アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年01月24日 (土) | 編集 |

やな先生、お誕生日おめでとうございます!! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
先生にとって素晴らしい一年となりますように

健康第一でお仕事楽しんでくださいませ。
応援しております!!

ではでは、
なかなか時間が取れなくて書けなかったDVD4巻の薄い本の感想です。
やな先生描き下ろしのコミックは1巻にもありましたが、とにかくネタばれ的に
こちらがかったので感想を書かせていただこうと思います。

DVD特典の全てをまだ堪能出来てない状態なんですけどね(^^;
購入したことに満足してしまって、大事に保管したまま。。

取りあえず、薄い本だけは毎回即行で読んでおりますが。

 


 

全31Pの薄い本のタイトルは「その執事、看病」

中の表紙はヴィンパパと見つめ合うディーwww

メインはこの二人のお話ですからね。っと思ってるv
パパンのホクロが悩ましい。。(*/-\*) 
そして、真中にはシエル♪

元気っ子って感じなのと、旋毛が右なのでシエル。
パパンと一緒ですね。

可愛いです!!!
ホント可愛いです!!!


セバさんが坊っちゃんを連れ、サーカス団から一時帰宅したタウンハウスでの
出来事。
アグニとソーマに優しくしろと言われセバさんが坊っちゃんに「あ~~~ん」って
したあの時のお話です。

その時、セバさんが坊っちゃんに作ったメニューは・・・
坊っちゃんが昔、一度食べたことのあるもので・・・

セバさんがキッチンにあったレシピ集を読んでる時に見つけたようですが・・・

それは6年前のこと・・・
ボート遊びを計画していたけれどレイチェルが風邪を引いてしまいます。
食欲のない彼女にパパンが消化に良い美味しいものを用意させようとしますが
なかなか気のきいた病人食が思い当たらず・・・

っと、そこでいたのが寄宿学校時代寝込んだ時ディーが作ってくれた病人食
とっても美味しかったらしく、それをレイチェルにも食べさせたくなり、丁度英国に
来ていたディーを呼び出しますwwww

ディーは急用だと言われて慌てて駆けつけますが、病人食を作れと言われて
腹を立てますw
シエルにおねだりされて心がぐらついてるのがw
料理人に作らせろというディーにパパンは「一番の栄養は愛情って言うだろう?」
一言。

「愛情?お前が?」ってうようなディーの表情がいいですわ。
まさにパパンの裏の顔を知り尽くしてるって感じで。

パパンも「ふっ」って笑うんですよ。
意味ありげなやかな笑顔でwww(p≧∀≦q)〃

堪らん!!
この悪のお貴族さまの魔性・・・(*/-\*)

で、ディーは当然のようにパパンとシエルに「リアルおままごと」に引き込まれますw
魔性の親子!O(≧∇≦)O

ディーはタナカさんに借りた割烹着、パパンはメイドに借りたフリルのエプロンw
そこに元気なシエルも加わり・・・
これがまた可愛い。。

幸せな家族にしか見えませんね(/ω\*)

今回だけだからときっちりと仕事を始めるディー。
そして、パパンには「豚肉を糸で縛れ」と指示しますが・・・
そこでパパンは見事亀甲縛りを披露wwww

「豚を縛るのは得意だ」ってパパンのお顔がこれまたしいwww (*≧∀≦*)

何この、「イケナイことたくさんしてきました」感はwwww
パパンの魅力全開 ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
完全保存版でございます!

ああ・・・パパン最高。(///∇///)

これはもう必見というか、絶対薄い本でご覧になってくださいまし。
豚に志願せずにいられようか!?

豚肉は亀甲縛りのままお鍋にwww

さぁ、ここからシエルと坊っちゃんが双子であることの盛大なネタばれきます。
これはもうDVD&Blu-ray 購入者だけのご褒美ですね。

シエルはディーがパパンの寮弟(ファッグ)だと聞いて「寮弟」とは何かを質問。
するとパパンは寄宿学校限定の兄弟のようなものだと教えます。

「いずれ、ウェントン校にシエルが入学すればお前にもできる」と言うパパンに
シエルは「偽物なんかいらない」と答えます。

つまりは「本物」がいいってことですよね。

出来あがった料理をレイチェルの元へ運ぶとレイチェルは大喜び。
レイチェルの旋毛は左。
「坊っちゃんはママ似」

自分がお手伝いした料理をママが喜んでくれたのでシエルも大喜び。

そして「チェスして遊んでくる」っとレイチェルのいる寝室から出ていきます。
レイチェルはその後で「私はもう大丈夫。あの子の様子をみてきてあげて」と。

ここで言う「あの子」が坊っちゃんですね。

今、一緒にいた「シエルの様子を見てきてあげて」って言うのも意味が繋がらない
わけでもありませんが、心配をするにはちょっと元気過ぎですし。

「まだ病み上がりだから、はしゃいでぶり返すといけないしね」とパパンも言って
ます。
とてもシエルは病み上がりには見えすw

次のコマに咳き込む坊っちゃんが。
それを聞きつけたタナカさんが子供部屋に顔を出すと・・・

部屋一面に玩具が散乱していて。。
男の子の姿は一人しかコマに入ってませんが、チェス盤やトランプ、すごろくなど
明らかに二人でするゲームが・・・

極めつけは二人分の食器

タナカさんは「今日はたくさんお召し上がりになりましたな」と声をかけています。
ってことは普段は食が細いってことで、そんな子が二人分を食べるとは思えず。

ここで回想は終わり、現坊っちゃんに。
旋毛は左。

坊っちゃんは翌日熱がぶり返し、ボート遊びには行けなかったようです。
ここでも、まさか子供ひとり置いて夫婦だけでボート遊びに出かけたとは思えず
シエルを連れてパパンたちが出かけたってことでしょう。

そして「先代たちが手料理を作ったのは一度だけだから覚えていた」と坊っちゃん
は言ってます。
先代たち」ではなく「先代たち」なので明らかに自分は参加していない
ってことですもんね。

双子でなければ成り立たない話です。

時々、旋毛がどっちかわからないこともありますが、重要なところではしっかりと
描き分けがされてますので、これはもう先生からのギフトですよね。

ヴィンパパもしいですし、ディーとのみも楽しいですし、重要なストーリー
に関わるお話もありで、この薄い本は必見ですd(≧∀≦*)ok!

ぜひぜひ、素晴らしい内容をお確かめくださいませ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック