アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2014年12月29日 (月) | 編集 |

いや~~~続きが早くみたい!!
ここで終わりかぁ~~っていうか、どこかでキリをつけないといけないから
仕方がないわけですけどね。

作画良かったですね。
特にバスの辺りからかったわ。。

前半は正直あまり興味なくて、あら士郎が凛を意識してデートして楽しそう
でも、見ても見なくてもどっちでもいいかも・・・

なんて思ってたんですよね。
確かに耳まで赤くなったり、パジャマ姿の凛は可愛いと思うし、いつでもどこでも
パクパク食べてるセイバーも可愛かったと思うのですよ。
今回凛は「衛宮くん」じゃなくて「士郎、士郎」って呼んでましたね。

だけど、ストーリーには関係なさそうだし、凛が士郎を気遣って気晴らしを
させてるんだろうくらいにしか思えなくて・・・
お弁当入れるのに使ってた買い物袋がうちにもあったのには笑いましたが。

そしたら、キャスターが出てきた辺りから一転、あっら~~面白い!!
って展開になりましたよね。

藤ねえのデートの相手が切嗣さんでしかも墓参りってのは切なかったですわ。
藤ねえの男を見る目は悪くはなかっただろうけど、あの若さだから早くいい人
が見つかればいいのにと思わずにはいられず。

セイバールートも面白かったんですが、こちらの凛ルートは私としてはより
面白く感じられますわ。
なんでだろ??

別に凛と士郎の関係には対して興味ないし、セイバーより凛の方がいいなと
思ってるわけでもないんですけどね。

単にセイバーのことはもう知ってるから知らない話が出て来て面白いって
だけのことかもですけど。。

でも、アーチャーに切り込んでいく凛は結構好き。
凛は聡いお嬢さんのようで、ちょっとしたことから多くを掴むことができるよう
ですもんね。

雨が降ってきたものだからデートを切り上げて帰るご一行様でしたが、帰りの
バスの様子がどうもおかしくて・・・

最初から3人しか乗ってないし変だなとは思ったんですが、理由があったん
ですね。

バスが転覆する辺りの作画がい!!
いつも背景凄いですけど、ホントに凄いと唸ってしまいましたわ。

水はCGだと思うんですが、それでも凄いわ。
ビックリしました!!

キャスターが結界張って別世界を作ってたようですが藤ねえはお腹見えて
るしもうちょっと下に何か着た方がいいと思いましたわ。
冷えは大敵。
凛のミニスカも冬にそれは冷え症になるよといいたいです。

士郎の魔術回路に興味を持ったキャスターは士郎を自分の傘下に入れる
ため人質を取ったようですが、士郎はキャスターの味方にはならず。
藤ねえを守る代わりに令呪をキャスターに渡してしまいました。

う~~ん。
大切な人を守りたいって優先順位はいいと思うんだけど、この場合、令呪を
渡してしまうのはどうなのか?
キャスターのやり方が気に入らないってのは十分わかりますけどね。
そのためにセイバーを奪われてしまうのはまずくない?

士郎はこのままじゃいけないって思ってるようですが、マスターの力を失うこと
を自ら選択したんですから、あれもこれも手にしようってのは虫のいい話で。
自業自得ではないのかと。

それにしてもキャスターには惚れ惚れ。
あのひらひらするお衣装がいいですわ。
色といい好み。

ただ士郎に「私におりなさい」っていってましたが「下りなさい」ってことかなっと。
わざとなのかしらん。

これまで士郎が自分から何かを楽しもうとしないことに苛ついてた凛でしたが
キャスターによって士郎の過去を知ることになりショックを受けてます。
キャスターは闘わなくとも聖杯を手に入れる方法を知っているようで、これには
セイバーもビックリ。

“魔女”と呼ばれてキレちゃったキャスターはもう士郎なんかいらないと消して
しまおうとしますが、士郎が令呪を差し出したために勘弁してあげることに。
腕取られて藤ねえも殺されるってみんな思っていたのに実はキャスター優しい。

藤ねえのためセイバーに無駄な令呪を使ってしまった上、セイバーをピンチに
させ奪われるとは・・・士郎らしいといえばそうなんですが。。

彼女の宝具・ルールブレイカ―で簡単に士郎の令呪うと令呪が3個とも
戻ってましたね。
便利というか、これがあったら上手いことマスターを騙していけばサーヴァント
と闘わずして勝てますよね。

セイバーにずっぷりやられてしまった士郎はどうするんだろうと思ったらなんと
アーチャーがやってきました。
凛と連絡が取れなくなるとちゃんと探してくれてるようです。

赤い矢をいっぱい放ってかっこよくアーチャー登場。
今回はもしや出て来ないんじゃないかと心配したんですがよかったです。
内側から結界破ってやっと外へ出ることに。
取り残されたセイバーの顔が・・・
いわ。。

これまでの士郎は重症を負っても回復が早かったのですが、セイバーいない
しで痛そう。。
動いてはアカンレベル。
それなのにやっぱり動いちゃう士郎。

後半の作画がより一層よくなってましたねv
お風呂上がりの凛はセイバーに対してアーチャーが肩入れしているといい
その根拠が「女の勘」だと答えると、アーチャーは凛を女というには色香が
足りないだの、優雅さが足りないだの、胸がないだの言ってますww
言ってない??

可愛らしさがわかりにくいのが致命的だと言ってますが、わかりにくいって
ことはわかってはいるけどってことですよね。
その後、凛はアーチャーに対して、セイバーに肩入れしていると考える理由
について解説。

これはもしや凛??
ってところですよね。
で、アーチャーの方も士郎よりも藤ねえを心配してるしwww
早速、キャスターから退治する気満々。

士郎の方はあの赤い宝石を見つけて凛が自分の命を救ってくれたことを
思い出したようで。。
この借りは大きすぎると・・・

その頃、アサシン・小次郎はキャスターに説教くらってます。
「死ぬ気でマスターを守れて」って言われてるのに、どうしても一言余分に
なっちゃうのねwww

キャスターもマスターが絡むと短気になるようで小次郎の胸をグチャリ
骨が出てますがな・・・(><)

それでも死なない上にしゃべってるのがこれまた凄いです。

キャスターはセイバーも手に入れて聖杯戦争に勝った気分。
教会へ行って先にご褒美をもらおうってつもりのようです。
大きい方じゃなくて小さい方をまず頂戴ってことで。

が、綺礼もキャスターのいいなりになるわけもなく。
華麗な技を繰り出しバトル開始。

そしてランサーは傍観。
手を出しちゃダメってことみたいです。

士郎はコートに血が付いてる状態で街にフラフラでてきましたが、これって
救急車呼ばれちゃうんじゃないのかしらん。

凛のいる場所を見つけたようですが、よくわかりましたよねw
凛は士郎が諦めないだろうと思ってるくせに敢えてここはキツク。
今の士郎では「セイバーは救えない」と現実を突きつけます。

ま、でも これで士郎は聖杯戦争とは関わりのない人間になったわけで、凛と
しては最初からそうして欲しかったようですからね。
凛としては、士郎さえ自分から諦めればさほど問題はないのかも。

で、ビルからジャンプ。
慌てる士郎でしたが、そりゃちゃんとアーチャーがやってくるわな。
当然来ると信じて飛ぶ凛を、これまた当然のようにお迎えに上がるアーチャー。
とりあえず、アーチャーがかっこええってことですわ。

ラストってことで皆さんがその頃どうしているかを教えてくれました。

久しぶりにイリヤとバーサーカーも見れました。
慎二くんは金ピカさまと一緒のようです。

いや~~ここで3カ月空けられるとか辛いですわ。。
一気にガ~~~っと見てしまいたいのに!!
いろいろ事情があるのでしょうけどね。

で、なんと予告でかなりネタばれ的な要素がww
もうみんな知ってるし、いいよね?ってな感じで盛りだくさんでしたねw

3カ月空くのは残念ですが大人しく待ってます。

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック