FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2015年03月14日 (土) | 編集 |

ついにアニメは完全に追いつけず、最早、感想は書けないまま終わりそうな
気配。。
取りあえず、原作の感想行きますv

これまでの感想はこちら

 

今回は手嶋のターンにございました。
それにしても真波相手にるなぁ。。

坂道は他校からのプレッシャーを受け、ま~~だ後ろの方でウロウロしてます。
が、手嶋のオーダーを思い出し・・・
「なるべく前に」[離れるな」
これはメッセージだと気付きます。

山で待っているから、追いついて来い。

やっと坂道にスイッチが入りました。
ウロウロ、オロオロしていた坂道が自らプレッシャーを出し・・・

パワーアップして帰って来た「ラブ☆ヒメ」2期目「ラブ☆ヒメ☆ぺったんこ」
のOPテーマを口ずさみ本気で廻し始めましたwww

これまで道を塞がれてきたのに山口の山際の言葉で道が開け・・・

「ロードレースは紳士のスポーツ」
数多くいる選手の中で前年優勝者“ゼッケン1”は最もリスペクトされる存在
戦略上の理由もなく前を塞ぐなんていうのはカッコ悪い


前年度優勝者が全力で上がろうとしているのならむしろ道をあげてやることが
俺達の「1」への敬意だと。
カッコいいこと言うなぁ。。

道を開けてもらい低姿勢で礼を言いながら上がっていく坂道に誰もが「敵ながら
応援したくなる」ようで。

集団に追いつき、ここを抜ければチームに合流できるというところまできた坂道
でしたが、その行く手を塞ぐチームが現れ・・・

ハハハハ御堂筋くんの京都伏見ですね。
なんと御堂筋くんは坂道に協調を持ちかけます。

坂道はそれに乗るべきなのかどうか必死に考え・・・
っと、手嶋の言葉が浮かびます。

「もし悩んだら、考えられる選択を全部考えて悩んで、一番最初に思いついた
ことをやればいい」

坂道が出した答えは「お断り」
一人でチームに辿りつくことを選択。

そりゃそうだよww
御堂筋くんが良心から坂道を運んでくれるわけがないよwww

坂道は御堂筋が指示した山口を振り切り(山口くんいい奴だったなぁ)ついに
チームに合流
3分半の遅れなら坂道を行かせろと指示を残した手嶋でしたが、坂道の遅れは
4分半。

今からでは「行く」ことはできても「追いつく」ことはできない。
今泉くんも「集団の中で足を休めた方が賢い」といいますが・・・
当然、坂道がそれを聞くはずもなくww

そして今泉くんもみんなも当然それをわかってるw
「それでもいくか?」
「うん!!」
ですよねwwww

オレたちの想いを届けろと坂道を送り出す総北。

箱学・泉田は無駄に足を使う必要はないと坂道を放っておきます。
どう考えても4分半の差を追いつくことは不可能。
しかも泉田は坂道を「手嶋の救出係」だと勝手に思い込んで納得ww

この思い込みがないんだけど、泉田らしくて可愛いwww
きっと後でショックを受けることになるんだよwww

その頃、手嶋は真波に喰らいついてます。
「お先に失礼します」っと追い風を受け、あっさり引き離しにかかる真波。
が、真波のを見たにもかかわらず心折れることなく「無理」はオレの必殺ワザ
とばかりにえる手嶋。

真波は楽しそうにグイグイとスピードを上げて行きます。
半分気絶しかけながらも集中力を切らさず必死に真波に付いていく手嶋。
追う理由はシンプル「自転車が好きだから」

真波は手嶋のようなタイプは初めてだといいます。
たいていは一、二度引きちぎればあきらめる。
が、踏まれても踏まれてもあきらめない手嶋はまるで“夏の雑草”だと。

年上相手に褒めてないよねww

でも、それは真波なりに手応えを感じてるってことのようで「本気で走って
おかないともったいない」とさらに加速。
それでも喰らいつく手嶋。

これは相当いわね。。
手嶋にこれだけの力があるんだったら、もっと前に結果が出せたようにも
思うのだけど、今なのね。

山岳ラインまで残り2キロ。
前を一人で独走していた最右翼と言われる川原を抜く二人。

真波から引き離されないよう付いているものの、このままでは勝てない手嶋。
どこかで抜かさなくてはと「チャンス」を探ります。
とはいえ、真波がミスるわけもなく・・・

どっちかというと自分の方が崖っぷちでヤバい状況。
全力でがむしゃらに走る手嶋をギャラリーたちが応援してくれます。
その声を力に手嶋はさらに食い下がり・・・

っと、突然、真波が失速!?
へ!?なんで????

どうやらチェーンれてしまったようで・・・
相次ぐギアチェンジで外れやすくなってしまってたんでしょうか?
自転車のことはよくわからない(^^;

こんなチャンス滅多にないんだからね!!!
っとばかりに手嶋がきました!!! \(^o^)/

のこり400m!!
まさか、純太が山岳リザルトのか?????
へ????

マジっすか???

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック