アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年05月20日 (水) | 編集 |

すっかり遅れてる新刊の感想です。
そのうち次が出てきちゃうといういつものパターン。

他にも新刊山積みなのでざっくりでいきます。

あんまり進まないですね~
ってこれまでもそんな感じでしたけどwwww

これまでの感想はこちら

 

弱虫ペダル(39)

弱虫ペダル(39)
著者:渡辺航
価格:452円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

真波にメカトラブル発生。
チェーンが外れてしまいました。

これは仕方ないから先にいくものでしょ。
っと思ったら、ロードレースはフェアなスポーツってことで相手を待ってやる
こともあるのだとか!?

そうなん????

う~~~~ん、そういうものなの??

真波のトラブルに気づいてしまった手嶋は止まっていました。。
ま、そういうことになるわな。

きっと総北の誰もが止まったと思う。
でも、箱学は止まらないと思う。

箱学なんて福ちゃんとんでもないことしちゃって優勝したんだもんね(^^;
福ちゃんがどうのってことじゃなくて、箱学には絶対に優勝しなくてはならない
ってプレッシャーが凄いってことで。
それに王者であり続けることへの執念が半端ないってことで。

でも、やっぱり止まるのかなぁ~

もう1回自力でチャンスを掴んでやるという手嶋でしたが、結局、勝った
のは真波。

最後の最後でやっぱり真波はかったと思い知らされた手嶋。
努力才能に勝つことはなかったと、たった1回しかないだろうチャンスを
活かすことができなくてがっくり。。

が、結果発表を聞いた総北のみんなは大喜び!
ほとんど秒差なく2位だったことをすげぇ、すげぇと。

ってことは逆にいえば、手嶋がそんな結果を出すとは誰も思ってなかった
ってことですよね・・・(^^;

まさか秒差なく真波についていくなんて誰も信じてなかったってことで。
それくらい真波とは実力差があったってことだとは思うのですが、もうちょっと
みんな悔しがってあげてもどうだいw??

手嶋の頑張りにパワーをもらった総北は箱学を追います。
山岳の結果は出たけど、1日目のゴールはこれからですからね。

ところが、いろは坂のもう1本の道で事故があったらしく、車が大渋滞。
選手よりも先に水分や補給食を給水所へ持っていかなくてはならないのに
これでは間に合わなくて・・・

すると古賀が選手のスペア用の自転車で運ぶと。
一人では無理だから杉元にも用意をさせます。
アップしてる時間は無いから即全開走だと!

こんなところで、この二人にも見せ場がくるとは。

いよいよ1日目のゴール争いが始まり、箱学は黒田がエースアシストとして
葦木場を引きます。
総北はエース今泉の他はスプリンターしか残っていないと甘く見ていた泉田
でしたが、ここで鳴子が一気にでます。

俺じゃないのか!?っとく鏑木wwwww
お前が驚くなよと青八木www
まだ鏑木はわかってないようで・・・

鳴子はオールラウンダーになったから泉田が挑発した時にも乗らなかったん
ですよね。
耐えに耐えた鳴子が爆発。
足を温存させられていたことが相当かったようでwww

今泉を引きながら箱学の二人にきっちりついて行く鳴子。
しか~~~~し、この二人、どちらもエースを譲らずwww
さっきは今泉がチームを引っ張っていたから今度は自分が引いてるだけで
「自分はアシストではなくエース」だと鳴子。

お互いエースは自分だと譲らず、箱学相手ではなく自チームでってるしw
ま、この二人らしいといえばそうですが。
それに争っているからかみ合ってないかといえば、そういうわけじゃありません
からねv

手嶋も二人には「エースは自分たちで決めろ」と言ってあるようで・・・

そして、じわじわと追い上げて来てるのはもちろん、京伏。
御堂筋くんが絡まずにゴール前が終わることはなさそうです。

さぁゴール前の争いがくなりそうです。

ってことで待て次巻。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック