FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年03月31日 (火) | 編集 |

これはまた・・・
最終回ってより早く続きが知りたいわ。

家に全巻揃ってるんだけど読むべきか・・・
時間がないんだけどww
7月まで待つことになるか・・・難しいところだわw

静ちゃんがバイクを運んでいたのは女の子を浚ったヤツに投げつけるつもりだったようですね。
静ちゃんは「喧嘩でいちいち女攫うような連中と同じ空気を吸いたくない」って
ことであっさりダラーズをけることに。

ああ・・・静ちゃん、ますますかっこええwwwwwO(≧∇≦)O

遊馬崎くんは杏里ちゃんを称えてます。
灼眼の・・・ってやつですかねw

大乱闘の中を悠然とバイクを抱え上げ静ちゃん登場。
格の違いを見せつけてくれてますwwww

ろっちーはヴァローナと杏里の間に割って入ってますが、一体誰が一番
んだか・・・
やっぱ静ちゃんかww
サイモンか?

女の子を人質に取ってたおっさんは勇敢にも静ちゃんに立ち向かってましたが
(池袋で静ちゃんを知らなのは命を粗末にしてるようなものですねww)
瞬殺。

相手にもしてもらってないともいうwww

ヴァローナはいきなり静ちゃんにナイフ投げてましたが、なんで静ちゃんはナイフ
でも平気なんでしょうwwww
静ちゃんの筋肉って鎧なのぉwww

ヴァローナは一応、静ちゃんが人間であることはわかったようですが、人間で
あるが故の恐怖を味わってるようですwww
結局、静ちゃんにバイクを投げられてましたね・・・

ヴァローナが茜を誘拐してるのを知り、そういうことか・・・ってなんか静ちゃんが
勘違いしてる???
全ては臨也の仕業だと思ったようですが、ま、いっかwww

静ちゃんは車を蹴り転がしながらヴァローナたちを追い詰め、セルティと協力して
無事、茜を救出しましたv

静ちゃんが車に眼をやったときはまさか投げるのか!?っと思いましたが、
さすがにトレーラーの場所が特定できなければ投げませんよねw

しっかし、静ちゃんは素手で払っただけで銃はバラバラにしてしまうわ、トレーラー
に穴は開けてしまうわ、背中にナイフが刺さっても平気だわで・・・
化け物よりもいかもしれないw

ナイフが刺されば血も出るし、ちゃんと人間だろうけど規格外過ぎるw
静ちゃんに助けられて、茜はすっかり静ちゃんが気に入ってしまったようですv
これはまたいいd(≧∀≦*)ok!

静ちゃんは年上が好みってどこかで聞いたような気がしますが茜の成長を待って
もいいんじゃないのかと思ってみたり。

杏里は帝人を探しますが見あたらず。
狩沢は杏里が振り回していた日本刀をどこへやったのか興味津々w
でも秘密は秘密のままでもいいようでwww

この人たちは器がデカイというより、なんでも消化してしまうって感じですよねw

帝人はどこへ行ったのかと思ったらろっちーを追いかけていたようです。
自分がダラーズの創始者だから責任をとろうとしたようですが・・・
ろっちーは帝人のいうことは真に受けないというか・・・

嘘を言ってるようにも見えないってことでもし、帝人の言うことが本当であるなら
「ダラーズを手放せ」と忠告。

「お前みたいな純真すぎる奴にゃ荷が重い。わざわざこっち側に来ることなんか
ねえさ」

親切心で言ったことだと思いますが、その言葉は帝人の全てを否定する言葉
だったようで・・・・

帝人はダラーズの変化において行かれることが怖かったのではなく、池袋という
街に置いて行かれるのがかった
のだと気付きます。
置いて行かれるどころか、そもそも最初から池袋という街の非日常に追いついて
なかった
ことに気づいてしまいます。

正臣は池袋に来ていたようですが、帝人に声をかけなかったようですね。

静ちゃんが粟楠会に巻き込まれた件は新羅が間に入ってくれたこともあって落着
したようですね。
結局、あれは専務の仕業だったってことなの?

静ちゃんが出てきておかしなことになって言ってるけど、静ちゃんを誘導したのは
臨也だし、粟楠会を混乱させるために静ちゃんを使ったってことなのかな。

臨也は敵対してるところと繋がってるっぽかったし。

裏でいろんな人が動いてるようでややこしいです(^^;

ヴァローナの父は粟楠会に娘が茜を誘拐したことを不問にしてもらう代わりに武器を
流すという取引を持ちかけてきたようです。

青崎さんも赤林さんもい人だわ・・・
ヴァローナとスローンの二人が一瞬で倒されてしまいました。。

膝関節をうとは・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

スローンは粟楠会で好きにされちゃうようです。
どうされちゃうのかく気になるんですけどww

ヴァローナの方は露西亜寿司の面々が引き取りに。
それでお店を休みにしたんですね。

「ガキってのは固まってないからどんな風にでも変わって怖い」って流れで廃工場
に場面が移ったので怖いのは帝人だってことはわかりましたが、まさかの
びっくりでしたわ

ボールペンを持ってる時点でまさかブっ刺したりしないよね・・・っとは思ったんです
が、手の甲にいくとは(><)

骨とかもあるんだよ??

ちゃんと消毒とか包帯とか持ってきてる時点で計画性があったと見た方がいいのか
いつも持ち歩いてるってことなのか・・・
いずれにせよ・・・ヤバいわ。(ー_ー;)

杏里を巻き込んだことに腹を立ててるようですが、「怒りを受け入れろ」って帝人に
なんであっさり青葉も従うのか疑問。

彼にも帝人を利用したい理由があるのでしょうけど。

帝人は今のダラーズは自分の望んだ在り方ではないし間違ってるから正す
つもりのようです。
かといって、ダラーズにはルールがないし、ルールを作った時点でダラーズでは
無くなるからでもって変えようってことのようで。

帝人にはさっぱり共感できないのですが、彼がどんな風に動いて行くのかは気に
なるところです。

その頃、臨也は・・・
何やらまた動いてるところで澱切と名乗る者にされてしまいました・・・!
え??この人ってルリの会社の社長じゃなかったっけ?
で、ヴァローナたちに茜の誘拐を依頼した人だよね。

もっとじぃさんだったはずだけど?

思いっきり途中ってとこで7月まで待たされるわけですねw
これは勘弁だわwww

やっぱり読むべきか・・・・悩むwww

取りあえずは7月を楽しみにしてます!!!

 

 

 

デュラララ!!×13

デュラララ!!×13
著者:成田良悟
価格:680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
>ヴァローナは一応、静ちゃんが人間であることはわかったようですが、人間で
あるが故の恐怖を味わってるようですwww

恐怖半分、喜びの興奮半分ってところですw
ヴァローナさんは強い人間が大好きですからw
静雄に、いきなりナイフ攻撃を仕掛けたのも、常人離れしたパワーの静雄に興味を抱いたからです。
静雄が現れなければ、ろっちーを攻撃したかもしれません。 
ヴァローナさんは戦闘狂なんです。

>結局、あれは専務の仕業だったってことなの?

そうです。 スローンに依頼してやらせました。
殺されたのは三人とも他の組や警察と繋がっていた裏切り者です。
本当は目出井組(ラスト近くで臨也が電話してた組)の仕業に見せかけ、手打ちの際に有利な条件を付けるための弱味にする企みでした。

>静ちゃんが出てきておかしなことになって言ってるけど、静ちゃんを誘導したのは
臨也だし、粟楠会を混乱させるために静ちゃんを使ったってことなのかな。

臨也の最大の目的は静雄に対する嫌がらせですねw
静雄と粟楠会を潰し合わせるつもりだったんですが、精神的に成長していた静雄は、粟楠会に一切の反撃をしませんでした。
さらにスローンが澱切の依頼で茜をさらい、これを静雄が救出したことで、粟楠会も静雄を真犯人扱いするのをやめてくれたわけです。
2015/04/04(土) 22:43:07 | URL | #-[ 編集]
デュラララ!x2承は原作の第6巻までを描いているので、そこまでなら読んでも問題ないと思いますよ。
むしろキャラの状況や心理描写がわかって作品への理解が深まるかと。
2015/04/06(月) 23:47:03 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最終回 第12話 艱難汝を玉にす 公式サイトから各所で燻っていた火種が大きな騒乱となって、池袋の街を飲み込んでいく。“ダラーズ”と“To羅丸”の抗争、その裏で糸を引く青葉、獲物を狙うヴァローナ の猛攻、攫われた茜を追うセルティ、逃走をつづけていた静雄、遠くの地で混乱する街を眺め嗤う臨也。彼らの向かう先に待つものとは。そしてこの騒乱の中、 帝人が出した答えとは――。 静雄がバイクを担いでやって...
2015/04/01(水) 10:11:14 | ぬる~くまったりと
「ルールの無い世界で自分の望みを叶えるには 力が必要なんだ」 力を求める帝人が選んだのは―― デュラララ!!×2承、最終話!     【最終話あらすじ】 各所で燻っていた火種が大きな騒乱となって、池袋の街を飲み込んでいく。“ダラーズ”と“To羅丸”の抗争、その裏で糸を引く青葉、獲物を狙うヴァローナの猛攻、攫われた茜を追うセルティ、逃走をつづけていた静雄、遠くの地で混乱する街を眺...
2015/04/02(木) 20:39:27 | WONDER TIME