薔薇色のつぶやき  別館

アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~

アルスラーン戦記 第3話「黒衣の騎士」ざっくり感想

ざっくり感想いきま~す♪ 

圧倒的に有利と思われたパルス軍はルシタニアの策略により大敗。
カーラーンの裏切りを知るダリューン。
事情を知ればダリューンも責めはしないとのはどういうことか?
カーラーン側に正義ありって意味だとは思うのだけど。

でも、話を聞こうともしないダリューン。
いかなる理由があろうと裏切り行為は認めないってことのようで。
さっさとりかかってます。
仕事早いな。

アンドラゴラス王はかなり強引みたいだけど、臣下たちは王を偉大だと
尊敬してるようだし、国自体はとても豊かで平和に見えるから理由が
あるとしたら即位に関してってことかと。

銀仮面卿とのやり取りがコミックスの方でちらっとあったように思うから
なんとなくはわかるのですが。。

取りあえず、カーラーンとしても国を想うが故の裏切り行為ってことですね。

で、やっぱりダリューンは居ては邪魔だとから嵌められたようです。
それをすぐに見抜いたダリューンはなかなかい。
そして、戦況を左右しかねないダリューンの戦力も凄いことです。

兵の被害の大きさから、このまま戦っても勝てないと判断したヴァフリーズは
王に退却を進言。
王が退却したことはカーラーン配下の者により逃げたと流布されます。
そのため、パルス軍はバラバラになり大敗。

あの王に限って・・・とは将達は思わなかったようですね。
ってことは心から尊敬されていたわけではなく、また信頼関係も希薄だったって
ことのようです。

それにしても、武人の恥と頑なに退却を聞き入れようとしなかった王が王妃の
身に危険が及ぶ
と言われ退却を承諾するとは。。
あんなに冷たくされてるけど、本当に王妃が大事なんですね。

無敗のパルス軍も内側から切り崩されるといようです。
兵が多ければ多いほど命令系統が乱れると収拾がつかなくなるのでしょう。

退却する王を待ち伏せる銀仮面の将@梶くん。
随分と大人キャラに挑戦のようです。

銀仮面の男はルシタニアの客将ということで、アンドラゴラス王を倒すため
ルシタニアについてるようです。

ヴァフリーズはじぃさんですが、とんでもなくいです!
こんなに強かったのか・・・!!
が、その上をいく圧倒的強さをみせる銀仮面の将。

ああ・・・ヴァフリーズが・・・(ノД`)

16年間待ち続けたと言う男の正体は!?

アンドラゴラス王を倒すために、これだけのを巡らしてきたのだから相当
頭が切れ、かつ王に余程のを持つ者のようです。
っていうか今回の策は全部彼によるものだったんですね。

ルシタニアは異教徒を皆殺しにするようですが、中にはそれを良しとしない
者もいるようです。

今後、ルシタニアの国内でも歩調がずれることがあるってことの布石のよう
ですね。

一方、アルスラーンの方は、ダリューンが来たことで助かります。
アルスラーンを乗せるシャブラングと誰の馬かわらかない馬の顔がいいですv

王都への道はルシタニア兵に押さえられているだろということで、ひとまず
ダリューンの旧友であるナルサスを頼ることに。

「今は生きてこそ」
ダリューンの言葉がこれまでアルスラーンが経験したことのない状況になった
のだと感じさせます。

ナルサスとはアンドラゴラス王の怒りを買い追放されたようですが、現在は
優雅な隠居生活中。

エラムが身の回りの世話をしてるんですね。
二人きりなのか!?
とかは大きなお世話ですよね(^^;

そしてEDほどではないにしてもイケメンナルサスが登場!!
賢い男大好きです!!
イケメンであるならなおさら!!

ダリューンとナルサスいいよね(*≧∀≦*)
過保護で強い男と賢くクールな男、美味しくいただきます(〃∇〃v) 

 

スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : アニメ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

アニメ アルスラーン戦記 第三章「黒衣の...
そうだ・・・すみません、更にまた先ほどの感想とつなげるんですけどまた朝から引き続き、梶さんのお声を聞くこととなりましたね。 ホントにお疲れさまだな〜、梶さん(^0^;)そして朝...