薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

PSYCHO-PASS サイコパス2 第10話「魂の基準」感想

おいおいおいおいおいおい

東金朔夜くんはお笑いキャラのまま退場なのかい??
もうちょっと何かやってくれるキャラだと期待していたのにまさかの本物の
道化だったとはwwwww

それはそれで笑えるけど・・・

なんていうかねぇ・・・
マザコンはいいと思うのですよ。
むしろ、それを活かしながらあの粘着質をさらに進めてりを持たせた
なら、さぞや面白いキャラになったであろうにと。。

何があろうとシビュラの元、その基準でもってのみ人を裁くことを美学
するとかね。

つまりは必ずターゲットの犯罪係数を上げさせ絶対にドミネーターでのみ
裁くことをモットーとする
とか。
最後までそこだけには拘るキャラだったら、それなりに彼も魅力あるキャラ
になれたと思うのに。

おばあちゃんを撲殺とかはアカンわ・・・。
がっかりでございました。

せっかくこれまで築きあげてきたキモさや異常さがすべて無に還ってしまう
くらい残念。
もし、撲殺しかなかったとしても、あの状況でもクリアを保ったおばあちゃんを
ドミネーターでは裁けなくて「なぜだ!?」とか騒いでみせて欲しかったです。

で、どうしてもおばあちゃんを消さないといけないから自分の美学に反して
殴ってしまったけれど、その自分を許せなくて自我が崩壊し始めるとか、
そういうややこしい方向への拘りをみせて終わりを迎えるキャラでいて欲し
かったです。

鹿矛囲によって あっさり700越え」ドン!では呆気なさ過ぎて・・・。

マザコンに見せかけての実はオカンを裏切ってたとかそういうのも期待した
んですが・・・。
途中でオカンにバレて消されるってのもいいかなと。

それと狡噛さんがまたも白昼夢で登場ってのも・・・(^^;
ま、一回は有だとしても二回はどうかと。。

朱が思考を巡らすときに、狡噛の思考パターンをトレースして参考にしてる
ってのは面白いと思うのですが、その場合はあんな風に妄想とか白昼夢で
登場してもらわなくても、声だけでもよかったんじゃないのかなと。

もしくは朱が想像する中でこんな風に動くだろうって予想した姿が出てくる
のはありだと思うのですが、そこに生霊のように現れるのはどうかと(^^;

狡噛さんならこの場合どう考え行動する?
こうか、それともこっちか・・・?いや違う、きっとこうだ!
とか何パターンも考え意向錯誤しながら、狡噛の思考に近づいて行く朱の
姿を見てみたかったです

あの場面で狡噛の思考をトレースしたら「殺れ!」になってしまうでしょうがw

まぁでも、朱の中の善良な狡噛さんが登場したおかげで平常心が戻ってきた
ようです。
そして、朱のサイコパスをクリアに保つ手段が妄想であることが判明
それは非常に分かる気がする。。


鹿矛囲は地下鉄の線路を水没させ、自分たちごと閉じ込める形に。
禾生局長は「地獄の季節」の再現だけならとっくに処分していると脳内
シビュラ会議にて発言。

身内が人質になった時点で事件から外れるべきだと待機を命じられた
朱ですが鹿矛囲が起こした事件の分析と作戦の立案に動きます。
禾生局長の元へいく朱を見て「黒く染まれ」を送ってる東金がw
祖母のことを聞き、朱が鹿矛囲に怨みを持ち、サイコパスが濁ることが
彼の愉しみですからね。

鹿矛囲は乗客を閉じ込め犯罪係数が300オーバーになりそうな者から
パラライザーで気絶させてます。
理由は対象の計測にはドミネーターの処理が不可欠なため、通常の動作
では追いつかないほどの大量のデータを送り処理させることでネットワーク
に現れるバイパス経路
を探り、そこからシビュラの位置を特定したかった
ようです。
なるほど。

でも、シビュラシステムって日本中の人間を監視してるんじゃないんです
かね?
なんかいつも狭い範囲だけしか監視してないっぽいですけど。。
公安も地方はどうなってるのかしらん。
500人でいっぱいいっぱいになってて大丈夫なのかな。

既に禾生局長は鹿矛囲の目的に気づいてたようで、現れた朱にあと一時間
で鹿矛囲は目的を果たすと告げます。
朱もそれを阻止するためにシビュラが鹿矛囲の暗殺を朱にさせたいと考えて
いることを見抜いていて。

これまでの事件の性質や地獄の季節の接点を考慮した結果、鹿矛囲の目的
が美佳の報告にあるような東金財団への報復ではないとわかってて。。
ずっと鹿矛囲はを問うてましたもんね。

禾生局長は人質ごと爆破させるため、立てこもり区画の頭上への爆弾設置を
三係に指示済み。
閉鎖空間で一方的に狩られる側となった人間がサイコパスをクリアに保てる
可能性は極めて低いってことで人質は既に潜在犯とみなしてるようです。
その起爆の指示を朱にさせる魂胆。

朱は500人以上の命まで奪おうとするやり方を非難しますが、禾生局長は
止めに葵が殺されたことを告げます。
朔夜の仕業なのにまたも鹿矛囲がやったことにしてるがな。。

「自分を取り戻すための殺意を肯定しろ」
朔夜は朱が黒く染まることが嬉しくて堪らないようです。

祖母を殺され発狂寸前の朱。
鹿矛囲への憎しみも募って・・・
ってところで狡噛さん白昼夢にて登場。

「法が人を守るんじゃない。人が法を守るんだ」と朱が狡噛に言っていたことを
思い出させ、鹿矛囲を止めるためのピースは揃っているのに使うことを躊躇う
朱の背中を押します。
煙草の狡噛さん偉大ww

くわ島の元へ行き、鹿矛囲の携帯を聞きだすと直に交渉。
人質を解放するなら望みを叶えると。

朱はシビュラは鹿矛囲を受け入れるべきだと考えているようです。

免罪体質者を取り込むことで完全性を保ってきたシビュラが個人ではなく
集合体として形を成す鹿矛囲を裁くには鹿矛囲を成り立たせている概念
を認めるしかない。

鹿矛囲の狙いは集合体としてのサイコパスをシビュラに裁かせること。
それは集合体であるシビュラ自身も裁きの対象になるということ。

これを裁かず鹿矛囲を処分すれば自らの完全性を否定したことになる。
つまりは集団として裁かれることを認めなければシビュラに未来はないと朱。

シビュラの存在が許されているのは「平等で完全な裁きが行える」からで
あり、その完全性にほころびが生まれた今、その存在が脅かされている
ということになると。

朱の暴走を止めようと監視官権限をはく奪しようとする禾生局長にどう喝!
「あなた個人の見解はどうでもいいと言っているの 東金美沙子!」

「自分たちがどうすべきかは全員で考えろ」と朱。
今のシビュラ代表が東金美沙子だと見抜いてましたね。
かっこええ!!

美沙子が月影先生に見えて仕方がないww

局長は爆破を指示しますが、爆弾は起爆せず。
公安に爆弾は配備されていないことから使われているのが以前の事件の
ものだと見抜いてた鹿矛囲側が制御を奪ってたんですね。
酒々井が三係の敵として姿をみせました。
あまりの変わり様にみんなびっくりでしょうねww
しかもラリってるぽい(><)

鹿矛囲にシビュラの位置情報を渡すという朱を阻止するため朔夜がやって
きますが、「お芝居はもうやめませんか」と朱。

美佳の報告書を読み東金財団と鹿矛囲の関係から美沙子が免罪体質で
シビュラに組み込まれてる可能性を考え、朔夜の経歴も調べ直してました。

意図して監視官を潜在犯に陥れた経歴から、朱のことも黒く染めたかった
のだろうと予測。
大当たり!
それまでの彼の行動と照らし合わせて結論つけたようです。

くわ島に聞けば、祖母のこともどこからが彼の仕業か理解したでしょうし。

あっという間に・・・凄いわ。。

そこへ鹿矛囲も現れ「彼女は君程度には染められないよ」
いきなりドミネーターを向け「散れ、漆黒」
700越えだから即、殺処分。

それにしても東金にはもうちょっと何かしゃべらせてからでもよかったのに
というか、最後に何を言うか聞いてみたかったw

って待てよ?
もしかしてシビュラが本気になったら、酒々井監視官の権限もはく奪できる
んだから鹿矛囲のドミネーターを止めることも可能だよね?

当然、今どこで作動してるかリアルタイムでわかってるだろうし、誰が計測
されてるのかもわかってるだろうから。。

ってことで東金はまだ何かやらかしてくれそうな気配??

そして、そろそろギノちゃんが活躍するに違いないと思ってる。
だって残り1話だよwww
雛河くんも何者なのか知りたいwww
何者でもないのかもしれないけどwww

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : PSYCHO-PASS サイコパス

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

PSYCHO-PASS2 #10「魂の基準」、追記も含めて感...
朝っぱらから失礼しております(^^;) ものすごい朝っぱらですね(^^;)今日は久しぶりに家族全員が寝坊していい日なんですよ! 久しぶりに誰も何も予定が無い!!(^0^)という訳で わたし...
PSYCHO-PASS 2 第10話「魂の基準」
「賭けてみても良いんじゃないか、負けるなよ」 局長から待機命令を受けた朱は大きな賭けに出る 鹿矛囲に会いに向かう朱に 東金さんも動く! 【第10話 あらすじ】 透明人間が姿を見せながら行動を起こした。地下鉄に爆弾を仕掛け、700人以上の乗客を人質にとった鹿矛囲は、人質に向かってドミネーターによる無差別攻撃を開始する。鹿矛囲の目標に気づいた朱は局長の禾生と面会。そこで鹿矛囲抹殺...
[2014/12/13 21:33] WONDER TIME