薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

別冊少年マガジン4月号「進撃の巨人」67話感想 

いや~~~チビ親父が暴走しております。。
ノロいようですが(^^;

あんなデカさで不気味な格好でしかも速かったら・・・
今度こそ人類の終わりがやってきたってところでしょう。

それにしてもあの奇行種というかチビ親父の巨人具合がいいわぁww
頭めり込ませるように走るとかwww

先月号の感想はこちら

エレンは「ヨロイ ブラウン」の瓶によって硬質化の力を手にしたようですが、
もうすでにみんなを助けた後でした。

硬質化した身体からエレンを取りだすには工事が必要だったようです。
そりゃそうだよね。
硬いんだもん。

どんな風にエレンが硬質化して天井の崩落を食いとめたのかはわからない
のですが、サシャが言うには泣き喚きながら気持ち悪い走り方で飛び出して
いってそれから何やら建物を生み出したようです。

ってことは自分の身体を硬くするだけじゃなくて、身体の形を自由に作って
それを硬くすることができるってことですかね。

とりあえず、これでウォール・マリアの壁を塞ぐことが可能となり、エレンの
家の地下室にも行けるようになりそうです。

とにかく早く行って欲しいよ。
グリシャが何者だったのか知りたい!

巨人化の能力を有する薬や、付随する能力を生み出す薬は全部無くなって
しまいましたが、地下室へ行けばこれらがまだありそうですよね。
他に何があるんだろう。。

エレンは人間に戻ったら額の傷は治ってますが、頬に傷がいっぱい。。
これは爪で掻きむしったのですかね???
時々顔の傷がなくなってますが、それは・・・描き忘れ??

時間が経過したら治るようでよかった、よかった。

礼拝堂の地下はどれくらいの空間だったんでしょうね。
すご~~~~くいようです。

チビオヤジ巨人は超大型巨人の倍くらいの大きさで、体が高温のようです。
これでは調査兵団が近づいてうなじを削るってわけにはいきませんね。

それに近くの人間に興味を示さない奇行種のようで・・・

ハンジさんは重傷だと思われるのですが、エレンとヒストリアの話を聞いて思考
する力は残ってるようです。
エレンの中にある巨人の力を仮に「始祖の力」と命名しました。
で、その力の発揮のされ方に興味津々v

そりゃハンジさんならそうでしょうとも。
途中、起き上がってるし、大丈夫なんですかね??

エレンは自分が食われることでレイスを完全な「始祖の巨人」にし、その後
人間に戻ったレイスを拘束し初代王の洗脳を解くことで人類が助かるという
選択肢があることを提示。

つまり、それは自分が喰われる覚悟があるということ。

ひぃ~~~やわぁ・・・(><)
今回何気にエレンが美人さん。

当然、そんなことミカサは賛成できるわけがなく、反対しようとしたところに
ヒストリアが別の選択肢を提示。

レイスを「始祖の巨人」にする問題点を指摘し、それよりもむしろ今の状態
こそが人類にとって千載一遇の望み
なのだと言います。

破滅的平和思想の持ち主から「始祖の巨人」の力を取り上げてる状態
エレンの父が初代王から人類おうとした結果だとヒストリア。

グリシャがフリーダから「始祖の力」を奪いレイス家の幼子ごと殺害したのも
それだけの選択を課せられたからだと。

グリシャはエレンを巨人化するのに「この力を支配しなくてはならない」
言ってましたよね。

この力ってのは巨人の力のことだと思ってましたが「始祖の力」のことだった
ようですね。
それを支配するってことはレイス家の人間ではできなかったことをエレンに
させようってことでしょうが、なんで自分じゃなくてエレンだったのか疑問。

が、ヒストリアの提示する選択肢を選べば、巨人となってるレイスは殺す
ことになるとハンジ。
ヒストリアはそれを受入れます。

そしてついに、レイスを追いかけるリヴァイ班は、エルヴィンらと合流!
うわぁ・・・随分と久しぶりですよね!!

みんな命の危機に遭いながらも残り僅かになってしまった調査兵団が
やっと結集\(^o^)/
お互い気配で感じ取ってるエルヴィンとリヴァイの結びつきが尋常じゃない・・・
しかもお互い名前呼び。。 (*/-\*)

ハンジは起き上がってエルヴィンを呼んでますが・・・
え?やっぱり元気なの?

リヴァイはエルヴィンに「ハンジのみ負傷」って報告を入れてますけど
かなりの部下がお亡くなりになっていたはずでは・・・
いいの?そんなざっくりで。。

エレンはレイスに「叫び」の力を使おうとしますが、まるで効かず・・・
叫ぶ以外にも何か条件が必要なようですが、巨人に触れるってことなの
かな??
何か違う気が・・・

命懸けの状況になったときとか???
う~~~ん、わかりません。

リヴァイはエルヴィンに報告はごまんとあるが・・・っと前置きし、まずは
目の前の巨人がレイス卿であり、それをどうするのか団長としての意見
聞きたいと促します。

エルヴィンはオルブド区の住民を囮に巨人をおびき寄せ、壁上固定砲で
攻撃することを指示。
が、それでも倒せない時はエレンの力を使うと。

壁の上で待機する104期生。
なんとサシャに食欲がないと!?

これは何の伏線なんでしょ????
恐ろしい。。。。

ま、それだけ大変な修羅場をくぐってきてたってことですよね。

っと、安全な場所で待機の命令がでてるヒストリアが戦闘態勢で参加。
「自分の運命に決着をつけにきました」

以前、リヴァイに言われたことを行動に移すってことで。。
リヴァイはびっくりですが、自分が言ったことですもんね。。
ヒストリがが自分の意思で動き、いい感じになってます。

一方、エレンは・・・
多くの人の命を背負わされることに(><)
あんなデカイの止められるのでしょうか??

無理だと思うわ。。
エレンが巨人化したところで大きさが違い過ぎる・・・
硬質化して手足をもぐとか?

動きを止めてからうなじに攻撃かな??

それにしても確かに最大級(デカさ)の脅威です。
デカイにも程があるよ。。

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画

[ 2015/03/11 02:03 ] 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する