アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年05月18日 (日) | 編集 |

坊ちゃん もうそろそろ浮上してきてくだしゃい。。
あなたの執事が相手にしてもらえずショボ暮れてますww

 

先月号の感想はこちら

すれ違う過去(イマ)と現在(今)ってことで坊ちゃんとセバさんが背中合わせで
意味深な扉絵になってます。

坊ちゃんの変わりようをバルドは瘴気のせいだと思っているようですが・・・
ま、実際そうなのでしょうが、坊ちゃんの場合、過去の自分に戻ってしまってる感じ?
もう一度ショックを与えて見ようかというセバさんにタナカさんはあくまでそっと見守って
差し上げるべきだと。。
坊ちゃんはきっと葛藤されているはずだからと・・・

う~~~ん タナカさん読んでる。

ヴォルフラムは今夜は村の集会があるとサリヴァンを連れて出かけます。
村の集会ではやはり人狼は余所者でしかも男を村へ引き入れたことを怒っているのでは
ないかということになり、村人たちはこれ以上被害が出ないよう坊ちゃんたちを追放する
ことを懇願してきます。

サリヴァンに人狼の怒りを収めるには究極魔法を完成することだと迫るおばばさん。
仕方なく、サリヴァンは明日中に坊ちゃんたちに出て行ってもらうことを村人に約束します。
その様子を眺めながら「俺は‘緑の魔女’の執事」だというヴォルフラム。
「そういう決まりだ」っていうのは何を意味してるのでしょうね。

ヴォルフラムたちが留守の間に潜入捜査に出かけていたオスカーが特ダネを持って帰って
きました。
人狼がこの屋敷の地下にいて、サリヴァンは人狼に囲まれて「何か」をしていたと。
何かってなんだよって訊かれて「いろいろだよ」って答えるオスカーがwww

サリヴァンと人狼がグルだということが判明しましたが、人狼が人を襲うことに対しては
サリヴァンは不本意に思っているようで・・・
隠し扉には護符がついていて、侵入者を知らせる仕掛けが施されているためセバさんは
別の方法を使って潜入を試みます。

って単に他の場所からレンガを外して潜入するという力技でしたwww
悪魔だし、するっと抜けちゃうのかな~~って思ったんですけどねwww
一応、今は執事だし、坊ちゃんの命令が無い限り人間らしく振る舞ってるのかしらん。

ひとっ飛びで地下まで降りるとサリヴァンが究極魔法を発動するために何やらやっていた
という場所へ。
書かれているのは魔女が使う「テーベ文字」
随分と懐かしいと言うセバさん。
昔、それで呼び出されてんだりしてたんでしょうかねww
サリヴァンの魔法の杖は方解石の一種ってことで、カルサイトを使ってるようですね。

O・・・P・・・F・・・C・・・H・・・
文字を読み進めるセバさん。
「これはもしやーーーーー」

何か気付いたようです。

上ではヴォルフラムたちが戻っていて食事の支度を開始。
セバさんの言い付け通りに時間稼ぎをしようとしますが、言葉も通じずあたふたする
バルド&メイリン。
っと、オスカーがいきなりお世話係の村娘のおっぱいの谷間へ潜入

あっ!?や・・・っ だっだめ そこは・・・っ

ってことになるのですが、セバさんがやってきてオスカーをズルッと引き抜きます。
その勢いで感じまくってしまった村娘(名前忘れた)に
「当家の使用人が失礼致しました」
ここの場面はぜひ、本誌にてご確認くださいw
やな先生女体にノリノリのご様子ww

オスカーはシャーッって何か言いたげ。
取りあえずオスカーは頭を冷やした方がいいってことでスネークも連れ外へ出る
セバさん。
オスカーはエミリーにサイテーって軽蔑されてしまいますが、オスカーとしては
パフパフしたくて巻き付いたのではなく匂いを嗅ぐためだったと主張!
が、本当にそうか!?
巻き付いたというより侵入だよww

今回の見どころは カッ シャーッ ってこの二匹のやり取りwww

あの女 人狼の匂いがする!

「ほう・・・そうでしたか ということはやはり・・・」
オスカーの報告に、やっぱりとセバさん。

っとそこへ「お話中失礼します」

突然、馬が!!
「陛下からのお手紙をお届に上がりました」
女王の馬丁であるジョン・ブラウンさん登場。
お馬さんのお目目が前を向いていて可愛い。

実はセバさんは森で採取した植物を女王のところへ送り解析依頼をしていたよう
なのです。
その結果を見た女王はかなりいてましたね。

「大変だわ」ってうろたえる女王を宥める役がジョン・ブラウンさん。
アルバート人形を使って女王を落ち着かせるという特技を持ってるようですw
女王さま・・・得体の知れない人です。

「素敵な世界を作るため 怖い狼さんは 早く猟師に退治してもらわなくちゃ」
な事を言いながら手紙を書いてました。
その手紙は番犬宛なのか、それとも??

猟師ってのは誰のことなんでしょうね?
番犬とは別に女王には裏社会で動かしてるがまだあるってことっぽいですよね。
アニメ2期のトランシー家のように。。

私はずっとパパンは女王に消されたのだと予想してるのですが、この‘猟師’の存在が
非常に気になります。
やなセンセは意外な人を配置しそうで、もしやディーだったりしたら凄く辛いのですが
それもまた面白いと感じてしまう私(*/-\*)

そして、今回坊ちゃんはの中で葛藤してます。
チェス盤の上に二人の坊ちゃん。
一人は左目に契約印が。。

契約印のない方の坊ちゃんはとても勝気そう。。
「らしくないね お前が立ち止まるなんて」
契約印あり坊ちゃんは「真っ暗で何も見えず怖いんだ」と答えます。

「じゃあ何故 いつまでもそこにいるの?」
契約印なし坊ちゃんが切り込んできます。
お前のことならなんでもわかる。
「本当は傍にある‘罪の証’を直視するのが怖いんだ」

罪の証ってセバさんのこと??
でも、何かに迷い葛藤する契約印あり坊ちゃんの辛そうな顔を見ると無し坊ちゃんは
「ごめん 意地悪なことを言ったね そんな顔をするくらいならずっとここにいればいい」

その言葉を聞いてもまだ答えが出せず迷う契約印あり坊ちゃん。
「ここにいればもう辛いことはないだろう?」

「でも僕は・・・ッ」

葛藤する契約印あり坊ちゃんに無し坊ちゃんは
「わかったよ 好きなだけ悩むといい」

この心の中の様子もアニメ2期のアロイスと坊ちゃんみたいですよね。
一人の身体に二つの魂?
あのアニメ2期も本編に関連するような内容が盛り込まれていたってことだった
んでしょうかね。
1期ではパパンとママンの肉体がツギハギになったりしてましたしね。

もっと進んで全貌が明らかになると繋がってくるのかもしれませんが、それは
知りたいような知りたくないような・・・(><)

でも、そろそろ坊ちゃんには復活して欲しいです。。
セバさんもいつもの坊ちゃんがいなくてショボンヌですが、私も二人の絡みが
みられなくてショボンヌです。。


そうそう昨晩というか今朝?
やな先生のつなびぃで強烈萌え爆弾が投下されましたね (p≧∀≦q)〃
半裸セバさんにエロ燕尾セバさん。
そしてスケルトン坊ちゃんも!

まさかご本家でこんなご馳走がだされる日がこようとは・・・(*´д`)ハァハァ 

やな先生

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック