FC2ブログ

薔薇色のつぶやき  別館

アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

黒子のバスケ 第53話「ジャマすんじゃねーよ」感想

コイツは俺のもんだ。
次々に技をい、自分のモノにしていく灰崎。

あれ~~~こんなシーンあったっけ?って思ったらオリジナルだったんですね。
ストバスを眺める灰崎。
ほぉ~いいプレイじゃないかと思ったもんだから転がってきたボールを拾い上げ
真似っ子してみます。

「見たとこ中坊」とか言われてますが、あり得ん!!!!
どう見ても中坊ちゃうてwwwww

灰崎にコピられ、一瞬で大汗かいてるおっちゃんらが気の毒www

福田総合の石田さんだっけ?どうも木吉に似すぎてますよねw
毎回、この人兄だったりしないのかなと思ってしまいますわw

少しずつ差を広げられ(作画は素敵だけど)いつものキレがないと言わ
れてる黄瀬。
崩れる黄瀬をみておかしいと感じる誠凛メンバーたち。

ここで青峰が冷静に分析。
やんちゃさんに見えていつも彼は冷静に試合みてますよね。

技のストックはあるものの灰崎相手となると使えるものは限られるから慎重に
選んで使っていたのに片っ端から奪われストックが付き始めた。

が、問題はそれだけではないと。
オーバーワークによる足の不調をリコも見抜いていたようです。

突然立ちあがったら邪魔だよ火神・・・
アンタデカイんだからさ。。(^^;

まるで歯が立たない上に技のストックが尽き、足にも痛みが・・・
このまま灰崎に追いつけず約束を果たせないのか・・・

絶望感に覆われる黄瀬。

っとここで立ち上がったのは黒子。
「信じてますから、黄瀬くん!」

流れが完全に福田総合に渡り、海常はここまでかとみんなが思い始めたのか
声援が抑え気味になったところに大声援

これによって黄瀬くん、復活!!!

すごいチャージだわ。
っていうか、この後の切り札みたいなのがあるんだったらもう少し前半に余裕を
持っていても良さ気なのに、このギリギリの崖っぷちみたいなのが・・・
もしや、黒子っちに心配して欲しかったのか!?
演出だったのか!?

まさかねw
そこまでの余裕があるのなら素晴らしいけどw

黄瀬くん、NTR扱いされたことへ反撃
勝手に纏わりつき、彼女気取りされてうんざりしてたのだと。
見た目に群がるバカ女の一人を獲ったくらいで調子に乗ってんじゃねーよ。

そーだ、そーだww
自分の見た目が優れていることとバカ女は多数いたことをしっかり認めてますv

その後、黄瀬が見せたのはみどりんの高弾道3P!
なんかメッチャかっいいんですけど、きーちゃん!! (*≧∀≦*)
ちょ、みどりんよりキマッてない???

なんなの!?どうして?
みどりんはシュートを決めていなとは思うけど、かっけぇ~~とはならないん
だけど。
シュート数が多いから目が慣れてしまってるのか、無意識でギャグ要員認定して
しまっているからか?

同じ事をしてるのにオリジナルの人を越えたように思えてしまいましたわ。
みどりんゴメンちゃい。

キセキの世代のコピーだけはできないとみられていたけれど、実はそれを克服
していたんですね。

パーフェクトコピーd(≧∀≦*)ok!

ただし、体への負担が大きいから限定5分。

だから早々には使えなかったという。。

青峰の技もコピーして見せます。
いやいやしいですわ。

女なんかいくらでもくれてやると黄瀬くん。
「興味ございません」発言はカミングアウトと取っていいのか!?

そんなことよりも大事約束がある

はいはい、承知しておりますともv

目の前で自分には出来ないことをされ動揺した灰崎は味方のプレイをコピー。
シュートを打つも紫原のブロックをコピーした黄瀬にまれ・・・

底なしのバスケセンス圧倒するきーちゃん。

これはもうアカンわ。。
っと思った灰崎は帝光バスケ部時代、赤司に言われた言葉を思い出します。

「バスケ部辞めろ」

近々黄瀬にスタメンを奪われるからプライドが傷つく前にと親切に切り出して
くれたようで。
優しいんだか冷酷なんだか(^^;

混在してるのが彼ですけどね。

赤司が言ってた通りだったと、黄瀬が強いということを認めざるを得ない灰崎。
が、それでもタダでは済ませない。

足を痛めていることを見抜いていた灰崎は黄瀬の足を踏み、強引なプレイに。
ラフプレイは見苦しいのだけれどね。。

花宮の方が灰崎よりましという声が海常から上がってましたが、それでもやっぱり
ラフプレイはアカンて。
技を奪うのとケガさせるのは違う。

ま、コートの外で暴力行為に及ぶ灰崎もダメ子ちゃんであるのは確定ですが。

灰崎の最後の悪足掻きも及ばず、海常の逆転勝利。

これで誠凛の相手は海常と決まりました。
うわぁ・・・
着々とラストに向かって話が進んでるのを実感。。

負けた灰崎の元へ青峰が。
バスケ以外であいつらの戦いに茶々を入れるなと忠告。
彼が何を考えているのか見抜いてたようですね。

「てめぇは黄瀬に負けたんだよ」

力ずくで止めろとばかりに殴りかかってくる灰崎を一発で仕留めてしまいました。
あらあらww

勢いあったのに灰崎が意外に弱かったのか、青峰が異常に強かったのかw

青峰の仕業と分かれば桐皇もただでは済まされないでしょうが、灰崎が「青峰に
やられました、何とかしてください」なんて訴えるとも思えずwww
なるようになるさと放置www

そしてその後、中学の時には捨てたバッシュを今回は捨てなかったオリジナル。
ま、私は灰崎に特に思い入れはないので付けたしはあってもなくてもどっちでも。

それよりも帝光時代、彼がバスケを辞めるのを止めにきた黒子に対して向けた
思いが・・・

本当に悪い奴、怖い奴は他にいる。
「残ったお前等の方が可哀想な目に遭わないとは限らない」

意味あり気ですよね(><)
これまでの展開からラスボスは神秘のベールに包まれた赤司だとわかりますが
それにしても不気味で・・・

帝光のキセキの世代と黒子の間に何があったのか。。
いずれ判明しますけどね。

今回は灰崎に結構オリジナルが足されてましたが、パーフェクトコピーのところ
は原作読んでてかなりおお~~~~!!ってなったんですけど、アニメでは割と
あっさり目で終わったような感じ。

もう少し、試合の中できーちゃんの華麗なプレイを見てみたかったですね。
作画がしんどかったのかしらんw

それにしてもエンカは何なのwwww
の部屋なの?
の写真を見てるの???

みなさん、いろんな妄想炸裂させてくださいまし o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン 

 

スポンサーサイト



ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 黒子のバスケ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

黒子のバスケ第3期 第3話「ジャマすんじゃ...
黒子のバスケ第3期 第3話「ジャマすんじゃねーよ」「信じてますから!黄瀬君!!」苦境に立たされた黄瀬と海常 そんな時黒子が!あらすじはコチラ帝光時代、バスケ部は辞めても年...
[2015/01/27 20:00] SOLILOQUY
黒子のバスケ 第3期 第3話「ジャマすんじゃねーよ」
黒子のバスケ 第3期 第3話「ジャマすんじゃねーよ」 「信じてますから!黄瀬君!!」 苦境に立たされた黄瀬と海常 そんな時黒子が! 公式HPより 灰崎の能力は、一度見た技をコピーするのではなく"奪う"。それぞれの得意なプレイを封じられ、追い詰められていく海常。 コピー能力によって多様な技を持っている黄瀬さえも、試合が進むほどに、使える技のストックが尽きてきて...
[2015/01/27 20:05] SOLILOQUY 2
黒子のバスケ 第3期 第3話「ジャマすんじゃねーよ」
黒子のバスケ 第3期 第3話「ジャマすんじゃねーよ」
[2015/01/27 20:05] SOLILOQUY別館
黒子のバスケ BS11(1/27)#53
第53Q ジャマすんじゃねーよ 公式サイトから灰崎の能力は、一度見た技をコピーするのではなく奪う。それぞれの得意なプレイを封じられ、追い詰められていく海常。コピー能力によって多様な技を持っている黄瀬さえも、試合が進むほどに、使える技のストックが尽きてきていた。さらに、ハードな試合の中で黄瀬の足も限界に近づいていて...。完全に福田総合有利の流れ、思うように動けない焦り。ついに膝をついた黄瀬に...
[2015/01/28 11:53] ぬる~くまったりと
黒子のバスケ #53「ジャマすんじゃねーよ」 、感想
必ずそこに行く! 大切な約束があるから・・・! 「ジャマすんじゃねーよ」 あらすじは公式からです。 灰崎の能力は、一度見た技をコピーするのではなく"奪う"。 それぞれの得意なプレイを封じられ、追い詰められていく海常。 コピー能力によって多様な技を持っている黄瀬さえも、試合が進むほどに、 使える技のストックが尽きてきていた。 さらに、ハードな試合の中で黄...
[2015/01/28 18:18] おぼろ二次元日記2