アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年04月13日 (月) | 編集 |

今回は生方さん大活躍。
いい奴だなぁ。

私は普段の生方さんより、家で引きこもって情報収集、分析して対策練ってる
生方さんの方が好きだわ。
メガネかけて身の回りとかも構わずモノがひっくり返った部屋で足掻き、必死に
なり女だと舐めたことを後悔させてやるって本気になってる姿
はかっこええよ!

これまでの感想はこちら

DAYS(10)

DAYS(10)
著者:安田剛士
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


選手権東京都予選を決勝まで勝ち上がった聖蹟。立ちはだかるのは
"絶対王者"東院学園。
「東京最強」水樹寿人を擁する聖蹟か、「無敗の男」保科拓己率いる東院か。
全国を懸けた激戦は、意外な男の活躍で幕を開ける━━!!

試合前日になっても臼井との練習で成果がみられないつくし。
うわぁ・・・ダメじゃね???
っと思ったらようやく何かを掴んだようで・・・。

生方も自ら集めたデータを駆使し、対東院学園のデータプランを発表。
なかなかい内容のようで・・・。

いきなりの東院の攻撃。
立ち上がりから東院が先制するのは珍しいようで・・・

が、生方はこれを予想していたため、慌てることなく対応する聖蹟。
そして東院の布陣を読み、その真の目的が“水樹封じ”であることも
読んでいて・・・

立ち上がりから聖蹟もギア全開で。

こぼれ球にいち早く反応するつくし。
でも、動きが直線的ですぐに対応されてしまい・・・
これまでだったら、それで封じられていたところ。

が、今回は相手のをかく動きが!
なんで出来てるのかはわかりませんが、相手のマークを完璧に外しフリーに。

そして、一気につくしからシュート。

惜しくもキーパーに弾かれてしまいましたが、オープニングシュートは聖蹟。

その後、君下もどんどん攻め、水樹対保科のマッチアップに!
主将対決は保科の勝利。

ここは一旦冷静になって組み立て直すところかと思いきや、真っ向勝負
挑む聖蹟。

ここで主将である水樹が折れたままでは絶対に聖蹟は勝つことができない。
もう一度主将対決に持っていきます。

同じ相手に二度負けたら立ち直れないリスクを負うけれど、水樹は保科を
きましたv

保科はファウルで止めるのがやっと。
止めなければ確実に点を取られていたところ。
これで引き分け

聖蹟はFKに君下を。

君下は直接狙わず、東院のゴール前で聖蹟の緊迫した攻撃が続きます。
フリーになったつくしのところへパスが通るものの、ドリブルとかはさっぱり
だからすぐにつくしをマークしてる浦にわれて・・・(><)

まだまだプレイは未熟なようで・・・(^^;

が、スローインからの攻撃でまたもつくしがフリーに。
絶好のシュートチャンス!!

ついにつくしがめるのか!?
ってところですが、保科が反応してきてます。

どうなるのかな、これ??

次巻、つくしが聖蹟の起爆剤ってことなのでシュートが決まったのかな。

続きが非常に気になります。
つくし完全に進化してますねv
凄い活躍ぶりwww





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック