動きで見ることが
できなくて、いつもジャンプして「今から打つよ」ってポーズばっかりの描写に単調
さを感じずにはいられなかったのですよね。

ところが、さすがアニメだと助走から踏み切ってジャンプに入って上体を引きあげて
って一連の動作までちゃんと見ることができるんですよね!!
すごくスッキリするwwww

そしてスパイクを打つフォームも綺麗だし、ボールの描写もいいし!!
作画が良すぎて感動しましたよ!

特にトスのところも、セットアップからボールがセッターの指を離れるところの描写が
良かったですわ!
アタッカーが速攻に入るタイミングとかも、ちょい遅いとかドンピシャリとかちゃんと
わかるし。
それに、レシーブの時の動きもく良かった!!
ボールを上げる瞬間のレシーバーとボールの感じとかもうノ―ストレス!!

なんじゃこりゃ!!!
予想以上じゃねえか!!!!

って思わず嬉しさのあまり絶叫wwww(/∀\*)
黒子のバスケも確かに凄いと思いましたよ!
でも、あれはバスケの動きを超えた超バスケでしたよね(^^;
今回のそれは まさに正真正銘のバレーボールの動きでした!!

いよ、IGさん!!
IGさんで良かったよ!!!ありがとう!!
サーブとかも なんか見ててワクワクしました!
これは原作を知っていてもぜひぜひアニメを見たいと思わせてくれる出来です!

ストーリーの方は原作既読なんで、そうそう最初はそうだったよね~
って感じではありましたけど、テンポがよかったので見やすかったです。
中学時代のところはかなりザクザク進行でしたけど、描くポイントはしっかりと押さえて
くれてました。

ただ、もちろん原作通りなのですが、ママさんバレーのママさんたちを甘く見てるなとw
実際、全国に出ていくようなチームはママさんであれど凄いんですよ!?
まぁ、日向がお世話になったチームはそれほどでもないチームだったってことなので
しょうけど。。
確かにあんな体型の方もいますしwwww
ただし、ほとんどの人はあんなではないですwww

それと、中学とはいえ全国に出るようなチームと俄かに結成したチームではもっと
点差が開いてていいのではと。
今時の子たちのサーブの威力は凄いから大して練習もしてないような子がレシーブ
出来るわけもなく。。
一人のサーブでセットが終わってしまうくらいの差が開くと思うのですわ。
だから、原作の時も思ったんですが、25対0でもおかしくないくらい。
ここだけは黒バスじゃありませんが、一方的になるんじゃないかと。

でも、それは本来の状態であればということで、実は北川第一のミスで7点も点が入った
ってところが問題なんですよね。
つまり北川第一は速攻が合わなかったとか、あり得ないミスをしてたってことですもんね。
あんな素人チーム相手に7点も取られてたことがヤバいことだったという。。
コレが今後の伏線になっていくわけですけどもv

それにしても日向のジャンプは気持ち良かったです。
実際160センチそこそこの選手がデカイ選手と対等に戦うには類まれな跳躍力がなけ
れば到底無理なのですが、日向のは正にそれ。
ブロック3枚付かれたときの日向の足の位置がブロカーたちのかなり上ですもんね。
ちょっとブロッカーも手を抜いたジャンプしてるよねって感じではありますが(^^;

それでも渾身の力で打った日向のスパイクはあっさりとブロックされてしまうのですよね。
無情だわ・・・( p_q)
どれだけ跳躍力が優れていようと勝ちたい気持ちが強かろうと、これが現実

見せた方いいです。
テンポも良ければ演出もイイ!

日向はどうしてもう負けは目に見えているのに怪我をも恐れず、諦めずにボールを追う
のかと問われ
「まだ負けてないよ」
日向のセリフがイイ感じに入りました!
日向にとっては まだ負けが決まったわけじゃないんだから全力でボールを追うことは
当然のことで、絶対に最後まで気を抜かない。

一方、敵側とはいえ、影山(以下、飛ちゃん)も思いは同じ。
点差をつけて勝っていたとしてもボールに対して執着心をみせない気の抜けたプレイは
例えチームメイトであっても許せない。
勝ちに拘る強い気持ちボールへの執着心が彼が欲してるものなんですよね。
それをチームメイトにも要求
そして、何よりチームメイトに要求するのは自分の上げたトスに反応出来る身体能力。

それらを全て見せてきたのはまるで素人チームの日向。
飛ちゃんも、下手くそチームだとはいえ日向のことが気にならないわけがなく・・・。

最後のトスミスからのアタックも跳躍力だけでなく、瞬発力もずば抜けていることをしっかり
せてくれましたねv
ここの動きもよかったですわ!!ちょっとあり得ない動きではありますが(^^;
ま、これくらいは勘弁して。。
飛ちゃんの驚き様も嬉しいですね♪

試合後、体育館の外で再び出会った二人。
って本来、勝ち進んだチームは最後まで残ってますが、早々に負けちゃったチームは
すでに帰ってると思うんですが、きっと日向はいろんなチームの試合を見ていたんでしょう。

飛ちゃんの姿を見つけた日向は
「お前がコートに君臨する王様なら・・・
そいつを倒して俺が一番長くコートに残ってやる!」
っと宣戦布告。

飛ちゃんも「強くなってみろよ」と応戦。

さぁ この二人のライバル関係はここにスタートしました。
高校へ入ってから日向はきっとバレー部に入り一段と熱心に練習し、必ず飛ちゃんと
再戦することになるのでしょう。
そして 次こそは仲間とともに勝利を手に・・・

って流れがスポーツモノのお約束だと思うのですが、なんと絶対に倒すと心に決めて
いた相手が同じ高校にいたwwwww
これは原作読んでる時も笑いましたわwww
うっそ~~~!!!って思いましたもん。

でも、これがいいんですわwwww o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン
ライバルがチームメイトwwww

いやいやいやOPもなかなかよかったですが、EDがいいですね~
この作品の良さをしっかりと出してくれてます。
こんなに見ていてノ―ストレスの動きになるとは正直思ってもみませんでしたし、
これは予想外の出来でした!

アニメ化でキャラもより一層活きてきそうですし、かなり期待できそうです!
当然、視聴は間違いなしですし、出来る限り感想も入れていきたいなと思いますv
次回も楽しみ!!

 

ハイキュー!!(10)

ハイキュー!!(10)
著者:古舘春一
価格:432円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
頂きの景色。 一人では無いのなら、そこは必ず・・・! 「終わりと始まり」 あらすじは公式からです。 ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。 中学3年になった日向は、部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いでメンバーを集め、 最初で最後の公式戦に出場する。 しかしその前に、「コート上の王様」と異名を取る天才プレーヤー・影山飛雄が立ち...
2014/04/07(月) 15:06:32 | おぼろ二次元日記2
ハイキュー!!の第1話を見ました。 第1話 終わりと始まり TVで見た小さな巨人と呼ばれる烏野高校のバレーボール選手を見たことで、バレーボールに魅せられた少年・日向翔陽は中学3年生の時、部員がいない逆風にも負けず、友達を助っ人として集め、最初で最後の公式戦に出場する。 だが、北側第一の「コート上の王様」と呼ばれる天才・影山飛雄に惨敗する。 「お前は3年間、何やってたん...
2014/04/08(火) 07:05:11 | MAGI☆の日記
ハイキュー!!第1話 「終わりと始まり」「まだ、負けてないよ」今期アニメ第2弾です。あらすじは コチラ恒例のキャスト貼り日向翔陽:村瀬歩影山飛雄:石川界人澤村大地:日野聡菅...
2014/04/11(金) 02:23:46 | SOLILOQUY
ハイキュー!! 第1話 「終わりと始まり」 「まだ、負けてないよ」 今期アニメ第2弾です。 あらすじ(ウィキより)各話のあらすじは コチラからどうぞ バレーボールで「小さな巨人」を目指す日向翔陽は、中学最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」と呼ばれる天才・影山飛雄に惨敗する。しかし新たな目標を見つけた日向は、影山にリベンジするべく、烏野高校で引き続きバレ...
2014/04/11(金) 02:23:47 | SOLILOQUY 2
ハイキュー!! 第1話 「終わりと始まり」
2014/04/11(金) 02:23:56 | SOLILOQUY別館