薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

アルドノア・ゼロ 第1話・2話・3話 まとめて感想

この作品、背景の作画は凄いけど人物はざっくりなんですねwww
アセイラム姫さんのドレスのレースとか、他の方のブラウスの襟とか雑ww
っていうか、そこはあまり力を入れるところではないんで・・・
ってことですかね。
Fate/Zeroみたいな感じ。

1話感想。
主人公の一人伊奈帆の姉は社会人であるにもかかわらず、弟をあてにしてるとか
いくら上司にカッコいいこと進言しててもなぁ・・・
こういうのは男性目線でみると可愛らしく映るもなんでしょうかね。
私はイラッときただけでしたわ・・・。

姫さんが乗ったリムジンが襲われ、これ幸いってことで火星との全面戦争というか
火星に攻撃させる口実を与えたようですが、そもそも姫を襲ったのは火星側の者
だったりしませんかね?

姫に地球のことを教えていたスレインは元は地球人のようですが、父親とともに
火星人に助けられたようです。
そのいきさつはこれからってことでしょう。

2話では冒頭から火星側ヴァース帝国が飛ばしてます。
圧倒的戦力差
地球側の通信手段は遮断。
各都市は次々に制圧され・・・
そして、なぜか不細工キャラにたかぴろぉ~~~~~~~
なんでだ!?
どうしてマッシュルームカットなんだよぉ~~~~
しかも超ゲス野郎だし(T T)
これで美形ならそれはそれでまだなんか納得できるんだけど、これ救いが
ないんですけど。

で、やっぱり姫を襲ってたのはヴァース帝国側の人間でしたね。
後々面倒だってことで、マッシュルーム・トリルランが実行者たちを処分しちゃ
いましたが、ひとり、女の子だけが残って・・・
地球側に保護されますが、圧倒的戦力差が過ぎる。
トリルランの前に地球側は殲滅に近く・・・。

ありゃ、姉ちゃんはお亡くなりになっちゃったんですか。
最初からこれはまた飛ばしてます(><)
虚淵さん、今回はどうなんだろ。

執拗に追いかけてくるトリルランと戦うことを決意する伊奈帆。
輸送車にはヴァース帝国の姫さんの身代りみたいな人と侍女さん、
そして殺されかけてる娘さんが乗っていて何やらここから始まるようです。
が、あまりにも武力差があるんでどうなることやら。
学校に保管されてる武器を使うようですけど・・・
でも、伊奈帆くん冷静だし、何かやってくれそうな気も。

3話では姉ちゃん生きてました。
まぁそうだろうね。
さすがにちょっと早すぎだよね。
伊奈帆は学校へ行き、火星カタフラクトと戦うことを提案。
トリルランの機体の秘密についていろいろと仮説を立てたようで。
冷静で賢い子なのね。
でも、この手のタイプは好みなのに、今回彼についてはまるで食指が
伸びない私。
顔がまず好みでないからなぁ・・・
トリルラン単独での行動かと思ったらザーツバルムさんがその上におりました。
あと、あの身代りみたいなことを言ってた娘さんはやっぱり姫さんだったようで。
金髪がかつらだったりするんか?

圧倒的戦力差をどうするのかと思ったら、ニロケラスの目となるカメラを使用不可に
するよう煙幕弾を発射
ほぉ~
スゲぇな。。
でも、最後は姫殿下が正体をしてトリルランを動揺させ動きを止めました。
あら、アナログな変装ではなかったようですw
「お下がりなさい」って言われて面白いくらい狼狽してましたね。
たかぴろ・・・さすがw

伊奈帆はニロケラスを水に落とし、バリアのはられてない部分を探し出したよう。
なるほど、足の裏にバリアがあると立てないわね。
それにカメラのデータを受信するためにはどこかバリアの張られていない部分も
必要なわけで。。
冷静だわね。
みんなに正体がバレた姫さんはこれからどういう行動にでるんでしょうね。
トリルランは水に濡れた髪型の方がよかったですわww
彼が姫さまの暗殺に関わったことを知ったスレインはトリルランを射殺
腹に一発だけじゃ復活しちゃいそうだけど・・・
っと思ったら、スレインさん結構やるひとでした(^^;
ちょ、そこまでは・・・って感じでした。

子供達の活躍は面白かったですが、どうも軍人さんらというか大人が不甲斐ない
というか、あまり魅力を感じないのですが・・・
もうちょっとカッコいい大人出てこないかな。。

面白いのか面白くないのか微妙w
主人公のテンションが低いとこうなるのは仕方ないのか?
低いなりの何かをもっと見せてこないと・・・

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する