アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年05月22日 (金) | 編集 |

今回も面白かったです!
出版業界のが楽しいです。

ざっくり感想です。

これまでの感想はこちら

重版出来!(5)

重版出来!(5)
著者:松田奈緒子
価格:596円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

読むビタミン!仕事を描く骨太チーム戦記!

"美"を懸命に作る人達。
グラビア、画集の印刷を巡る職人の世界!!

日本が誇る超大物漫画家の画集制作。
巨匠漫画家×巨匠デザイナーのこだわり。
そこで大活躍するのは印刷会社の製版担当と出版社の制作局!
裏方ならではの醍醐味、ここにあり!!

今回特に面白かったのはグラビアのお話ですね。
修正が入ってるってのは聞いてましたけど、こんなにきっちりお仕事として
成り立ってるのだとはwwww

画面を綺麗にするってだけじゃないのねw

アイドルの写真なんて事務所からたくさんの修正が入ってウエストの肉削ったり
胸を大きくしたり、肌をきれいにしたり多少はありとしても別人みたいにするの
はいかがなものかと思うわwww

顔を小さくしたり、足を長くして・・・って、実物みたら誰これ?って思うよねww

肌の質感とか透明感とか本物に近づけていく修正は素晴らしいと思うけど
全く別モノに作り上げるくらいの修正入るなら私だってグラビアアイドルに!?
とか錯覚するレベルwwww

この修正のお仕事をされている方はプレインティング・ディレクターと呼ばれる
のですね。
なるほど。φ(.. )

業界では単にオペレーターと呼ばれるようですが。

これからグラビア雑誌を見る時はどれくらい盛られているかビフォーアフターが
気になりそうです。

みんなそれをわかって敢えて酔ってるってことなのかしらんw
なかなか奥が深いww

そして「右側に気を付けろ!」も面白かったですわ。
凄腕本屋の店員河さんの名言いただきました!

本気で推すものは新刊台の右側に置く。
人間は必ず自分の右側を注視しますから。」

おお~~~なるほど、納得です。
確かに私も本屋巡りをする時、右側から見てる気がする。

大抵、新刊はネットで予約購入するのですが、たまに本屋で売れ筋の確認と
いうかどういう陳列がされているのかを見るのが好きなんですよね。

平置きされてる本が注目されてる作品だし、その本屋が売りたいと思ってる
作品だから本屋の傾向をみるのも面白いです。

これからは新刊台のどこにどんな作品が置かれているのかにも注目したいと
思います。

そうそう、心配していた東江さんですが、ついに安井さんにお仕事のおりを
入れましたね。
大好きなマンガで道具みたいに扱われるのは嫌だと。

漫画家さんは特に自分の身体を酷使することが多いと思うのですが、ホントに
身体大事ですから!!
メンタルだって、大事です。。

東江さんは大学に入り直し、勉強し直して本当に好きなものをもう一度描こう
ってことにしたようです。
次なんてないかもしれませんがそれでも自分が決めたことに責任を持つ
いうことで。

それにしても金子怜子さまはかっこええっすv

そしてサイン泥棒の悪行も未然に防ぐことができてよかった、よかった
でした。
オークションにサインの書かれたモノが出品されること自体は悪くないと思うの
ですが、「往年の誰々さんのサイン入り○○」とか・・・
でも、最初からお金目的で出品・・・ってのは完全にマナー違反だと思いますわ。

出版にまつわるいろんなことがありますね。

また次巻も楽しみにしたいと思います。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック