アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年06月12日 (木) | 編集 |
ついに完結ですね。
寂しいわ。。
いよいよ立人編。

これまでの 特別編感想はこちら 特別編1  特別編2  特別編3  特別編4

花咲ける青少年特別編(5)

花咲ける青少年特別編(5)
著者:樹なつみ
価格:810円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



スーパーHITロマンス、ついにグランドフィナーレ!!
立人の復帰を望む倣グループや、ハリーの会社の乗っ取りを企む若き野心家
“バラクーダ”グリークの接近。
花鹿と立人、二人だけの穏やかな時間は終わりを迎え、立人は再び苛烈な
闘いの舞台へ!!
果たして二人の未来は…!?
立人編「STRAY SHEEP」を全編収録。

私多分、毎回書いてると思うんですが、黒髪、切れ眼イケメン大好き!!
ホント立人、っぽいわ。。 (*/-\*)
ゾクゾクするっていうか、とにかくたまらん!!!(*´д`)ハァハァ

今回は完結編ってこともあって、今後の立人の身の振り方がはっきりと示されました。
ま、きっとこうなるだろうなって予想通りで。
花鹿の父・ハリーの依頼を受け、正式にバーンズワース財団の会長職に就くことに。
うん、うん。
立人がずっと隠居生活だなんてもったいないよね。
ハリーが築き上げたバーンズワースを立人が継がないなんて手はないよ。

花鹿のことは抜きにしても立人の有能さを誰よりもハリーは買ってるし、ハリーの予想
以上に立人は成長してみせたし、元々立人の父に後見を依頼されてたこともあるしで。

倣家の総帥だった時は、他所のお家を継ぐなんてことはあり得なかったけど、それも自ら
手放した立人には 何の障害もなくなったばかりではなく、継げば良いことだらけv
花鹿のことにしても立人がバーンズワースに関わることで結果的には守ってあげられる
ことになるんだろうしね。
やっぱりお金には困らないとはいえ、ある程度の社会的な力を持つと持たないとでは・・・
ま、ユージィンのような生活もありっちゃーありだとは思いますけどね(^^;

なかなか踏ん切りがつかなかった立人でしたが、ハリーの健康状態がすぐれないことと
その時期にキャピタル石油乗っ取りの話が浮上してきたために一役買うことに。
ハリーの秘書ライアンの部下で第2秘書の肩書であったはずなのにあっという間に立場
逆転でライアンを使ってますww
そりゃそうだわね、立人だもん♪
ライアンだって立人を使うなんて落ち着かないよねwww
いきなり「立人さま」って呼んでるくらいだしwww
無理無理w

以前に比べ優しい表情が増えたとはいえ、ビジネスモードに切り替わったときの立人の
クールさにれますね(/ω\*)
やっぱり立人はこうでなくちゃね!!
花鹿といるときの柔和な表情の立人も素敵ですが(エロくて)、相手を射るような鋭い
眼差しの立人も素敵です(エロくて)
ま、取りあえず何をやってくれちゃってもかってことですわね d(≧∀≦*)ok!
立人パパンと一緒だよ!

そして4年ぶりに倣家に顔をみせた立人もよかったですね。
物腰は柔らかだとはいえ、今度は上から目線で威圧感半端なく・・・
しかも誰よりもしい!!
これじゃみんながやっぱり総帥には立人こそ相応しいって思っちゃいますよね。
立人さえいてくれたら安泰だ!って。
思うよ、思う。
立人が総帥をしてた頃の倣家には勢いがあったのに、今は弱体化してるってこと
ですし。

なんでまた倣家には立人のような人物が他に出てこなかったんでしょうねwww
母親だけの違いとしても倣家の方たちが気の毒で(^^;
あの妖艶にして強烈な異彩を放つ立人は特別な存在だったとしても(パパンも)
少しくらい立人劣化版くらいがいても良さ気なのにwww
紛い物でも何とか使えそうなくらいの才と上昇思考の持ち主がいたら立人も安心して
倣家を任せて婿入り出来るのに。

倣家の人らも今後いろいろ考えてやってくのでしょうが、立人がバーンズワースを継ぐ
ことになれば、多少なりとも力添えはもらえてラッキーかもですがw

取りあえずはみなさん、収まるところに収まった感じ?
曹もまた立人の元に戻ってきましたし。
彼も立人が好き過ぎてやりすぎちゃっただけの人だから、これからはまた立人の下で
モリモリ働くことでしょうね。
よかった、よかったv

今回は立人が身の振り方を決断する話だった割に、彼自身の内面の葛藤がほとんど
描写される場面がなくてちょっと寂しかったのですが、その分は表情とか他の人の言葉で
補完される形になってました。
それでも十分伝わってはくるんですが、私、立人が悩むところ好きなんでちょっとそこだけ
はちょっとモノ足りなかったかなとwwww

以前のように花鹿のことで苦しむ必要もなくなってますし、倣家のことも今更彼にはどうする
こともできないことですし、ハリーの申し入れを受けるかどうかも立人のことだからある程度
考えていたことでしょうから葛藤するほどのことでもなかったのかもですけどね(^^;

いつ決断するかとか、タイミングだけの問題だったのでしょうね。
花鹿と離れるといってもあの人たちの移動手段はセレブさんですからその気になればあっと
いう間に会えますし、花鹿も受験勉強が終われば大学生なんて半分自由時間みたいなもの
ですし、会いたい時に会えたらいいわってことで、特に問題はないのかも。

あ、欧米の大学は厳しいのかwww
でも、きっとこれからもいい感じで二人の時間を過ごしていくことでしょう。

今回は弱気ハリーもみせてもらっちゃってなんかえどころ増でしたわwww
色気だだ漏れの溌剌ハリーも素敵ですが、自分の後を継がせたい男の前でだけ弱気を
見せちゃうハリーがレアでしたv

そういえば、ユージィンも相変わらずM気質えてましたね。
このまま一生彼は誰のものにもならず、ただ花鹿だけを大切に立人と火花を散らせながら
今後も生きていくんでしょう。
彼の愛し方もまた見事で涎がwww

カールも未だお姉さまたちに振り回されているようで、早くいい人が見つかるといいなと
思いますが、このまま一人でもいいとも思う。
っていうかお相手にコーズくん おススメするよ!
ルマティはそういうわけにはいかないでしょうから、いい人がみつかることを祈ってますw

特別編がこれで完結なのは寂しいですが、みんな予想通りのところに収まって安心ですv
彼らのお話の続きを読ませていただき楽しかったです。
樹なつみ先生、ありがとうございました!

次回作は 新撰組剣士・斉藤一のその後のお話だそうで。
これまた美味しそうなのキマシタ!!
先生の絵と斉藤はすご~~~くイメージがぴったりだと思うので非常に楽しみです。
黒髪、切れ長目 堪能させてくださいませ!(*>ω<*)ノ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック