アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年07月06日 (日) | 編集 |

どうやら我が家では「ばらかもん」の放送はないようです。。
残念。

仕方がないのでネット配信でみることに。
原作大好きな作品ですのでざっくりですが感想は書いて行こうと思います。

原作の感想はこちら
スピンオフの「はんだくん」も面白いです。ざっくり感想こちら

まずは・・・
小野Dがいいよぉwwww
私の好きなセバさんトーンではないけど、素の小野Dの部分と演技の部分が
凄く上手くかみ合ってる気がします。
半田先生のイケメンなのにちょっと残念なところとか小野Dと被ってキャストが
発表されたときも面白そうだなと感じたんですが、やっぱりその通りに。
小野Dってハンサムなのにキモいとかいろいろ楽しい評価をもらってる人だと
思うのですが、基本とっても真面目な人だと思うし、この半田先生役はしっくり
来ると思うのですよ。

素の小野Dの良さ、真面目だけど不器用なところもあって、でもしたたかさが
無いわけではないとか、もろ半田先生と被るところが多いと思うw
とはいえ、全くの素ではアカンわけで、そこはほれ小野Dの演技の見せ所。

元々の声もいいからこれは楽しみというものです。

この作品は子供は子役の人が演じるようで、最初はちょっとう~~~~ん
やっぱり大人の人の演技の方が聞き易いんじゃないのかな???って思った
んですが、ずっと聞いてるとこの作品に関しては子供の方が自然だし、この
小野Dとの年齢差が新鮮だし(マジ先生と生徒の年齢差だよねww)
これはこれでいいような♪

若干絵と声がズレてるように感じるところもありましたが、この作品は細かい
ところは気にするな!って大らかさが作品のテーマでもあるし丁度いいかも。
これからまだまだたくさん子供たちも出てきますし、半田先生の奮闘ぶりと
共に楽しませてもらいましょう。

東京である事件を起こしたイケメン書道家・半田清舟。
雑音から離れ書道と向き合うため身寄りのいない島に一人で生活することに。
海と山がきれいで人口が少ない小さな田舎町。
借りた家は、汲み取り式便所にバランス釜の風呂、ネズミが走るボロ屋・・・
そんな家には、元気過ぎる小学1年生のなるが秘密基地として遊んでいた。
一人になりたいのに一人になれない・・・
半田の慌ただしい島生活が始まる。(公式より)

ってことですが、なるのキャラいいですよね~~
モノ怖じしなくていきなり半田先生に喰らいついてきましたwwww
半田先生は都会っ子だし、距離の近い人間関係ってのに慣れてないのに
引っ越してきて早々に島民のざくざく入り込んでくる距離間にビックリ。

でも、ささくれていた半田先生の心がなるとの出会いでちょっとされ・・・
自分は悪くないし、絶対に謝らないって思ってたのにその頑なな気持ちまで
らいじゃって。

なるに「お手本のような字」だとか「壁をこえなきゃ何にも見えない」とか
いきなり核心を突いてくるようなことを言われギクリとする半田先生ですが
この島だと余分な力が抜けていくのか、同じことを言われているようでも
なるの言葉なら聞けたようで・・・

なんとなく親父さまに島に行って来いと言われた理由もわかったような気に。

そうはいっても、このズケズケと容赦なく入り込んでくるなると半田先生との
攻防がまた面白いのですよねwww
大人げない半田先生がwww

半田先生の唯一の友人・川藤くん@べ様もいいですね~
こちらは落ち着いた感じでピッタリでしたwww
ニヤニヤが止まりませんv

今回久しぶりに1巻を読み返してみたんですが、絵が随分と変わってますねw
そうそう、そうだった、そうだった。
「とりあえず・・・客は玄関から入ってくれ!!」ってのも懐かしい。

引越しの段ボールを開けるところはもうちょっとなるとのエピがあるんですが
カットされてたようです。
エロサイトとか玉手箱のくだり。
エロサイトに関してはまたあとで持ってくるのかな~
1話で結構一気にまとめてた部分もありましたが、これはこれでテンポよくて
よかったかもですね。
1巻の半分くらいまで進んでますv
折角のアニメ化ですから出来るだけ先まで見せて欲しいです。

ちなみに第1話は無料で読めます。 ガンガンONLINE

原作ファンが増えるといいなぁ!!

次回はヒロシが出てくるってことなので、他のキャラもだ~~~~~っと出て
きそうですね。
子供ばかりたくさんw
翻弄される半田先生が楽しみ~~~
小野Dファンは必見作品になるんじゃないでしょうかねwww

セバさんとの違いを楽しむって手も有かとv

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック