アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年02月25日 (水) | 編集 |

今回はヴァローナ回でしたね。
ほぉ~~~変な言葉を話すと思ったら父親が変だったww

ロシアには仕事に忠実すぎる機械のようなイワンか、ネジが飛んで規格外れの
イワンの二種類しかないってことでしたが、ヴァローナの父が前者でアホっぽい
社長が後者ってことのようですね。

どちらも空気を読むのが苦手なようです。

デニス、サイモン、ヴァローナ、スローンは武器商社に所属してたようで。。
そうだったのか・・・

ヴァローナは武器を勝手に持ち出して逃げてきたそうですが・・・
特別なルートもなしにアンチ・マテリアルライフルなんて日本に持ち込めるもの
なんでしょうかね??

これって対戦車用とかの対物ライフルですよね?
正規ルートによる入国じゃないってことなのかな。

トレーラーやらもどう手配したのかわからないけど・・・いwwww

ヴァローナたちの件でエゴールは日本に派遣されたようで。
ほぉ。。なるほど。
で、露西亜寿司に来たようですが、はじめましてみたいな態度ですが、前に
ここで治療してもらってますよね?
なんでかな?
怪しまれず店の中へ入るためなのか?

今更ながら静雄を止められるサイモンの強さが規格外なのだということがよく
わかります。

小さい頃から父の帰りを一人で待っていたヴァローナは書物を読み漁ることで
暇を潰していたようで。。

ジャンルを問わずなんでも読んでたため知識が豊富なんですね。
っていうか、読むだけならともかく、ちゃんと知識として蓄積されていることが
素晴らしい。。

家に侵入してきた強盗を本で得た知識を駆使し殺してしまった時から彼女は
人間の脆さに関心を持つようになったようで・・・

娘が人殺しになった瞬間のドラゴンの様子から、不器用ではあるけれど娘を
愛してることが伺えますね。
切ない。。

でも、ヴァローナは父親が自分に関心を示したことがちょっと嬉しかったようで。
それは決して称賛してくれるということではないと理解してたようですが。

デニスとサーニヤは返り討ちに遭う前にトンずらしたそうですが、返り討ちって
なんだろうっと思っていたらヴァローナがトンデモナイことをしでかしてたんですね。
敵対組織を一人で壊滅状態にしたって・・・

ヴァローナは父親に褒めてもらえるとかそういう理由ではなく、ただ自分の本能
従い、己の愉悦のために人を殺せるようになっていたようです。

「楽しかった 愉しかった 快しかった 心地好かった 狂しかった」

ってねぇなぁ。。(><)
こんな人、日本にいらんわ・・・

で、杏里のところへ来てたのはやはりヴァローナだったようです。

が、杏里によって反撃くらってます。
そりゃ罪歌があれば無敵よ。

ヴァローナもこれはヤバいと本能で感じとったようで・・・
人間の脆さを確認したいと思ってたヴァローナだけど、今、自分の身体で確認
したいという衝動に駆られてる状態
はさすがにまともではないと思ったようです。

緊急事態の連絡がありトレーラーに戻ると今度はセルティの攻撃が!
首のない姿は異形・・・!

確かに緊急事態ってことでアンチ・マテリアルライフル出してきましたよ!?

え!?つのか????
池袋でか!?って思ったら撃ったwwwww

セルティは咄嗟に分厚い壁を影で作って防御したようです。
よかったよかった。
しかも弾もちゃんとえてる。

あんなものどこかの建物にでも当たったら大変ですもんね。
でもあんなライフルで撃たれて吹き飛ばされただけで済むセルティもい。

杏里は自宅にいると危険ってことでセルティのマンションに泊めてもらうことに
なったようです。
いやいや杏里に限って危険はないと思うわwww(^^;

セルティのメットがないのはダンプに轢かれたからだったようで。
そうか潰れちゃったのか(><)
でもスペアは沢山あるみたいでよかったw

とりあえず影でメット造作。
それでイケるなら最初からそれでいいかと思うのですが、全身黒ってのは味気
ないなぁ。

で、臨也は帝人にちょっかい出してます。

臨也は変態さんと暴力バカさんを一瞬自分の友達・・・かっと過ったようですが
ううん、うと思うwww
新羅はともかく静ちゃんは全くそうは思ってないよ。

臨也は帝人がダラーズに介入することを止めたいようなことを言ってますが
真意じゃないのかな。

臨也の言葉は言葉通りに受け取らない方がいいのではとw

帝人が恐れているのはダラーズの暴走ではなく、自分がダラーズに置いていかれ
ることだ
という臨也の見立ては合ってそうですね。

日常からの脱却を試みるなら常に進化し続けないと・・・
ってやっぱり帝人を嗾けてるとしか思えない(^^;

臨也は自分を帝人の味方だと言ってますが、信用したらアカン人ですよね。
帝人をどう動かそうとしてるんでしょうね。

日本人の男には二人の太郎がいる。
お人よしの太郎とお人よしを利用する太郎。
どちらも読み過ぎるくらい空気を読む

ってロシア人とは真逆ww

青葉が帝人のところへやってきました。
彼もまた帝人を何らかの方向へかそうとしてるようですが・・・

お人よしの太郎は不穏な動きを見せる二人のお人よしを利用する太郎にどう
利用されてしまうのでしょうか??

次回も楽しみにしてます。

 

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第7話 モスクワは涙を信じない 公式サイトからロシアの原野で二人の殺し屋は語る。決して侵してはならぬ不文律を侵した脱走者の話を。組織を抜け、日本で便利屋として活動するヴァローナとスローン。それを追う“哲学する殺人機械”エゴールと、事態の行く末を見守るデニスとサイモン。遠き国から連綿とつづく彼らの物語は、池袋の街でも新たな火種となり広がりを見せ……。 露西亜寿司でロシア語を話せるからとロシア人...
2015/02/26(木) 16:31:25 | ぬる~くまったりと