アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年04月07日 (火) | 編集 |

楽しみにしてたUBW♪
さて、どこからだっけか??
っと思ったら、そうそうキャスターにこっぴどくやられてセイバーが奪われて
しまったところからでした。

セイバーが捨てられた子犬の眼をしてた続きからですね。

士郎は大怪我を負い帰ってきましたが、切嗣の言葉を思い出し、10年前に
自分が抱いた理想を思い返します。

誰もが幸せな時間、誰もが涙しないという理想。
マスターになったから闘ったのではなく、自分がやらなくてはいけないことだと
信じたから闘った・・・
ならば、やるべきことは最初から決まっていた。

翌日には回復したってことですかね?

ここでOP。
ランサーがいことになってます!期待!!

そして唐突にセイバーさんが綺麗なドレス着てお尻突きだしてるんですけどw
何このポーズ O(≧∇≦)O
このスチルは見た事あるけど、こんなに唐突に現れるのだとは思わず///

それにしても見事なまでのセイバーの姿態ですwww
「令呪が少しずつ侵食」ってキャスターさんの言葉もエロいことしてるとしか
思えずwww

なんかドレスがものすご~~~くたくし上げられてるようなのですが??
何のためにwww
このドレスといい、なんでこんなことになってるんでしょうww
息子に訊いたらキャスターさんの趣味ってことですがww

キャスターさん、素晴らし過ぎるwwwヽ(*´∀`)ノ

このポーズもキャスターさんがさせてるんですかね?
そこまでは教えてもらえなかったんですがwwww
スタッフの情熱を感じますwwww

趣味でお楽しみのところ、葛木先生が現れキャスターさんビックリw
一人で悪さしてたところを最愛の人にみられて恥ずかしかったのか、単に急に
現れたから慌てたのか、セイバーの霰もない姿を見せたくなかったのか・・・
セイバーに関心がいったら大変ですしねwww

慌てて葛木先生に駆け寄ってます。

が、葛木先生はキャスターの行動に対し質問をするだけでセイバーの姿態に
ついてはまるで関心がないのか完全スルーwwww
どゆことだwwww
そういう態度もきだけどwww

葛木先生はキャスターが帰ってこないから様子を見に来たのでしょうか。
キャスターは早く先生にお寺に戻って欲しいようですが、先生はお構いなしに
セイバーがよく視える位置に御着席wwww
何なんだwww
関心があるのか、ないのかwww

その頃、凛は・・・
アーチャーの心象風景を見ていたようで・・・
数多くの英霊、サーヴァント、その中でも別枠の守護者と呼ばれる安全装置

アーチャーもそのひとりってことのようで。

彼らはあらゆる時代に召喚され人の人間の手による自滅のみを抑止する
人々を救うために呼び出されたのに救うより先に人間が仕出かした不始末を
押しつけられ、やがて虚しいと思い人の世を侮蔑するようになる

アーチャーは死んだ後でさえ、理想に裏切られ続けたのだと凛は知ります。

凛の太股への視線誘導が見事www

凛とアーチャーはキャスター陣営を倒すための策を練ったようですが、凛が
言った一言へのアーチャーの反応が・・・

キャスターを倒すことに異存はなさそうですが、アーチャーは士郎とセイバーに
再契約をさせたくなさそうです。

むしろ阻止したいとすら思ってるような・・・
不穏な空気に凛は気づいてないようです。

いきなり凛とアーチャーはキャスターたちの前に出ていきましたが、セイバーが
させられている格好にはお構いなし!?
なぜなの!?

そこはしく反応するところじゃないの????
アーチャーも全く興味なしなのwww

そして士郎もやってきましたね。

凛は全財産ぶちまけてキャスターとやり合おうってつもりのようですが、これ
どっちが強いんですかね。
やっぱり凛に勝ち目はない気がしますが。。

凛を攻撃しようと突進してくる葛木先生。
予定通りアーチャーが相手をするかのように見えましたが、なんと凛を突き
飛ばしました!?

ここでアーチャーが離反!?
この展開はチラリと聞いてましたが、いざ目の前でみると寂しい。。
アーチャーにはずっと凛と一緒にいて欲しいと思うのですけれど・・・。

キャスターと手を組むことにしたアーチャーですが、これって凛を助けるためでは
ないかと思ってみたり。
セイバーがキャスターの元にある状態では勝ち目がないとみて、ここはひとまず
敵陣営に寝返った振りをして隙を伺うとか??

ま、令呪があるから自分の思うようには動けないでしょうが。
チャンスを伺うことは可能なような・・・

本気で裏切るつもりなら凛を生かしておく必要はないですし、わざわざ見逃すよう
仕向けてますもんね。

驚いたことに葛木先生相手に士郎がそれなりに戦っちゃってます!!
これっていことでは???
サーヴァントでさえ、やられちゃうってのに (((((゚.゚;)

この後、凛と士郎のなにやら楽しい時間がやってきてますが、私はそっちより
キャスターさんの方が気になってwww

セイバーだけでなくアーチャーも手に入れて、最早自分の勝ちは揺るがない
確信し、葛木先生に喜んでもらえると浮かれ捲っているだろうに・・・

でもキャスター陣営が最後勝利するルートはないから、彼女の葛木を勝たせる
という願いが叶うことはないわけで・・・

若い子らの方はあっさり士郎が「前から好きだった」と告ったことでいい感じに。
凛の手元にまた赤いペンダントが戻りましたが、それは士郎のために使った
ものではないことが判明。

同じペンダントが二つ存在・・・。
これは既に理由を知ってるので「おお~~いよいよついにか!」って感じです。
薄々凛が気づいていたことが確信に変わったってところでしょうか?

EDのアーチャーがかっこええ~ (*≧∀≦*)
けど・・・痛々しいわ。。 ( p_q) 

セイバーさんは結局最後まであの格好のままだったんですね。
士郎も最初こそ、助けなきゃ!っぽかったのに途中からは凛のことしか頭に
なかったようなwww

あとでアーチャーはなんであんな格好をセイバーがさせられていたのか訊いたり
するのかしらんw
そこはみんなそっとしておくところなの?
アーサー王があんなことになってるのにwwww

ここにギルちゃんがいたらどんな展開になっていたでしょうかwww
もしやどこかで見てたりする!?

次回も大いに期待したいと思いますv

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック