FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「黒執事」20巻感想です♪

今年は本当に飴の大量投下でオロオロしてしまいましたねww
原画展やら舞台やらアニメやら沢山楽しませていただきました!
そして現在、連載100回記念!

キャラクター総選挙に参加せねばですv

さて、20巻表紙はフィニ。
これまで使用人の中ではタナカさんが表紙を飾ってますが、後の3人は
なかなか機会がないだろうと思われてましたのに(先生談)今回フィニが
選ばれたことにより、メイリンやバルドが表紙を飾ることも今後ありそうで。

楽しみですね!!

今回のカバー下は・・・
黒エクwwww

今回も全く予想できませんでした。
どっちかっていうと、左手よりも首に手を当てている方に注目してしまって
首を痛めた誰か?とか見当違いのこと考えてましたwww
そっか、左手がポイントだったのかwww

黒エクソシストってことでカバー下の裏表紙の坊っちゃんが凄いことにwww
例のブリッジで階段下りてるよ  (((((゚.゚;) 
って思ったらセバさんがいましたねww

悪魔なだけに笑えないwww
本当にフィニに除霊されちゃったりしてwwwww

では本編感想いきます。
本誌掲載時の感想はこちらです。

GF6月号  GF7月号  GF8月号  GF9月号 GF10月号 GF11月号

前巻の感想はこちら

今回カラーページに登場する人物が少なかったですね。
いつもは結構ズラリと並んでいるのですが。

コミックスで一気に読むと、あ 坊っちゃん復活したvって感じなのでしょうが
これ毎月、坊っちゃん、坊っちゃん、大丈夫ですか!?ってハラハラしながら
見守り続けるの結構大変でした(^^;

でも、坊っちゃんが殻に閉じこもっている間に重要な場面がモリモリ。
仮想世界というか内面の世界というかで現れたもう一人の坊っちゃん。
彼は坊っちゃんのことはなんでも知っていると言います。

私は坊っちゃんは双子で今回現れた勝気な子の方がシエルだと思ってます。
DVDでもやな先生がショートストーリーで裏がとれたと思うくらいの内容を
描かれてますし。
こちらの感想も近々UPしたいと思います。

傍らにある“罪の証”を直視するのが怖くて坊っちゃんは現実の世界に戻れ
ないのだと指摘するシエル。

内面の世界に閉じ籠ろうとする坊っちゃんに理解を示しますが・・・

女王からは催促の手紙が馬丁のジョンから届けられて。。
セバスが鑑定依頼した植物が女王に届くのが早いと訝しがるグレイ伯爵でし
たが、このジョンも相当しいですよね。

セバスと同じくらいの速さで移動が可能ってことですよね?
とても人間とは思えず。
彼もまた人外なのだと思われますが、悪魔や死神ではなさそうですし・・・
そうなると天使??

やっぱり天使が出てくるのかしらん。

坊っちゃんから届けられた植物を分析したところ、軍事転用できるガスが
関係してると知った女王は関わっていると思われるサリヴァンを連れてくる
よう坊っちゃんに要求。

お茶したいわ♪
なんて書いてきてますが、当然、命令ですよね。

人狼の怒りを買ってることから明日出て行けと言われ、女王からも催促が
来たとあってはいよいよ猶予がなくなり・・・
タナカさんに見守れと言われていたものの時間切れ。

セバさんは強硬手段に。
女王からの調査結果と地下でサリヴァンが行っている儀式との繋がりにも
気づいたようですしね。

後は坊っちゃん次第。
強引にフィニを部屋から出し(フィニビックリしてましたよね。セバさんの方が
圧倒的に強かったから)、
女王の番犬の仕事を放棄するのは構わないが復讐の途中放棄
契約違反
だと。

9割がた坊っちゃんをう気でいるセバさん。
これほぼ本気ですよね(^^;

悪魔に魂を喰われるという間際になって、もう一度シエルが現れ・・・
このままその世界にいることを決めた坊っちゃんに「なぜ誰も頼んでいない
のに復讐しようとするのか」を問うてきます。

「僕を犠牲に手に入れた力で」

う・・・キタ。
もう一人の坊っちゃんを坊っちゃん自身と見ることもできますが、この場面
では明らかにシエルの方はお腹のところが血まみれで・・・
あの儀式のとき、ずっぷりやられたのだとわかります。

それに死んでしまった人たちと同じ立ち位置に現れてますからね。
僕に許されたかった?」というセリフも裏を返せば、許して欲しいと思う
ようなことを坊っちゃんがシエルにしたってことですもんね。

そして坊っちゃんは大きな犠牲を払い、自らの魂を賭けてまでも悪魔と
契約した理由
を思い出します。
それは誰かのためではなく、自分自身のため。

坊っちゃんが殻を破った時、その先にいるセバさんが微笑んでるのが
いいですよね。

そして坊っちゃんお目覚め。
ここからは一気に解決へ。
究極魔法を完成させたサリヴァンを「外の世界」へご招待。

サリヴァンが術式を完成させた部屋よりもさらに地下へ。
そこには狼の谷の時間とは全く異質なレーダーが置かれた部屋が。
護符だと思っていたものは発信機で村人の動きがスクリーンに映し出さ
れていて・・・

さらに奥の部屋へ進むとプラントになっていて・・・
そこでサリヴァンは真実を知ることに。

人狼の正体はハリボテを着たただの人間で、瘴気の正体はこの工場で
作られた毒ガス。

人狼や呪いは存在せず、全てはサリヴァンを騙すための作り話。
さらにサリバンが作り上げたのは史上最高の毒ガス・サリン

サリヴァンは自分がずっと創っていたものが村人を守るための魔法では
なく誰かを殺すための兵器だったと知って大ショック。
また、ババ様だと思っていた人が自分の実の母親でこの計画の首謀者
と知ることに。

随分と変な村に迷い込んだものだと思ったらこういうことだったんですね。
村人たちは軍の兵士でサリヴァンの監視役。
これは辛いわな。。 ( p_q)

だから坊っちゃんにはサリヴァンのドイツ語が聞き取れたんですね。
馬を買ったときの老人は完全な方言だけど、狼の谷の村人は軍人だし
方言が少ないってことでしょう。

坊っちゃんはサリヴァンを連れて逃げ、サリヴァンに選択を迫ります。
今日よりも辛い目に遭う可能性のある外の世界へ行くか、今ここで楽に
なるか。

さぁサリヴァンはどうするのか!?
ってところですが・・・
後半怒涛の展開でしたね。
あのファンタジーな村からどう話が展開していくのだろうと予想がつかな
かったのですが、見事なダークファンタジーになってきました。

ここから使用人'sが活躍をみせるわけですわ。

この先ネタばれOKな方は GF12月号  GF1月号 の感想をどうぞ。
最近は感想の時、ストーリーのネタばれは極力さけるようにしてますので
御一緒にGF購読者になりましょうv


では、恒例の趣味の修正箇所探しをざっくりまいります♪
台詞の改行や漢字訂正と影を表すトーン追加は省きます。

その執事、下降
p7 Wチャールズが描き替え。特にフィップスがイケメンにv
p32 オスカーの舌が無くなってる

その執事、激昂
p51 セバさんの目にトーン
p54 セバさんの顔が微妙に描き替え。より場面に合った表情に。

その執事、勧奨
本誌9月号見当たらず。。(><)

その執事、感興
p129 p134 p164 セバさんの顔が微妙に描き替え。より美麗に。

今回も非常に訂正が少なかったです。
セバさんがよりいい表情になってましたね。

キャラ総選挙のはがきをそろそろ出そうと思うのですが、投稿者ネームで
悩んでおります。
カタカナで書くようになってるのですが、私、ひらがな表記なもので。
困ったなとww

これは全く別のネームを考えた方がいいかとか思ってみたりw

 

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2014/12/31 01:04 ] 黒執事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する