薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

「この音とまれ!」8巻感想です☆

今回こそ、哲生の出番が増えてますように!!っと願ったものの
叶わずwww
ハハハハ部員じゃないもんね。
仕方ないか。

これまでの感想はこちら

この音とまれ!(8)

この音とまれ!(8)
著者:アミュー
価格:473円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

右手の負傷で思うように弾けない愛に引きずられ、時瀬高の演奏は
バラバラなものとなってしまう。
しかし、お互いを信じる気持ちで持ち直し、聴く人の心を揺さぶった
彼らの演奏の結果は!?
そして大会後は学園祭に向けて動き出す愛達だが!?

今回は恋愛要素が盛りだくさんでしたね。
女の子の方が意識してるだけって感じですがw

学祭もあって楽しい学園生活を送ってます。

若い子たちの恋には頑張れww
としかいえないわwww

神奈川の優秀校は無名の珀音高校。
「君の音は不思議だ」って愛に興味をもった澪という子がいる高校。
時瀬の次に演奏したようですが、その音を時瀬のメンバーは誰も聞いて
なくて・・・

どんな演奏だったんでしょうね。
ただ、明陵の桜介は「あんな演奏されちゃね」っと結果に納得してるようです。

結局、最優秀校は明陵と珀音の2校に。

涼香ちゃんも時瀬が選外であることは当然の結果だと。
コンクールでミスをしたのだから。

が、「水原が演奏を持ち直すきっかけになるなんて思わなかったし、久遠が
弾き切れるとも思わなかったし、あそこまで全員で演奏を盛りかえせるとも
思わなかった」と言います。

「ベスト以上の演奏をした。よかったよ、お前らの演奏。いい演奏だった」
滅多にないお褒めの言葉をかける涼香ちゃん。
その上「お前らは もっと上手くなれる」と。

本当に思ったことしか口にしない涼香ちゃんの言葉だからみんなの心に
響いたようです。
必ず全国へ行くという目標についても、もう無謀だとは言わなくなり。。

ああ・・・涼香ちゃんがいよいよ本格的に大好きな音楽にもう一度向き合って
みよう
と思ったようですね。

「好きだから関わりたくない」と音楽から離れてしまった涼香ちゃんでしたが、
やっぱりいい音を聴くと関わらずにはいられないってことのようですv

手始めに学祭で筝曲部が弾く曲をってきます。
さっさっと書いてきちゃうのがい。
時瀬の筝曲部は人前で弾く経験がなさすぎるからまずは場数を踏めってこと
ですね。

みんなは涼香ちゃんが箏の楽譜を書いてきたことにびっくり!!
涼香ちゃんは「2年も筝曲部の顧問をやってたら箏の楽譜くらい読めるし書ける」
としれっと答えます。

さすが、サラブレッドです!!!!
かっこええっすわ。 o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

涼香ちゃんの両親を知った筝曲部メンバーはこれまたびっくり!!
耳の肥えた涼香ちゃんに「もっと上手くなる」と評価してもらえたってことは
本当に自分たちには可能性があるのだとみんなやる気になります。

涼香ちゃんの方も筝曲部のみんなが上達するために必要なものをどんどん
与えてきます。
「圧倒的に“音楽に触れる量”が少ない」と涼香ちゃん自ら厳選したCD,DVD
を山のようにどっさり持ってきて聴かせますw

出来る限りたくさん 優れた音楽を聴け
そんでいろんな音と表現を知れ
自分の中に吸収しろ
音楽性をうんと養え
そしたら今よりもっと弾くの楽しくなるぞ

ほんと、その通りだよね。
彼らのために、涼香ちゃん自身が音楽と向き合うことにしたことがしいわ。

っていうか、私にとってこの作品は涼香ちゃんが再び音楽に関わることになる
人生のリスタートを描いた作品
だと思ってるwwww

が、せっかく涼香ちゃんが力を入れ始めたと言うのに、筝曲部は学祭で演奏
する曲を練習する間になにやらモヤモヤしたものを抱え始め・・・
集中できてない音はすぐに見抜く涼香ちゃん。
ちょっとがっかりモード。

本番はさぞ散漫な演奏になるだろうと期待しなかったようですが、なんと本番
では心を一つにしていい演奏をしちゃう筝曲部の面々。
「やっぱ面白い奴らだ」と涼香ちゃんは感心するのでしたw

で、もやもやの原因が恋だと知ることになった涼香ちゃん。
さすが大人です。
部に迷惑がかかるからそういう気持ちは無くすという来栖に対し「どうせなら
パワーにしてみせろ」と。

私はこれまで散々人に嫌なことをしてきた来栖がこんな純真な気持ちでいること
に驚きましたわ。
でも、よかったよねv

全国大会へいくための選曲を任されたさとわは、難易度的に妥当と思われる曲を
数曲涼香ちゃんに渡しますが、涼香ちゃんはセンスがないと全て却下

「お前たちが全国へ行くための曲」が必要で、難易度ではないと言う涼香ちゃん。
全ての音源をさとわから借りると片っ端から聴きまくり・・・

なかなかお気に召す曲がなかったようですが・・・
ついに見つけたようです。
キラキラした目をする涼香ちゃん。
れるわwwww (〃∇〃v)

次巻、全国大会への練習が始まるようです!
涼香ちゃんがどんな曲を選んだのか楽しみです。

ああ・・・やっぱり哲生もいいけど、涼香ちゃんいいよね!

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

[ 2015/04/17 22:06 ] 少年向けコミックス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する