アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年03月29日 (日) | 編集 |

「デス・パレード」も最終話ですね。
どう着地するのか見もので♪

知幸の記憶を送ってもらうデキム。

ノーナの行く手をむかのように現れたオクルス。
ノーナの頭の中を覗こうとしますがノーナは拒否。

あらオクルスも人形だったんですね。
じゃ最初にこのシステム創ったのは??
神でもういないってこと??

最後まで設定がよくわからないというか、気にするなってことですかねw

虚無ってのはどこか異次元とか2あるのだと思ってたんですが、単に彼らのいる
場所の下に存在してるようです。
有限の空間に収まるのか?

デキムは知幸を眠らせ自分の部屋にでも連れ込むのかと思いきや、そうではなく
(ま、そうでしょうねwwwwデキムさんだからwwww)

クラヴィスに一番下へ連れて行ってもらいました。
え、そこって虚無じゃなかったのか??

現実の世界と繋がっているようですが・・・

デキムは女の子の部屋のベッドの上に腰かけているという非常に美味しい
状況
ですが、まるで何もわかってないようですwww
あのお人形は手作りだったんですね。。

知幸のお母さんが帰ってきますが、知幸の姿は視えないようです。
実体に触ることは出来ても生きてる人には存在を感じられないようで。

デキムが現世に知幸を連れてきたのはお母さんに会わせるためではなく、
知幸を生き返らせるためのようです。

世界では1時間に7千人もの人が亡くなっていて人生は不公平だというデキム。
生を全うする命もあればすぐに亡くなってしまう命もある。

デキムは「一人の人間の命と引き換えに知幸を生き返らせることができる」といい
知幸にボタンを押すよう促します。

知幸の代わりに死ぬことになる誰かは確率的には知幸の身近な人の可能性は
低いといえるようですが・・・
そりゃ自分と入れ替わりでお母さんが・・・ってのは辛いですもんね。

でも、お母さんとしては自分の命と引き換えに我が子が生き返るのならその方が
いいと考えるでしょうが。

知幸が生き返ることになれば、知幸に関わる人の記憶から知幸の死の記憶は
消えるようです。

知幸の気持ちが理解できなくてお母さん失格だと泣く母の姿を見て、知幸は母と
もう一度話したいと願います。

娘が自殺した母親は一生罪悪感から逃れられないでしょうね。
例え、自分のせいではなかったとしても、一生自分を責めてしまうのではないかと。

どんな形で亡くなるのも残された人は辛いだろうけど自殺は本当に残された人が
辛いから・・・

母ともう一度話したいと思う知幸ですが、それでもいざ、自分の代わりに誰かが
死ぬということはその人を大切に思う人に哀しみを背負わせることになり・・・

例え自分とは関係のない人であってもそれはできないと・・・

命を粗末にしてしまったことを後悔し泣き崩れる知幸。
もっと早くに大切に思ってくれる人の気持ちを理解できるとよかったね。

人は気持ちを分かりあえないと言っていた知幸ですが、それはまさに自分も
同じだったということで。
号泣する知幸の姿にデキムは胸にしいを覚え・・・
自分の代わりにボタンを押してくれと知幸に頼まれますが・・・
自分が押せないからってそれもどうよ・・・なんですけど。。(--;

っと、デキムが動揺し苦しみ始めると空にヒビが・・・
あ・・・デキムの創り上げた世界だったってことだったようです・・・

知幸の記憶を送ってもらったのはこのためだったんですかね。
悲しみが痛みを伴うものだと知るデキム。
知幸に苦しみを与えてしまったことを謝罪します。

彼は知幸のことを理解したくて気持ちを知りたくて行ったことだと。
結果的には裁定のために極限状態を作り出した形になってしまいましたね。

自分は裁定者だからこんなやり方しかできないと涙を流し「ごめんなさい」と
繰り返すデキム。

うわ・・・これはアカンわ・・・
こんなボロボロと泣き崩れるデキムさん かわいすぎる。。(*/-\*)

音楽いいなぁ・・・
思わず知幸も「もういいよ」とデキムの涙をぬぐい抱きしめ・・・

デキムさんの眼が・・・!!
綺麗な丸い瞳になってる。

デキムたちの様子をみていたオクルスは裁定者が人間に近づけば裁定が困難
になるだけだと言います。
が、ノーナは困難になるからといって人間を適当に裁いていい理由にならない
「この世界が今のままでいいはずかない」と。

まだ隠されてることがいろいろあるような感じですよね。

「苦しんで抗う、生きるってことはそういうことでしょ」とノーナ。
が、生きたこともない人形が生きることを考えるのは意味がないことだと言い、
「人間に近づいたところで人形に変わりない」とオクルス。

それでもノーナは「私たちは生きてる!」と。

人形だとはいえ、あれだけ感情もあるようですし、知性もあるみたいだし人間と
変わりないようにみえますよね。

デキムさんだけが「生まれたて」って感じでwwww

知幸は“転生”になったようですね。
知幸と一緒に裁定をすることでデキムはより人間に近い感覚で裁定を行うこと
にしたようです。

不気味な笑顔も別れ際になって自然な微笑みとなりました (〃∇〃v)

ギンティのバーにあるこけしってこれまで裁定した人ってことですかね。
数が少ないから、虚無へ落とした人か、忘れたくない人ってことか?
マユがこけしになってました。。

裁定者について呟くノーナでしたが、4つめをオクルスが続けます。

4つ、裁定者は生命に寄り添ってはいけない。
彼らが壊れてしまうから。

え~~~~デキム、壊れてしまうの???
って思ったら、いつも通りクイーンデキムでいい笑顔でお仕事してました。
しっかり知幸人形も作ってるしwww

よかった、よかったwww

デキムは大きいお人形でギンティはこけしで忘れないようにしてるってこと
ですかね・・・
ギンティもなかなか味のある子でしたね。

ノーナもオクルスに目を付けられたもののそれ以上何かされるでもない様子。
女子会してるくらいだし、大丈夫そうですね。

なんでクイーンデキムなんだろうって思ってましたが、デキムさんヒロインって
ことであれば納得wwww

ラストは例のOPがEDに。
あの明るいOPは最後までストーリーとは関連なさそうでしたが好きでしたわ。

このOPホントしいwwww(*´∀`*)


裁定に対しても脚本に対してもいろいろと思うところはあったり、結局最後まで
よくわからなかったりではありましたけど
デキムさん可愛かったしOPが楽しかったのでいいか!とw d(≧∀≦*)ok!

こういう細かいこと考えず楽しむアニメもいいものだなと思いましたwww
なんだかんだで毎週楽しみにしてましたから♪

スタッフのみなさま、キャストのみなさまお疲れ様でした!
また2期があればいいなと思ってます。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「痛いです、これが悲しみなんですね」 知幸の記憶を受け取り裁定するデキムさん! そして、人間の感情を与えようとするノーナに対してオクルスは…   【最終話 あらすじ】 死者の裁定のために存在する裁定者は、生も死も経験できない人形であり、人間の感情を知ることはできない。この理にノーナは抗い、裁定者が変化する可能性をデキムに賭けていた。デキムの知幸への裁定を見届けようとするノーナの...
2015/03/30(月) 21:00:20 | WONDER TIME
最終回 第12話 スーサイド・ツアー 公式サイトから死者の裁定のために存在する裁定者は、生も死も経験できない人形であり、人間の感情を知ることはできない。この理にノーナは抗い、裁定者が変化する可能性をデキムに賭けていた。デキムの知幸への裁定を見届けようとするノーナの前に、彼女の企みを知ったオクルスが姿を現す。当のデキムは知幸を眠らせ、ある場所へと連れて行く。知幸が目を覚ますとそこには――。 ノ...
2015/03/31(火) 19:05:52 | ぬる~くまったりと