アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年11月16日 (日) | 編集 |

今回、キャスター、アサシンも登場したことで一応サーヴァントが出揃うことに
なりましたね。

前回のライダーさんも美形でしたが、今回のキャスターさんも美しくてこれは
目の保養になるというものです。

アサシン@三木さんも楽しみなことですv

凛の家から帰る間、殺気をムンムンさせながらアーチャーが士郎の護衛を
してくれます。
殺気を出しまくりってのが笑えますねw

士郎のことが気に入らないようなのに士郎にサーヴァントとは何かを語って
ます。
サーヴァントに自由意思などなく、英霊は他者の意思によって呼び出される
使い捨ての道具
と同じだというアーチャー。

「意思をはく奪され、永遠に人間の為に働き続ける掃除屋」であるとも言い
英霊は「守護者と呼ばれる都合のいい存在」なのだと。

セイバーのことしか知らなくてサーヴァントとは「叶えられなかった願い」を
叶えるため聖杯戦争に参加していてマスターとサーヴァントは協力関係に
あると思っていた士郎はアーチャーの言葉に驚きを隠せず。。

「私は望みを叶えて死に、英霊となった。故に叶えるべき望みは無い」

ま、アーチャーの場合はセーバーとも他のサーヴァントともかなり異質だとは
思われますが(^^;

セイバーは士郎に対しかなり腹を立てているようですが、凛との休戦協定の
後のことについて確認しただけでしたね。
学校でかなり危険な目に遭ったけど、休戦協定が有効な間に実戦形式の
戦闘訓練をし、その後に備えることに専念するようです。

サーヴァントなしでマスターが単独で動くことがかなりヤバいことだと士郎も
わかったと思うのですが、それでもセイバーを同行させることもなく・・・。
桜にはしばらく泊っていくことを提案してるのにね。

驚異の回復力を持つとはいえ、士郎はやはり自分のことはあまり考えてないようで。

そして、今回、慎二がたくさんしゃべってくれましたね。
安定のウザさを披露しただけでなく、自分がマスターだということまで気軽にw
教えてくれました。

凛の読みでは、呪刻を消され我慢できる性格じゃないだろうから明日にでも
ボロを出すってことでしたが、もっと我慢が利かない子だったようですwww

慎二は自分も魔力もなくマスターにされていること、誰とも戦いたくないと
思っていることを士郎に話しますが、士郎は知らなかったけど、慎二は士郎の
ことを知っていたってことですよね。

間桐家が魔術師の家系であることも知らなかった士郎は桜がそのことを
知っているのかをまず心配します。
すると慎二は

「魔術師の家系は長男にしか秘技を伝えない。あんなトロイ女に魔導を
伝えるモノか」

素敵すぎますwww
ホント、伸二は面白いw
慎二こそ何もわかってない。
そもそも自分に魔力がないと認めているというのに。
そのまままっすぐに走って欲しいですv

いつものように夜、強化の鍛錬をしているとセイバーがその様子を伺いに。
士郎の魔術がどういうものかも丁寧に教えてくれました。
セイバーの顔が近いww
士郎は実際にやって見せようとしますが失敗。

しかもセイバーに集中してないとズバリ指摘されてしまって(^^;
そりゃ夜にあんな暗い場所で二人きりだと緊張もするわな。。

士郎はよくそのまま寝てしまうようですが、体が冷えるし、痛いよね・・・

眠る士郎の元に怪しいが伸びてきて・・・!?
首にぐるぐると巻き付きます。
士郎が気が付いた時、そこは柳洞寺の境内??

一気に連れて来られたようです。
士郎の眼の前にはキャスターが。
下唇にだけ色を付けてるんですね~

今まで冬木の街で起きていた怪事件はキャスターの仕業で、集めた魔力は
柳洞寺を陣地にしてそこに貯めているのだと判明。

キャスターが士郎を浚った目的は令呪を奪うこと。
マスターとして一番弱いから士郎が狙われたようです。
慎二も弱そうだけど、サーヴァントが守ってるってことなのかしらん。

セイバーは霊体化できないし、士郎が連れ去られてから気付いてるくらい
だし。

セイバーは柳洞寺へと急ぎますが、結界が張られていて中に入れず。
正門へ行くと、そこにはサーヴァントが。

しかもクラスだけでなく真名まで名乗ってくれて・・・!
「アサシンのサーヴァント、佐々木小次郎」
これにはセイバーもびっくりwww

相手が名乗った以上、こちらも名乗らなければと騎士らしく、セイバーが
真名を口にしようとしますが、小次郎さんは関心がない様子で、
「敵を知るにはこの刀だけで十分だ」と。

長刀を抜く小次郎さん。
「ここを通りたいのならば、押し通れ」

うぉ~~~~
来週は小次郎@三木さんを堪能させていただきますd(≧∀≦*)ok! 

綺麗なお姉さんも好きだけど、やっぱり綺麗なお兄さんがいいよwww

その頃、士郎はかなりヤバい状態でキャスターにられてますww
士郎、なかなか美味しいよね。
桜に惚れられ、いつも身近にセイバーがいて、学校では凛と絡めて・・・
敵とはいえ、ライダーさんやキャスターさんという年上のお姉さまにまで
可愛がってもらえてるww

キャスターは士郎から令呪を奪って自分のマスターに移植し、それを使って
セイバーとバーサーカーを戦わせるつもりのようです。

凛も言ってましたが、令呪を剥がすってのは魔術回路を引き抜くことで、死には
しないけどダメージはかなり大きいようです。
ああ・・・士郎・・・キャスターさんにわれちゃうwwww(*/-\*)

っと思ったら、お助けマンが登場。
通りがかりだといいますが、アーチャーは士郎のことをちゃんと助ける気。
キャスターの糸も切ってくれたので士郎の体は自由に。

突然、目の前にアーチャーが現れ慌てるキャスター!
「アサシンめ!何をしていたの!!」
ヒスを起こしてますが、キャスターとアサシンは協力関係にあるのかどうか?
まるでキャスターがアサシンのマスターであるかのような口ぶりですよね。

そして、またもキャスターにもアサシンにもマスターの姿は見当たらなくて。。
ライダーのマスターは慎二って判明しましたが、彼らのマスターは・・・

怪しそうな人は既に出て来てますね。

「しばらくそこから動かぬことだ。
あまり考えなしに動くと見ての通り八つ当たりを食らうことになる」
「女の激情というのは中々御し難い」

クールなアーチャーがかっこええですわ!! (*>ω<*)ノ 
どれだけのヒス女を見てきたことやら。

「全く・・・少しばかり手荒いことになりそうだ」

女性に手を上げたくはないがサーヴァントならば仕方あるまい、ってところで
しょうか。

全く・・・アーチャー@べ様の魅力全開ですわねw (p≧∀≦q)〃 


今回はまだバトルにはなってませんが、次回は小次郎さんとアーチャーで
楽しませてもらおうと思います。

そうそう、今回、忘れてはならないのが、セイバーのお休みスタイル。
なんか寒そうだったんですけどwwww


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック