FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2014年09月01日 (月) | 編集 |

まさに進化する飛ちゃんでしたv

引きつった笑いを浮かべコートに戻ってくる飛ちゃんに、怖いと逃げる日向w
「多分、笑顔だ」とフォローしてくれる西谷が追い打ちwww
菅ちゃんに言われたことを飛ちゃんなりに実行していこうとしてるんですよね。
凄い成長っぷりですわ。
そして、ちゃんとそれを見てくれてる先輩たち。

例のサインは読まれてるってことで作戦変更。
サインはグーwwww

テンパっていたのが嘘のように嬉しそうにサーブを打つ飛ちゃん。
その顔に試合に出る時の誇らしさみたいなのは同じなんだろうなーって菅ちゃん。
ホントは自分が出たいところなのにちゃんと心得ていて、後輩へのアドバイスも
できるし、気持ちもわかろうとしてあげられる菅ちゃんはカッコいい人ですねv
飛ちゃんとは争える位置にいないってことから逆に落ち着いて対応できるのかも
ですよね。

反対に及川くんはまだ完成されてないけど確実に自分を脅かす存在として最初から
飛ちゃんを警戒していたから余裕なんてまるでなくて、アドバイスどころか、声を掛け
られるだけでもいっぱいいっぱいになってましたよね。

サーブも教えてあげなかったけど飛ちゃんは見よう見まねで覚えたってことで。
さっきまでと違って落ち着いて集中してる飛ちゃんに気づく及川くん。
お返しとばかりにリベロを狙いサービスエースを取る飛ちゃんです。

ウェ~~~~イ ウェ~~~~~イ ってハイタッチを要求する田中がwww
飛ちゃんの珍しいハイタッチが見れましたねw

何も言わない日向の速攻も決まり、飛ちゃん生き生き。
菅ちゃんはそんな飛ちゃんを見て「日向がいればお前も最強だ」っと。
お互いが活かし合ってる関係ってのが素敵ですことwww
本人たちは決して仲がいいつもりはないようですがw

仲間を意識するようになった飛ちゃんですが、ノッポくんは苦手らしいとツッキーと
コミュニケーションができていないことを及川くんは見抜いてます。
ツッキーを上手く使えないことを自覚してる飛ちゃんは菅ちゃんのアドバイス通り
勇気を出して真っ向から向かっていき・・・

「オイ、今のトスはどうでしたか?コラ」
なんて訊き方なのよwww
対するツッキーも負けてなくて
「黙ってこのトスを打て庶民!って言われてるようで腹が立つ」とwww
「トスは一定にして欲しい。考えてるのは君だけじゃない」

飛ちゃんは決まるだろうコースを読んでトスに反映させていたようですが、
それが却ってツッキーにはコースを支持されているようで打ちにくくて、
気に入らなかったようです。

はっきりと言うツッキーに「わかった」と素直に応じつる飛ちゃん。
さすがにこれにはツッキーも拍子抜けしたようで。

飛ちゃんからのトスでツッキーはいきなりのフェイント。
相手を出し抜いたときに生き生きするのがツッキーwww
「わかり辛いけど乗ってる顔だ!」っと嬉しそうな山口くんwww
さらに2回フェイント使い、相手のレシーブをします。
そして、エースに上がると思われたトスがまたもツッキーに。
上がった本人が驚いてるってどうよwww
相手コートがフェイントを警戒して前よりだったところをしっかり決めますv
仲間に褒められ、これまたビックリのツッキーwww

ナイスを噛む飛ちゃんが恥ずかしいけど可愛いです。
褒めるのが苦手な飛ちゃんの変化に先輩たちが喜んでいるのがいいですわ。
温かい保護者がいっぱいですよね。

さぁあと1点ってところで岩ちゃんが火を噴きます。
青城だって引きません。
及川くんのサーブで岩ちゃんの回想。

中学3年最後の大会、珍しく裏のない笑顔の及川くん。
初めてのベストセッター賞をもらって本当に嬉しかったんですね。
でも、基本的にへらへらしてる彼が笑わない時期があって・・・
岩ちゃんはいつでも及川くんを見てます。

人より体格もセンスも恵まれていた及川の超えられないが牛若。

1セットすら取れなかったようです。
阻まれ続けて中学3年になると、背後に天才が現れて・・・
それが飛ちゃん。
焦る及川くんはオーバーワーク。
試合中もコンビにミスが出るように。

自分のことで及川くんが追い込まれているのを知らない飛ちゃんは純粋に
及川くんのように上手くなりたくて「サーブを教えて下さい」と頼みます。
が、ついに及川くんの緊張の糸がプッツンしてしまって・・・

思わず殴ってしまいそうな瞬間、岩ちゃんが間に入ります。
ずっと及川くんを見守ってきた岩ちゃんは、余裕のない状態の及川くんに
一人でやってるつもりかと頭突き。

「6人で強い方が強い」という岩ちゃんの言葉に泣いちゃう及川くん。
自分一人でなんとかしようって気持ちがらいでいく瞬間です。。
岩ちゃんが変えてくれたんですね。。

「いつか戦うときはブっ潰す!」って飛ちゃん相手にカッコいいこと言ってるのに
両鼻垂れてる及川くんが残念過ぎて私が泣けるwww

自分としては憧れの先輩なのに、いつも不機嫌だし、不親切だし、全然教えて
くれないしで、飛ちゃんとしては及川くんの印象が悪くなったのは仕方ないこと
のようですね。
いっつもブっ潰すってばかり言われてたら、ライバル視されてるのは嬉しいかも
だけど、嫌な先輩認定は決定事項。。

「お前が凹ませたい相手その2が目の前だ。思いっきりでいいぞ」
ここの岩ちゃんが男前やわ!!

リベロの西谷のラインギリギリをう及川くん。
このセット、サーブをミスったら落とすのにこんなサーブを打ってくるのかと
嬉しそうにゾクゾクしてる西谷もまた男前。
それにしてもよくもあんな厳しいコース&威力のサーブをあげたものです。

センターからの速攻がベターなところで飛ちゃんはここは及川くんが岩ちゃんを
使うと読み、完全シャット。
2セット目を烏野が取りました。

及川くんは飛ちゃんが「岩ちゃんと俺の超絶信頼関係と状況を判断して読んだ」
ということに飛ちゃんの進化を感じます。
菅ちゃんが何かを教えたことによって、ただの独裁の王様がまともな王様に
なろうとしていると。

早く潰したい気持ちに駆られる及川くん。
これは当然、自分を脅かす存在はとっとと刈ってしまいたいって衝動でもある
でしょうけど、自分に挑戦してくる相手を叩き潰す楽しみを味わいたいってこと
でもあるでしょうね。

クールで穏やかに見える及川くんですが、実は熱く激しい感情の持ち主です
よね。
それをわかって決して優しいやり方ではないけどフォローしてあげてる岩ちゃん
の存在が堪らんですよね。
この信頼関係も美味しいですわ。

本編の硬い笑顔を見てからだと自然に笑えるようになってるEDの飛ちゃんに
成長を感じますよね。
烏野で温かい先輩に囲まれ、自分の能力を活かせる相手に出会い、飛ちゃん
よかったね!って思わずにいられません。
このEDにも納得。

 

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハイキュー!!の第22話を見ました。 第22話 進化 第2セットでコートに戻った影山はハイタッチしたりしたり、声をかけたりなど少しずつチームメイトへ意識を向けるようになっていく。 「おい日向、よくやった」 「上司か!」 影山がぎくしゃくしていた月島にも歩み寄りを見せたことで攻撃に幅が出た烏野は変人速攻を軸に優位に試合を進めていく。 そんな烏野を前に及川には中学時代...
2014/09/01(月) 15:00:28 | MAGI☆の日記
今日はもう影山君のぎこちない笑顔と ぎこちないコミュニケーションがとにかくもう アニメだともう可愛くて可愛くて仕方なかったです!!!!(^▽^)日向君の「上司か」の台詞は覚...
2014/09/01(月) 15:58:40 | みやさとの感想文と(時々)感想絵
倒すべき相手と追ってくる後輩。 曇った眼差しをもう一度、見開け! 「進化」 あらすじは公式からです。 第2セット、コートに戻った影山は、少しずつチームメイトへ意識を向けるようになる。 ぎくしゃくしていた月島にも歩み寄りを見せる影山。 攻撃に幅が出た烏野は、変人速攻を軸に優位に試合を進めていく。 そんな烏野を前に、及川には中学時代の記憶が去来するのだった-...
2014/09/02(火) 17:00:44 | おぼろ二次元日記2