薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「ばらかもん」9巻&「はんだくん」1巻感想です☆

さぁ7月からいよいよアニメがスタートですね!
すっごく楽しみです。
半田先生は誰かな~っと思っていたら小野Dでしたね。
うん、うん。
雰囲気ピッタリだと思うよ。
でも、同時期にセバスがあるからなぁ~~
随分と違うけど大丈夫か小野D??
どちらも主役だからいね!
この作品は子供がたくさん登場するんですけど、みんな子役の人を使うの
かしらん?
やっぱり子供らしい声ってのは子供じゃないと出せないし、賑やかになりそう
ですね。

でも あれ??うち見れる?

取りあえず、公式HPはこちら
原作はガンガンONLINEで読めます。
同じく7月からアニメ化される「月刊少女野崎くん」も読めますv

これまでカテゴリー「少女・レディースコミック」にいれてましたが、新たに
「ばからもん」として独立させました。
っていっても「WORKING」と合同ですがw

これまでの感想はこちら

書道界の重鎮を殴った罰として、日本西端の島で一人暮らしを始める
ことになった若きイケメン書道家・半田青舟。
都会育ちで神経質な「半田先生」の前に現れるのは、自由奔放で個性
豊かな島民ばかりで・・・!?
慣れない田舎暮らしの洗礼を受けながら、書道家として人として少しずつ
成長していく青年のハートフル日常島コメディ!!

ってことですが、9巻では。。

ばらかもん(9)

ばらかもん(9)
著者:ヨシノサツキ
価格:617円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

今回のメインは町民体育祭。
花形競技のリレー選手20代代表に選ばれてしまった半田先生。
これまの半田先生だったら面倒臭がって参加なんてしなかったでしょうが
今回はもっと町民の中に入っていこうと前向きに頑張ることに!

郷長の「もっともっと村の一員になるんだ」って言われた言葉が半田先生を
変えたようですが、当の郷長は忘れてましたねwww
子供たちは半田先生がリレーの選手に選ばれたものの、絶対に運動不足
だし、足が速いとも思われず人選ミスだと心配に。

半田先生の友人・川藤に直接電話して本当のところはどうなのか訊きます。
っと、実は滅茶苦茶いことが判明。
中学の時、オリンピック選手を目指すと豪語していたダッシュ東野(あだ名)に
勝ってしまったという武勇伝も!
負けたことが悔しかったダッシュは大泣きするわ、言いがかりをつけるわで・・・。
それが嫌だったのか、それ以来半田先生が全力で走ることは無くなってしまった
という。。
これにはビックリですよぉ~
絶対遅くて期待を裏切る展開になるんだと思っていたんですが(^^;

運動会前日は七ツ岳のゼッケンを手書きしてくれてって無茶な依頼を受けて
しまったものだから徹夜で300枚書くことになる半田先生。。
でも、当日たくさんゼッケン余っていたよね(><)
これはないわ・・・巌!!
当日、睡眠不足でフラフラな半田先生はリレーまではと寝ちゃいます。

もしやこれで競技をすっぽかすとか、腕が上がらず走れなくなるとか・・・って
展開くるのか!?って思ったんですが、それもありませんでしたw
毎年の六ノ崎と最下位争いをやってる七ツ岳ですが、今年は若い人(先生)が
入ったってことで絶対に勝つと意気込む巌。
ところが、どうも六ツ崎にも若手が入ってきたようで・・・。
しかも陸上で県大会に出たことがあるという逸材・・・!
思わず寝てる半田先生を隠す巌がねww

さぁいよいよリレー開始。
なんとか半田先生も目を覚まし、ヒロシも駆けつける。
ところが、いい調子で走っていた七ツ岳だったのに母親の金髪ショックを引き
ずったヒロシが予想外の大ブレーキに!
一気に最下位

「今年もビリですね」って半田先生に声をかける六ノ崎の新入りくん。
正気に戻ったヒロシが巻き返すも二人しか抜けず・・・
バトンは半田先生に。
新入りくんの言葉が引き金になったのか、突如、別人のように走りだす半田先生。
軽快に先を走る新入りくんを猛追しグイグイと差を縮めます!!!
おおお~~~~~~~!!
凄いじゃないか!!半田先生!!
今回ほど先生を見直したことはないよ!!!

ほぼ同時にバトンは40代に渡り、ラストは50代。
七ツ岳アンカーは巌!

ところがバトンが巌の手からすっぽ抜け・・・コロン、コロン、コロン。。
巌 最下位。
しかも巌、棄権しちゃいました(><)
何やってんだ巌ぉ~~~~~

「あのクソ親父・・・」がっくりする半田先生に新入りくんは
「アンタはオレに勝ったからいいだろう?」っと。
すると半田先生は
「オレは七ツ岳のために走ったのだから一人で勝っても意味はない」

その後、子供たちは六ノ崎・新入りくんの名前が東野一真だと知ります。
・・・ダッシュ東野!?

そういえば新入りくん、半田先生の名前を知らないはずなのに、会話してるとき
「半田さんの郷」って言ってたり、爽やかな顔をして闘争心燃やしてましたね。
やっぱりダッシュだったんだwwww
これは笑ったwww

それから今回はヒロシの就職試験もありました。
面接で希望理由を聞かれたり、尊敬する人を聞かれたり・・・
あまりに練習した内容と同じで逆に驚いてしまうヒロシ。
が、周りのポテンシャルの高さに圧倒されてしまって、自分が用意したような答え
ではとても太刀打ちできないと・・・。

尊敬する人も「両親」と答えるつもりが周りが凄い人を列挙していくものだから
つい、先生と名の付く人・・・ってことで「半田先生」を挙げてしまいますw
尊敬するする理由を聞かれオロオロするヒロシ。
思わず口にした言葉は・・・
「半田先生はいつも字を書いていて、寝食を忘れて没頭する姿を未だにバカだと
思う自分がいるけど、いつかオレもそんなバカになりたい」って。。

おお~~~~面接官の人たちに「バカになりたい」「バカに」「バカ」・・・ってメモ
られてしまいますが、でもこれすっごくインパクトの強い言葉でしたね!
私だったら「この子は他とちょっと違うな」って俄然、注目しちゃいますね。

バカだと思われるくらい料理に没頭したいってことを言ってるようなものですし。
今どきそんな姿勢の若い人がいたら絶対に目立つと思う。
それに偶然とはいえ、ヒロシが受けた料亭の社長は半田先生のお父さんの
大ファンだったようで・・・
これは面白いこと言ったんじゃないかと思うのですよ。
ヒロシとしては「落ちた」と思ったようですが。
さぁヒロシの結果は!?
次巻を楽しみにしたいと思います。

「ばらかもん」のWEBラジオ「らじおもん」がまぁ笑いましたわww
小野Dが楽しそうなのもいいだけど、1回目からぶっ飛んでたわwwww
笑ったwwww
これマジ「ばらかもん」だわぁ
小野Dも自然だし、この先も面白くなりそうですね。

このラジオを聴けば「ばらかもん」がどういう意味なのよくわかりますよん。
ただの“元気な人”って意味だけじゃなかったんですね~

強くて優しくて素敵な人!! 感動した時に「ばらかぁ~~!」って叫んだりして
使うんだそうですよ。
しかも男の人だけに使うらしい。
「男前!」とかと同じ感じなのかしらん。

それから「ばらかもん」のスピンオフ「はんだくん」も読みました!
これがまた笑えるwww
半田先生の高校2年生の時のお話。

はんだくん(1)

はんだくん(1)
著者:ヨシノサツキ
価格:540円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

本当は孤高のカリスマとして全校生徒からめられていたのに、半田くんは
持ち前のネガティブシンキング「全校生徒に嫌われている」と信じてたん
ですよね!!
そんなの有かよって話ですがwww
思春期の勘違いと思いこみが炸裂するふさぎこみ系青春ギャグの第一巻って
ことですが、これがまぁホント面白いです!!

半田くん、女の子にモテモテなだけでなく(本人は一切気づいてない)男心まで
にしていってしまうのですよねwww

恐ろしい子wwww

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/07/02 22:54 ] WORKING!!・ばらかもん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する