FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年08月31日 (日) | 編集 |

突然ですが、私は字が美しい男、です。

今回はなるメインの話を持ってきましたね。

なるのお誕生日ってことで美和とタマは半田先生から会費を徴収してホールの
ケーキを買いにいくことに。
半田先生はなるに何をプレゼントすればいいのか悩みますが・・・

セミうるせーなーと思っていたら思いついたのがカブトムシ。
ケン太に頼み込んで一匹もらおうとしますが、すでにケン太がなるにカブトムシを
100匹プレゼントするつもりでいるようで。

それにプレゼントが被るのは嫌だと。
そりゃそうだよね~
他の子らはお菓子とかもう考えてるようです。

そこで半田先生はカブトムシが捕れるんだからクワガタムシも捕れるだろうと・・・
カブトムシより、クワガタムシの方が臭いもないし、年越せるしいいよねww
半田先生は知らないだろうけどwww

ところが、いざ、捕まえようとすると・・・
半田先生、クワガタムシを触れませんでしたwww
これだから都会っ子はwww

顔に止まって大騒ぎして梯子から落ちるわ、ヘラクレスオオカブトを見つけて
これまた落ちるわで・・・
まったく使えませんねww

しかも半田先生が落ちた拍子にヘラクレスを潰してしまったようで・・・
もったいない!

が、そんな半田先生にケン太は「なるのために頑張ったのだから」と自分が
捕ったクワガタをあげます。
ケン太いい奴!

半田先生みたいに本気で遊んでくれる大人がなかなかいないから嬉しかった
ってこともあったようですv
ところが半田先生は遊んでるつもりなんてさらさらなく、本気で負けたくないと
思っていただけ
だというwwww

ところが半田先生はクワガタが掴めず、やっと掴めたと思ったら持ち方が悪い
からまれてしまいます(><)
痛みでクワガタを離してしまい・・・クワガタをがしてしまいました。。

ホント使えない先生ですww

早速、半田先生の家でなるのお誕生日会の飾り付け。
ケーキも名前入りで用意でしたようですv

美和はぷちぷちをタマはクジャクの羽根(拾ってきた)をプレゼントにするよう
です。
なるのツボを掴んでるってことですが、何ともwwww

なるが入ってきたらクラッカーを鳴らず予定が、クジャクの羽根でくしゃみをした
半田先生フライング。

でも、アニメではそれがナイスタイミングになったようですv
原作では完全にフライングしてたよねwww

で、半田先生が用意したプレゼントは・・・
「なんでもいうこときくけん」
小学生のプレゼントみたいですよねwww
みんなにはバカにされますが、なるは大喜び!!
うぉ~~~おおおおお!!!
ってなるの大絶叫が良かったv
先生が怖がるくらいの喜びようでww

それにしても半田先生女の子や子供の力に負けて半裸にされてるってwww
原作ではもっと先にバレてたのでこのシーンはアニメオリジナル。
まさかのサービスシーンとなりました♪

Bパートはお盆ってことでなるの家の墓参りに先生も一緒に。
墓の火の番を任される先生。
まずは提灯を付けるようですが、そのろうそくの火が消えるまではお墓の番を
してないといけないとのこと。
なるは花火まで用意してます。

先生は他人が墓に入るのはどうかと気にしますが、ろうそくが上下してる様子
から、なるのおばあちゃんも喜んでるらしいということで頑張りますv

島のお墓参りの風習はかなり独特で・・・
あと、オンデってのもびっくり。
初盆の家のお墓の前で踊るようですが、ヒロシが助っ人で入ってました。

なるのおばあちゃんのお墓にはたくさんの人がお参りに来ます。
これまではなるが一人でお墓の番をしていて毎回、おじいちゃんが戻って
来るまでは退屈してたようですが、今年は先生がいるから帰りたくない気分
だと。
なるにとってはよっぽど楽しかったんでしょうね。

半田先生はそういえば、なるの両親をみたことないなと思います。
いつも誰かと一緒にいるから気付かなかったけど人並みに寂しく感じてる
んだろうなと。
「オレが暇でいるうちは構ってやるか・・・」っと半田先生。

なるのおじいちゃんはなるが半田先生に懐いてることを好ましく思ってるん
でしょうね。
先生もすっかり島に馴染んできてるようですし。

なるは先生が大好きだし、このままずっと島で暮らしたらいいいのにね。
なるくらいじゃないと先生にお嫁さんなんか来ないと思うしww

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック