ほとんど原作どおりの構成でしたね。
セリフとかも同じだったんじゃないのかなと。

いい字ば書けたと満足したものの、いざ東京へ送るとなると不安になる
半田先生。
自然エネルギーからインスピレーションをもらってノリノリで書いた字は、
本当に自分の字だと言っていいのかと。。

この島にいるから書けたのであって、東京に戻っても同じ字が書けるとは
思えず・・・。

落選の許されない書展でノリで書いた字で勝負に出ていいのだろうかと
ネガティブ思考に陥り・・・

いやいやこの半田先生が面白いんですけどね。
このグダグダ具合がwwww

思わずなる相手に相談しちゃうという。。

半田先生は几帳面にぴっちりと揃える仕事が向いているということでなるの
じぃさんは神社に寄付をした人たちの名前を書く仕事を先生に依頼。

久々に規則正しい字を書くことにワクワクする先生。

が、川藤からの電話で「帰る」と。
例の館長もそろそろ戻ってきてもらおうかって言ってましたしね。

夏まつりに誘われ出かけるも「まぁ最後だからな」なんて先生(><)
なるやひなを引き連れ祭りを楽しんでます。
これまで書展で忙しくて祭りというものにでかけたことがないんですよね。

しかし、バスケットボールのフリースロー大会では・・・
残念なん結果にwww
緑の人のときはあんなに入っていたのにねwwwww

東京へ戻ることを言おうと思った先生ですが花火大会が始まってしまいタイミングを
逃してしまいました。。
先生は何も言わず東京へ。

なるはいつものように先生の家に遊びに来ますが、先生はいなくて。。
部屋には先生が書いた神社の名簿が残されていて・・・


ああ・・・先生 帰っちゃいましたね。。
誰にも何も言わず。。

なるは先生がいなくなってどうなってしまうのか!?

ばらかもん終わって欲しくないですね。
っていうかすぐではなくてもいいので2期欲しいです。
こんなにほっこり出来る作品は貴重ですv


ばらかもん(10)

ばらかもん(10)
著者:ヨシノサツキ
価格:616円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

スポンサーサイト

アルドノア・ゼロ 第12話(最終話)「たとえ天が堕ちるとも —Childhood's End—」感想

残響のテロル 第9話、10話 ざっくり感想

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)