アニメとコミックの「大好きなキャラへの歪んだ愛」を大暴走させながら綴っています。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。    腐率かなり高めv 「薔薇色のつぶやき」2ndブログです~
2015年06月12日 (金) | 編集 |

なかなかハードな一夜を共にした猛男と大和でしたねwwww 

シロツメクサの冠を被ってる猛男を「王子さまみたい」と言える大和は
本物の天使!?

王子には見えんわなwww

誕生日のやり直しでピクニックに来た猛男と大和。
この二人の場合は最初からこういう方向へのデートの方がいいかもw

ところが・・・
大和の足にはピクニックというよりも登山に近かったかもと反省する猛男。
今回は砂に相談しなかったものだから、どのくらいが女子にとって妥当とか
わからないんですよねww
いや、女子とかより、一般人にとってかww

着いたところの景色からみても、やはり登山と思われw
でも、大和が疲れたとしてもいざとなれば猛男が負ぶってあげたら問題なしv

さぁ~ここで一息・・・
っと思ったら何と猛男からもらったブローチを鳥さんが眼をつけカーディガンを
掻っ攫ったものだから大変!
大和は猛男からのプレゼントを奪われてはなるまいと必死にしがみ付き、奪い
返したもののから・・・

ヒィ~~~~~ 

猛男がダッシュで大和とリュックをキャッチで何とか無事・・・っと思ったのに
猛男の体重が重いせいで岩場が崩れ、やっぱり落ちてしまいました(><)

それでも大和に怪我をさせないため、自分が下になるよう落下する猛男は
漢!!!
さすがだ!!

そして、今回猛男のパパ登場!
これがまぁダンディなパパなんですわ。
オカンあんな感じだけどねwww
でも、オカンも中身男前v

猛男の両親のこのバランスが素敵なんですよね!

猛男は木がクッションになっていたとはいえ~~~~い崖から落ちたのに
全く無傷www
正に無敵!!!

が、落ちた場所がどこかわからずスマホも県外で遭難中。
取りあえず、高い木に登って様子を伺うことにする猛男ですが、ゴリラにしかww
とはいえ、やっぱり猛男はどこにいてももしい。

猛男は今自分がすべきことは大和に傷一つ付けず家に送り届けることだと決意。
一応道路の方角はわかったものの距離があるため今日中には帰れそうになく・・・

猛男は大和の心配をしてますが、大和は猛男と一晩を共にすることなるかも
そっちにばかり気を取られていてwww

「俺に任せておけ!」って猛男の言葉にもな方向に反応する大和www
日があるうちに進もうとしますが、猛男のお腹が騒がしいのでまずはお弁当に。

万が一を考え猛男は夜の分を残しておきますが、大和は夜に過剰反応www
もう大和は猛男と過ごす夜のことで頭がいっぱいww

いやいやワクワクするのはわかるけどwww
今、猛男はそれどころじゃないよww

猛男は大和が不安がってのだと思ってさらに頑張って進みます。

日が落ちて周りが暗くなってくると猛男は蚊から大和を守るのに必死ww
蚊は仕方ないよね(^^;

その頃、大和の帰りが遅くて心配したお母さんは大和の友達に電話。
するとみんな気を利かせてしまってwww
確かに何か楽しい方向で進展があったと思うよね。

猛男の家はそのうち帰ってくるだろうということで特に誰も気にかけずw

さて、イノシシが襲ってきても放り投げてしまう猛男でしたがイノシシが出てくる
ようなところで横になってて大丈夫なのかとちょっと心配w
そこはもう少し警戒しようよ(^^;

大和は猛男と二人で大喜びのようです♪

猛男は大和よりも先に寝入っちゃったようですが・・・
アカンやんwww
なんかあったらヤバいやんwww
しかもキスされても目を覚ますこともないしwwww

またイノシシ来たらどうするのよぉ~~~~
猛男のことだから危険を察知して即座に起きるのかしらんw

翌朝、無事道路を発見し、帰ることが出来た二人。
大和は口裏合わせのために友人宅へ。
みんなずっと待ってたようだけど、期待した結果ではありませんでしたね。
話がかみ合ってるようでかみ合ってないのがえます

猛男は大和からのメールの返事に絵文字を入れたくて砂の部屋へ。

おお~~~~大和よりも色っぽい砂の寝顔!!!

寝起きにいきなり絵文字と言われても冷静に対応する砂w
猛男の意味不明な興奮状態を砂なら絵文字に出来るのか!?っと思いますが
やっぱり砂でも無理でしたwww

これからは例えピクニックであったとしても砂に一言入れといた方がいいよね
って改めて思う回でしたねwww

ま、猛男と一緒なら安全は確保されてるでしょうけどwww

 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
第10話 俺の山 誕生日のお祝いを再びするために大和とピクニックに 訪れた猛男。今回は砂に相談しなかったのでスケジュールは大丈夫だろうか。それでも山頂に到着する二人。カーディガンのブローチが光って鳥に狙われる。取り返そうと足掻く大和が、崖から落ちそうになる。助ける猛男だったが、無理で二人して落下する。 それでも大和とお弁当を守ったのだった。崖を登るのは無理、携帯電話も圏外で通じない。付近に道...
2015/06/14(日) 21:44:03 | ぬる~くまったりと