薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

黒執事 Gファンタジー9月号「その執事、勧奨」感想

バッタバタですが、なんとか目途がたってきました。
取りあえず、GFの感想をサクッと。

今月はページ数が少ないのでありがたい。
普段だと寂しく思うところなんですが、私としたことがGF発売日を失するくらい
慌ただしかったので今月に限っては安堵w

ではサクッといきますよん。
表紙はアニメに合わせサーカス編。
ジョーカーがいるじゃないっすか!
サーカス編のときだって、ジョーカーがGFの表紙を飾ることってなかったですよね?
坊っちゃんもセバさんもサーカス編のお衣装で・・・これはたまらんですね!
また原画展をぜひ!
なんて言ってましたらFinalってことで宇都宮会場が!?
ってどう考えても無理ですけどね。
しかも生執事大阪公演のあたりですし~
とりあえず、第2弾をお待ちしております。
今年はもう大変なので来年でお願いしますww
もう、みなさまひぃひぃ言ってはりますよん。

 

扉絵は坊っちゃんを抱っこし、いざ出陣状態のセバさん。
坊っちゃんも厳しい顔をしてますが、セバさんはやる気満々ww
おセバの大きな手と坊っちゃんの小さな手がなんとも・・・ええっすwww
あと、坊っちゃんのクッってなってるおね。 (*≧∀≦*) 
おセバの口元も歯がイヤラシクてたまらんじゃないっすか( 〃▽〃)

靴は汚さず手は汚す、真夜中のランデヴー

誰がこれ考えてるんでしょうかw熊さん??
ってアカン、アカン、今月号はざっくり行こうと思っているので既に長いわww
先月号の感想はこちら

堂々と正門から入っていく一人の男。
「民間人立ち入り禁止」だと守衛に呼び止められますが、その男は民間人では
ないようで、すぐに顔パス。

「極秘任務中につき、口外を禁ずる」
この男はディーですよね。
彼も何者なんでしょう。。
何やら秘密文書があるような書庫で坊っちゃんからの探し物をしてるようですが・・・
「あの親子はなんでこう人使いが荒いんだ」とちょっと 迷惑そうww

「お これか・・・?」
お目当ての文献を探したようですが「なんてモンに手を出してんだアイツは!!」
かなりきよう。
前回の化学式みたいなのはマスタードガスでしたよね。
その文献には三匹の狼と何軒かの家が載っていて・・・
人狼の谷のことが書かれているようですが・・・

全く同じ挿絵の本を手にしてるのはサリヴァン。
あと一歩上手くいかないとんでいるようで・・・
究極魔法が完成すれば人狼の怒りも収まり、村に平和が訪れまた坊っちゃんたちが
遊びに来てくれるのではと想像。
お弁当やスイーツを持ってピクニックに行ったりとか、楽しそうな光景を思い浮かべる
サリヴァン。
朝には坊っちゃんたちは村を去ることになってますからね。。

っと、途端に何かいたようで!
いよく何かを書き始めます。

丁度やってきたヴォルフラムに究極魔法ができたからと“勤め”の準備を指示。

その頃、坊っちゃんも女王からの手紙を読むと使用人たちにすぐ出発の準備にかかる
よう指示。

「イエッサー!」敬礼する使用人たちに緊張が走ります。
いつのまにかスネークまでもが感化されてますねwww
タナカさん可愛い♪

地下ではサリヴァンが究極魔法を完成させたようです。
人狼たちがキキキキキキキーーーーー
ってなってますが、これで何がどうなるんでしょうね。

疲れて気絶するサリヴァンを抱きあげる人狼がヴォルフラムなんでしょうね。

緑の魔女を襲名するとき、足の指を折ったのは彼だったようですね。
彼女の足を見るとその時のことを思い出し、哀しい顔をするようですが、サリヴァンは
この足は偉大なる緑の魔女の末裔という証で誇りなのだと。

究極魔法を完成させた今、サリヴァンは外の世界に出て村のためにももっとたくさんの
ことを学ぼうといいますが、ヴォルフラムは自分たちは狼の谷を離れてはならない
なのだと・・・
これで外の世界へ出ることができるかもしれないと希望をもったサリヴァンでしたが
一瞬で打ち砕かれてしまいました・・・
が、ヴォルフラムを困らせるわけにはいかず、大人しく従うことに。。

何かまだ「緑の魔女」にはサリヴァンの知らない秘密がありそうですね。
ヴォルフラムはしそう。。

床についたサリヴァンの部屋の窓をノックする音が・・・

「こんばんは、サリヴァン様」
坊っちゃんなんてイケナイコの顔をしているの (*≧∀≦*)
この歳にして誘惑のなんたるかを心得てるよ!!

屋敷の最上階にある部屋の窓に立つセバさんにサリヴァンはビックリwww
そりゃそうだよね。
でも、坊っちゃんは
「何故驚く?お前は箒で空を飛べる魔女だろう?」
うわぁ~~この坊っちゃんのお顔も素敵ですわん(/∀\*)キャハ

坊っちゃんが正気に戻ったことに気づきサリヴァンは喜びます。
「お前のおかげだ」
坊っちゃんはサリヴァンが一番欲しいものでお礼をすると。

外の世界ですよ。ここにいては一生手に入らない知識と体験を手にすることが
できますよ。いかがです?」
うぉ~~~~!!!
悪魔の誘惑キタwwww
若い娘にもグイグイいきますねwwww

自分には緑の魔女の役目があるし、村の掟があると躊躇するサリヴァン。。
「なら仕方ないな」
坊っちゃんはつれなくその場を離れようと・・・

誘惑に負けそうになるのを必死にこらえるサリヴァンに対し、駄目押しをする
これまたアコギな坊っちゃん(^^;

振返りながら
「アリガト トモダチ サヨナラ」
うわぁ反則だわ(*/-\*)

坊っちゃんたちと過ごした夢のような時間がサリヴァンに蘇り・・・。
思わず、坊っちゃんのマントを握りしめます。
行く・・・!ボクは もっと沢山のことを知りたい!!」
必死に訴えうるサリヴァン。

ニヤッ( ̄ー ̄
悪魔な微笑みを口元に浮かべる二人。。
してやったりv ってところでしょうが・・・
うう・・・サリヴァンに残酷な未来が来ないといいのですが(><)

「ではお嬢様 どうぞお召し換えを」
サリヴァンに正装をさせ外の世界に連れ出す坊っちゃんとセバさん。

「未知の世界へエスコート致します」

うわぁ・・・サリヴァンが誘惑に乗っちゃいましたよ。
大丈夫なのかな。
彼女を自由の身にしてくれると信じたいのですが、あの二人ですからね(><)
取りあえず、女王の前に連れていくことになるのだとは思いますが、メッチャ気に
なりますよ。。

どうか、囚われの身から解放するってことでありますように・・・。
ま、でもどんな結末であろうとスゲぇ!!!って思っちゃうんでしょうが。

いよいよ人狼vs悪魔の戦いになるようですが・・・
激しいバトルになるのか、ドキドキで来月号を待ちたいと思います。


スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/08/20 00:44 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する