アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年06月29日 (日) | 編集 |

まずは 2期決定ありがとうございます!!
よかったよ、よかったよ、2期キタよ~~~~~ヽ(*´∀`)ノ

ちらちら軽くネタばれが入ってますのでご注意を。

やっぱりここからがより一層面白くなってくるのでぜひぜひ2期欲しかったん
ですよね。
これで安心できるというものwww
多分、最初から2期を予定してたわけじゃなくて1クールの予定だったと思う
のですよ。
結構、端折られてるところ多いですし、最初から2クールとかであればもう少し
エピを盛り込んでたんじゃないのかなと思われ・・・

でも、アニメは上手いこと再編成してるというか改変によって盛り上がるポイントが
絞られたり、展開が分かりやすくなってたりしてたと思います。
それが却って話に入りやすくなってた様な気も。。
原作の全部のエピを抑えてたらなかなか進みませんしダレてたかもです。

なので1クールでしっかりまとめるための改変でよかったのではないかと。
それが当たっての2期ではないかと。

とにかく映像も素晴らしいですからね!
世界観の再現も完璧!
絵が動くことで視覚からの情報が多くなり、そういうことだったのか!ってなんとなく
イメージして流してたところもよりはっきり理解出来たり、美しい映像に感動したり。

バトルシーンの衛人の動きは鳥肌ものでしたし、ガウナの泡状分解とか衛人の
掌位シーンは綺麗で見応えがありましたもんね。
これはCGで大正解だったと思います。

最終話もちょこちょこ原作とは違っていたように思いますが、最後は上手くまとめて
きてましたね。
やっぱり構成がいいと思いますわ。

ただ、紅天蛾があの感じだと倒されちゃったように見えますが1クールで終わる
ならそれも有ですが、2期があるならそれでは話が進みませんよね。
どちらでもいいかも~って思わせぶり・・・なところがニクイですねwwww
最後、ちらっと紅天蛾をみせて2期へ・・・
かなっと思ったのですが、つむぎちゃんの方がキマシタ!

でもこれはこれでいいかも!
ん??紅天蛾か?って一瞬思わせるような色合い。
そっか~、そうだよね。。って思いましたよ。
原作読んでる時は色ついてないからあの色は思ってもいませんでした・・・。
カラーページにあったのかしらん?
なのでラストのこのシーン、ドキッとしました!
今更ながらつむぎちゃんって・・・ と再認識。

シドニアは原作既読でもすっごく楽しめたアニメ化でホント今季一押しでしたわ。

最終話は何と言っても紅天蛾と継衛の一騎討ちがえてましたね!
アニメならではのマトリックスwww
おいおい、長道、そんなことまで出来るのかよ!?って思ってしまいましたが
紙面ではここまでの臨場感は味わえないので凄くよかったと思います。
紅天蛾も継衛も早くて目が付いていけてなかった気もしますが、お互いの攻撃を
ギリギリのところでかわしたり見応えありました!
先はわかってるけどハラハラして見入ちゃいましたね!

が、シドニア一の腕をもつ長道でも紅天蛾を倒すことはできず・・・
長道また気絶・・・
ほら、早よぉ目ぇ覚ませ!!!!
なんて叫びそうになりましたwwww
先を知ってるのにねwww

ここで迷いなく長道を助けに来たのはイザナ!
自分の機体が爆発してしまう恐れがあるのにも関わらず、長道の命を守ろうと・・・
「長道の命は消さないよ!シドニアの希望の光!」

やるときゃやるよ!のイザナくんです。

とにかく戦闘クライマックスでヒぃ~~~~ってシーンの連続。
何とか継衛の衝突回避できたもののイザナ飛んでっちゃうし(><)

ちょお~ヤバ!!って瀬戸際で長道はようやく意識を取り戻しますが
本体貫通弾の残量0・・・
これまたひえぇ~~~~~~って状況!
ま、ここで煉に託された一発が活きてくるんですけど。
ギリギリまで紅天蛾を引きつけて、最後は腕を飛ばすという。

あんなこと長道じゃなくちゃ出来ませんよね。
紅天蛾は綺麗に泡状分解してましたが・・・

いやいや・・・とにかく一々爆発シーンがいんで感動ですよ。
いい爆発だわ・・・ってな感じで見惚れてしまいますwww

飛翔体着弾後の小惑星の爆発の色も素敵でしたわ!

通信障害でシドニア側からは戦闘の詳細がわからなくなり操縦士たちの無事を
祈るしか無くなってしまうのですが、長道ピンチの時はさすがに艦長・小林も動揺
をみせてましたね。
呼吸と連動させた身体の僅かな動きだけで小林の心情を表す描写よかったです。

サマリたちが突入して内部から攻撃するシーンも大興奮!
間に合うことなんて分かってるのに、手に汗www
もしかしてアニメでは間に合わないのかもしれないとか思ってみたりでwww
そんなわけないでしょうに。

サマリに帰りのヘイグス粒子を心配するなと言われて一瞬嬉しそうな表情をみせ
お前と死ねるなら本望だぜ!みたいなノリの弦打がかっこよかったりするのですが
他のみんなはちゃんと残してたってのがww

もう駄目だったのかも・・・っと思わせたイザナも煉がちゃんと助けに来てくれて。
小惑星破壊に関わった者たちは多分みんな巻き込まれてしまったんだ・・・
って絶望からのイザナのおでこ!
メットに青い光が!!

ここのイザナの表情の変化が可愛かったですね!!
完全に乙女覚醒v
これからのイザナの変化がまた楽しみだったりするのです♪

そして7機掌位がこれまたしくて・・・
逆噴射にもおお~~~!!!ってなりましたよね!

宇宙空間ならではのイザナと煉の頭上からのアングル。
いいわぁ。。

無事9機が帰艦するわけですが、長道は海苔夫の元へ。。
ん??このシーンってここだっけか?
なんか海苔夫が改心するみたいな流れになってましたね。

ちょっとアニメだと海苔夫くんがいい感じに改変されてるってことなのかしらん?
嫌な奴度も強調されてましたけど。
振り幅が大きくなってるってことか?
2期ではこの海苔夫くんがまた意外な方向へ走り出してくれるから楽しみ。
あれは海苔夫くんと言っていいのかって話ではあるのですが。

長道とイザナに割り込んでくる煉のシーンでは原作だともう少し笑えるところが
あるんですがカットされちゃいましたね。
最終話だしOPなしででもイザナの妄想は入れて欲しかったですわ。
イザナの命懸けの行動に対し、長道はきっとこんな風に感謝してくれるだろうって
脳内で乙女展開させるイザナなのですが、それを現実長道がバッサリ打ち砕いて
くれるというwwww

長道はいろんなものを打ち砕いてますwww

仄シリーズが5歳って話もここで入るんでしたっけ?
もう少し前だったような気がするんですが、よく覚えてません(^^;
長道と二人きりのところを煉に邪魔されただけでなく、長道といい感じで話してる
煉に気分を害してるイザナが可愛いですよね。
ふくれっ面がいいwww

で、長道はそんなことにはまるで気づいてなくてまたまたエナ星白に会いにいく
わけですが、なんと、エナ星白の姿はなく・・・!?

ってところで1期終了ですか~
面白い引きです。

そして のつぐみちゃんの登場。


いやぁ~~~2期が俄然楽しみになってきましたね。
ちょっとどうやって繋げてくるのかな???って思う点はありますが、きっと1期
同様上手く編成してくれるんじゃないかと期待。

とにかく何が素晴らしかったって、世界観の再現ですよね。
アニメならではの演出で迫力ある映像を魅せてくれたこともよかったです!
コミックスだけでは伝わりにくい宇宙空間を感じることができました!

非常に上手いアニメ化だったと思います。
OPもEDもこの作品用に作られていて、これがまたピッタリ!
クールに作ってあったなぁとスタッフ陣に感謝感謝です!
この作品、尻上がりに評価が上がっていくのではと思われます。
あんまりメジャーになり過ぎてくれなくてもいいですけどね。

でも、たくさんの人に評価して欲しいという思いもw
ファン心理というのもなかなか複雑なモノです。

取りあえずはスタッフ&キャストのみなさまお疲れ様でした!
2期も楽しみにしてますのでよろしくお願いします♪

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
アンケートのお願い
突然の書き込みで申し訳ありません。

ただいま、
アニメ調査室(仮)というブログで、
2014/1-3月期終了アニメアンケート
というものを行っています。

結果発表は、2014/8/2予定です。

もしよろしければ、
あなたのアニメ評価を教えてもらえませんか?

ご都合がつきましたらブログの方をご覧ください。
http://anime-research.seesaa.net/article/400032288.html

以上、
突然の書き込み失礼しました。
2014/07/13(日) 16:48:36 | URL | アニメ調査室(仮) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック