アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年07月27日 (日) | 編集 |

続々新キャラ登場で嬉しいですね!
とにかく個性的なキャラばかりというか、笑えるキャラばかりがこれでもか!
ってくらい出てきますからね。
原作4コマなんだけど、ホントに面白くストーリー展開されちゃってるんですよね。
あのセンスは見事!

そしてアニメも上手いこと構成してくれてますv

今回新たに登場したのは学園の王子こと鹿島くん♪
演劇部でとにかく女児にモテモテなんですよねwww
スカート履いてる女子だけどww

が、どうして「学園の王子」と呼ばれているかというと、歯が浮くようなセリフを
全くのでやってしまう勇敢さを男子から称えられてのことだったwww

ところが鹿島くん・・・ちょっと馬鹿ww?
演劇部をサボるものだから毎日部長直々にお迎えが・・・
これがまた笑えるwwww
部長はバイオレンス!

王子だろうと女子だろうとお構いないしにガンガン攻めてくるwww
こちらもいいキャラなんですわ。

で、お近づきになった佐倉に鹿島くんが演劇部の大道具作りを手伝ってくれないかと
依頼にやってきて・・・
周りにいる女子では役に立たない上に余分に備品も壊れていくというwww

演劇部の部長は堀先輩。
こちらも新登場!
今は大道具作りが好きとはいってるものの、本当は主役をやりたかったのに背が
伸びなくて・・・

そして、堀先輩は・・・裏の顔を持っていた!
って佐倉が気にしてた野崎くんところに夜に来て背景を描いてる人ってのは堀先輩
だったんですよね。
大道具に同じクマさんとブリーフのマークが描かれててwww
佐倉と意気投合www

野崎くんが演劇部の台本を書く代わりに堀先輩には背景を描いてもらっていたん
ですね。

野崎くんがうっかり王子の本体(鹿島くん)に会ってしまったものだからイメージが
鹿島くんに引っ張られてこれまでみたいな王子が書けなくなってしまい・・・
どうもチャラ王子にwww

修正するために佐倉と堀が台本の読み合わせをすることに。
そこへ御子柴が現れメイドの役をすることに・・・
まるでメイド役が上手くできないミコリン。

ところが、そこで野崎くんのペンが走るwwww
いつもの調子でミコリンをヒロインにした台本が出来上がりました!
ハハハハ

野崎くん、ミコリン好きだよね。

で、堀先輩も・・・実は鹿島くんの顔が好きだったwwwww
鹿島くんの王子っぷりを誰よりも愛でていたのが堀先輩だったんですねwww

この複雑に絡み合う関係大爆笑です!!

ホント原作もこんな感じで面白いからおススメです!
ぜひぜひ読んでみてくださいね!
5巻の感想も早くUPしたいですわ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック