FC2ブログ
アニメやコミックの感想を「大好きなキャラへの歪んだ愛」を織り交ぜながら綴ってます。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。 腐率高めだけど最近は大人しめ 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2010年09月06日 (月) | 編集 |

?呀とカデンツァが去り、気を失う夕月。
本邸では ツヴァイルトたちが夕月を心配しています。

いつも繰り返し。
闘いで自分たちが傷つくと夕月に癒してもらい、その分夕月が背負って倒れてしまう。
だから自分たちはパートナーと共に闘い、出来るだけ傷つかないようにしなくては
ならない。。

「黒刀、奴は自分の獲物だとか抜かすんじゃねえぞ」
焔椎真の言葉を翻訳する愁生。

「焔椎真は “一緒に闘おう”そう言いたいんだ」

表現が拙い焔椎真をフォローする愁生 この二人は特に息がぴったりでwwwww

前世ユキとルカとの記憶。
哀しい目をするユキに なぜか?と問うルカ。
「私には貴方を想うことしかできないから」

それだけで十分だとユキの髪に手をやるルカ。
「お前が俺の生きる意味だ・・・」
何度生まれ変わっても ユキの魂をみつけ護る・・・

どれだけルカがユキを想っているか伺えますが、もう少し、過去について情報が欲しい
ところです。
もやもやしたまま ずっと進んでいるので(原作もですが)

あんまりもったりぶられると お姉さん 持たないwwwww

目を覚ました夕月は 自分の中に奏多はちゃんと存在するけど 奏多の中には
?呀が存在する。。だから この戦いを終わりにしなくてはいけないと
自分の気持ちにケリをつけたようです。。

一方、天白さまは 闘いの準備をしているとのことですが 
こればかりは 誰も助けることはできず
ただ彼が耐えているのを 見守るしかないようです。

冬解さんだけが お部屋の出入りを許されているっぽいですね。

他の人には 心配をかけまいとしているのでしょうね。 
冬解さんにだけは 心を許す というか 自分をみせている天白さまが ??

自分の弱いところも全部みせられる相手ってことなんですね。。
「これまで 良く仕えてくれた・・・」

天白さまは いよいよ最終決戦を行う覚悟なんですね。。

弱弱しく床に伏せてる天白さまも 素敵です(*´д`)ハァハァ

 

そのころ、?呀は 自分の孤独を救ってくれた夕月、人を信じることを教えてくれた夕月に
ついて想っていました。
「憎しみと思いで・・・どちらが わが身を焦がすか・・・

?呀が存在するとは言え、奏多であることも間違いないわけで・・・
迷いがあるってことは ?呀にとっては分が悪いですよね。

きっと 夕月への想いが勝ってしまうような気がするんですが。。

そんな主の心を見抜いてか カデンツァたちは 自分たちで神の光を倒す企てをしたようです。
主の真意を試すってことでもあるようです。
このあたり やっぱりお頭が弱いのか??

もし、本当に?呀に作戦があるのだとしたら 邪魔をしてることに他なりませんからね。

夕月が目を覚まし、ツヴァイルトたちが集まって よかったよかったと喜び
みんなで力を合わせて闘いましょう ってやってるのを見守るルカ。

っと 敵の攻撃を感じ取ったのでしょう。が~~(p≧∀≦q)〃??????

本邸の結界を破り 3人のオーパスト襲来。

ルカに夕月のことを頼み出ていくツヴァイルトたちですが、そこは ルカが闘いに出て
ツヴァイルトたちが夕月を守った方が 戦力的に効果があるんじゃないのかな?

夕月は 部屋に残りますが みんなが闘っているのにひとり何もしないでいる状況に
耐えられず、出て行ってしまいます。

今もう一度力を使えば 身体が持たないことを知っているルカは 夕月を止めて欲しいと
黒刀たちに頼み、自分は 他のオーパストを足止め

するはずが ?呀が登場!!

夕月をインフェルヌスへとさっさと連れて帰ってしまいました。。

あらあらあら・・・。

ルカ辛いだろうな。。
ルカにとっては ツヴァイルトと共に闘うってことより何より
夕月だけを守っていたかったんだろうに。
姫が連れ去られてしまって・・・

なんか 呆気ない展開というか ちょっとお間抜けなことになってしまいました。
天白さまが 障子をあける力もなく ビリって障子に穴をあけてる姿に
どれほど憔悴してるのかが わかりました。。激萌!

あれでは 天白さまも 闘えるのでしょうか・・・?

これは ルカ一人でお姫様を助けに行かねばならない状況になってしまったような。。
もともと ツヴァイルトたちは 戦力として どうなんでしょう。。
ジェネラルクラスが相手となると かなり差がある気がするのですが・・・。

次回を待つとします。

【予約】 裏切りは僕の名前を知っている(8)


★お買得!送料込み!【裏切りは僕の名前を知っている】2011年カレンダー




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック