アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年05月06日 (水) | 編集 |

なかなか新刊出てもすぐに感想書く時間がとれなくて(><)
時間欲しい!!
一日48時間くらい。

実写映画化だそうですが、最近アニメ原作の実写化本当に多いですよね。
でも、どの作品も実写化に関しては全く興味がないので誰キャストでも
「ああそうですか」としか(^^;

さぁ今回も太一ですよ!太一!
かれちゃった太一がどうなるのかドキドキでした。

これまでの感想はこちら

ちはやふる(27)

ちはやふる(27)
著者:末次由紀
価格:463円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

高松宮杯大会で新と対戦した太一。
同じA級の土俵に立ちながらも、経験を重ねたぶんだけ知る格の違いに
悔しさがこぼれる。
そんな太一の笑顔を取り戻すため、千早が呼びかけた非公式大会「太一杯」。
そこには、かるたを愛し、太一を支えてきた人たちの姿があった。
数日後、部室で偶然千早と二人きりになった太一は、春の風が舞い込む中、
千早と出会ってからの思いを打ち明ける。
しかしそれは、別々の道をゆく始まりでもあったーー。

太一のいない春をゆく千早たち瑞沢高校かるた部に、全国大会予選は容赦
なく迫りーー!?

太一の想いを知った千早でしたが、だからといって、太一の気持ちを受け入れ
ることはできなくて・・・

でも、太一が離れていってしまったことでやっと千早は自分にとって太一が
どれだけ大きな存在で支えてもらっていたのかに気づきます。

その太一を傷つけてしまっていたことに千早自身も傷ついて・・・
あれだけ大好きだったかるたがくなる千早。

そんな千早に深作先生は「学びなさい」と。
ああ・・・千早は学生だもんね。
今しかできないこと、やっぱり「学ぶ」ことで見えてくるものもあるだろうし。

かるたを取っていても太一のことが気になり集中できない千早はかるた部を
休部。
こんなに千早もボロボロになるほど太一との距離が近かったんだよね。
今まで太一に対して鈍すぎたツケが一気にきてる。

かるたの集中力がそのまま勉強へ向いたのは正直驚きですが、それだけ
今は何かに集中することで気を紛らわそうとしてるのでしょうね。
それにしても恐ろしい程の集中力だわ。
これで成績上がって、千早も大学進学ってことになるんでしょうか。

そして、奏ちゃんはエライ。
太一という柱を失い、千早までいなくなってしまっては部としてどうやっていけば
いいのかって不安もあるだろうに、それでも今の千早の状態では部にとっては
良くない(千早にとっても)ってことで心を鬼にして迷惑だと言い切りました。

太一がどれだけ千早のことを想っていたかを知ってる奏ちゃんだから、千早に
とって太一の存在が大きいことを知ってる奏ちゃんだから辛かったでしょうね。

それでも誰かが部を守らなくてはいけなくて。
そんな奏ちゃんを支えてくれる机くんが今回ホントにしかったよ!
机くん、このまま一気に頑張れ!!

奏ちゃんたちだけでなく、生意気な新入生・田丸妹を実力で抑えるべく肉まん
くんも意地を見せてますし、菫も成長してます!

太一が好きで入部した菫だったのに太一が退部した後も、自分が逃げては
いけないって新入生の指導係をするまでに・・・
やっと先輩たちの苦労がわかってきたようで、いい女になってきてるよ。。
太一はあげないけどね。

一方、太一はかるた部を辞めて進学塾へ通い本格的な受験勉強を始めたよう
です。
そこには講師として周防名人が!?
名人東大だもんね。
家庭教師向きでもないけど塾講師も大丈夫なのかと思うwww
マイク通しても声小っさいってwww

そうそう、あれだけかるた部を反対してた太一ママなのに、太一がかるた部を
辞めたと知って驚いていたのが印象的でしたわ。
太一ママも密かに太一が真剣にかるたに打ち込んでいたことを認めてたんで
しょうね。

だから今の太一を実は心配してるんじゃないのかと・・・
太一ママはもう太一がかるたをするのを嫌がってないっぽし、大学に入って
から名人を目指すのなら応援してくれるんじゃないのかなと。
名人を家に連れてきたら一発OKだと思うんですけどねwww

名人は小論文の特別対策講義担当のようです。
おお~~かっけぇ~~~O(≧∇≦)O
やっぱい男いいよねv

「言葉には力が確かにあることを忘れないでいてください」という名人。
でも、太一は言葉の“力”は呪いだと・・・

青春全部懸けても強くなれないといった太一に「懸けてからいいなさい」と言った
先生の言葉は太一にとっては「呪い」になってしまってるんですね。。

ファーストフード店で食べながら勉強している太一に塾の女の子がイヤホンを
貸そうとします。
っと、それを名人が阻止?

これってイヤホンは良くないってことですよね?
かるたをする者にとって耳は大事だから。

雑踏の中へ耳を塞ぎながら進んでいく名人に思わずついていく太一。
太一に気づいた名人は塞いでいた手を外すと「かるた部を辞めたのか」と訊い
てきます。

あんな かるたを心底好きな人たちの中にいるのはきつかったよね。
君はかるたを好きじゃないのに・・・。
好きじゃないのにすごくがんばって、えらいなぁって思ってたよ。

認めてしまったらそばにいられなかった現実を指摘され太一の目に涙が・・・
張り詰めていた糸が緩んだ一瞬。

「それでも耐えるくらい 好きだったんだね あの人たちが」

太一とかるたで繋っていたたくさんの人が一気に脳裏に浮かんで・・・
うわぁ・・・太一にとってはしんどかったんだ。。

千早と一緒にいるために太一はこんなに頑張っていたんだ。。(ノД`)
堪え切れず涙がれてくるほど。。
そんな太一をう一言。

「いいんじゃない。僕もかるた好きじゃないよ」

なのに畳みの上では無敵の名人。
かっけぇ~~~~~~~!!(*≧∀≦*) 
変人だけどかっけぇ~~~~~~!!

「じゃあね」と去っていく名人を追う太一。
ああ・・・やっぱり太一は名人のかるたをいでいくのかな。
名人のように耳は良くないけど、でも太一も名人と同じくらいの賢さがあるし
あのミスを誘う計算されたかるたは太一にぴったりなんでは。。

攻めかるたより守りのかるたの方が合ってたし、ここで太一は原田先生の
かるたから卒業するのかなぁ。

名人の視力もそろそろヤバそうですしね。
もし、自分のかるたを誰かに教えられたら・・・って名人も思ってるかも。

これで新と実力的に並ぶことになりそうな太一。

千早と太一がいない間も瑞沢かるた部は成長を続けてます。
田丸妹は一人我が道を行ってるようですが(^^;

新は3年にしてついにかるた部を作りましたv
ところが、太一と千早がかるた部を辞めたと聞いてショック・・・。

富士崎と合同練習をさせてもらう新のチームでしたが、初めての練習試合は
戸惑うことばかり。
千早や太一に教えて欲しいことがあるのに新には二人がかるた部を辞めた
理由さえわからず・・・

なんでいつもおれは遠い・・・

新は新で 自分だけが離れていることを寂しく感じてたんですよね。
が、今の新にはチームのみんながいて。。

新は周回遅れのチーム作りだけれど、千早と太一にもらったものを返すん
やと。
二人とまた同じ景色を見るんや・・・っと決意。

自分が千早に告ったことで千早と太一の関係が崩れてしまったことに全く
気付いてない新・・・(^^;
千早と太一にチームを作ったことを知らせるメールを送ってます。

千早は勉強しても勉強しても満たされない思いを感じていて・・・
新のメールをみたとき、弾かれたように以前太一が言ってくれた言葉を思い
出します。

「新はかならず戻ってくるから 強くなってあいつを待とう」

千早は太一はかならず戻ってくるから強くなって待とうと決めます。
今度は千早と新が太一を待つ番のようですね。

千早はかるた部に戻るようです。
次巻の予告の全国高等学校かるた選手権東京予選で部の列の最後に
座っているようですから。

太一は名人のところでかるたをめたようですね。
好きではないけれど勝つかるたを身に付けるのでしょう。
ああ・・・太一と名人が気になる。。(*/-\*)

太一は個人戦でまた新と試合することになるでしょうが、その時、団体戦を
捨てた
太一に新と千早が何かを伝えることになるのかなぁとか思ってみたり。

三人のバランスが崩れてからの方がハラハラするけど読み応えありです。
名人がこんなに関わってくるとは思ってませんでしたが、名人いい。

次巻が待ち遠しいです(><)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック